2021年度研究助成の公募(受付終了)/2021 research grant program (Application closed)

2021年度研究助成の公募は6月14日に受付を終了いたしました。

Application for 2021 CRF Grant was closed on June 14th.

Grant information of “2021 research grant program”

There has been little advance in basic researches on CO2 utilization, on which carbon recycling technologies depend. Further, established carbon recycling technologies have rarely been commercialized due to such reasons as high production cost. In 2019, following the establishment of the Carbon Recycling Promotion Office in February, the Ministry of Economy, Trade and Industry announced the Roadmap for Carbon Recycling Technologies in June, to promote carbon recycling. In its report published in July 2019, the Natural Resources and Fuel Committee under the Advisory Committee for Natural Resources and Energy pointed out that the private sector’s voluntary support for carbon recycling would be important to achieve innovation.

In his policy speech in October 2020, Prime Minister Yoshihide Suga declared that Japan will aim to realize carbon-neutral society by 2050 and stated that revolutionary innovations such as carbon recycling are key to achievement. The carbon recycling industry was identified as one of 14 priority fields in Japan’s Green Growth Strategy announced at the end of 2020, and a two trillion yen Green Innovation Fund has also been established.

 

Under these circumstances, the Carbon Recycling Fund Institute establishes the research grant for researches on carbon recycling. Please check the following link for details.

2021年度研究助成の公募開始のご案内

カーボンリサイクル技術は、CO2を活用していくための基礎的研究があまり進展していないのが現状であり、また技術的に確立したものについても製造コストが高いこと等によりほとんど商用化されていません。経済産業省は2019年2月にカーボンリサイクル室を設立、同6月にカーボンリサイクル技術ロードマップを発表してカーボンリサイクルを推進していますが、同7月に発表された総合資源エネルギー調査会資源・燃料分科会においては、イノベーション実現に向けて民間の自主的なカーボンリサイクルへの支援の重要性が指摘されています。

2020年10月の菅総理の所信表明演説では、2050年カーボンニュートラルを目指すと宣言がなされ、「カーボンリサイクル」をはじめとした革新的イノベーションがカギであることが述べられています。2020年末には、国の14のグリーン成長戦略の中で、カーボンリサイクル産業が位置づけられ、また、2兆円のグリーンイノベーション基金が設置されています。

 

この様な背景により、CRFでは、研究助成ファンドを創成し、カーボンリサイクルに係る研究へのグラントの交付を行うこととなりました。詳細については、以下をご確認ください。

研究助成ファンドによる2021年度グラント(助成金)の 公募予告について/Public offering notice of 2021 Research Grant Program

1.公募概要/Purpose of Research Grant Program

(一社)カーボンリサイクルファンドの研究助成ファンドでは、カーボンリサイクル技術のコスト低減等に向けた研究、あるいはカーボンリサイクルの社会実装に向けた課題解決に関する研究等に対する助成・支援を通じて、カーボンリサイクル・イノベーション創出に貢献することを目的に2020年度と同様に公募を行います。

The Research Grant Fund of CARBON RECYCLING FUND INSTITUTE will be made a public offering in the similar way as the 2020 Grant Program, which is aimed at contributing to the creation of carbon recycling innovation through grants and support for researches designed to reduce the cost of carbon recycling technologies or to solve issues hindering the introduction of carbon recycling practices into society.

 

2.公募開始予定時期/ The public offering schedule of Research Grant Program

2021年(令和3年)5月中旬頃の予定です。

It will be announced around middle of May 2021.

 

3.応募対象者/Applicants

大学や企業等の研究者個人又はチーム(研究代表者の国籍は問わず、所属機関は日本法人として、当法人の会員・非会員については問いません)

Individual or team of researchers from universities and companies, etc. (The principal investigator may be of any nationality but must belong to a Japanese affiliated institution, and not be required of the CARBON RECYCLING FUND INSTITUTE membership)

 

【問合せ先/Contact information】

一般社団法人カーボンリサイクルファンド/

イノベーション部

担当者:鹿島、崎元、齊藤

TEL:03-6432-0011

E-mail:grant[at]carbon-recycling-fund.jp

[at]は@へ変更ください。

Person in charge: Kashima (Mr.), Saito (Mr.), and Sakimoto (Mr.)

CARBON RECYCLING FUND INSTITUTE

Innovation Department

TEL:+813-6432-0011

E-mail:grant[at]carbon-recycling-fund.jp

2020年度研究助成の公募(受付終了)

2020年度研究助成の公募は6月12日に受付を終了いたしました。

2020 research grant program (Application closed)

Application for 2020 CRF Grant was closed on June 12th.

2020年度研究助成の公募開始のご案内(一部更新あり)

申請書の押印に関して更新事項があります。詳細については、以下クリックのうえ、冒頭の朱書き部分をご確認ください。

Grant information of “2020 research grant program”(Partial Update)

※UPDATE 28th May
There is some update relating registered seal for the Grant Application Form.
Please check the following link for details.

2020年度研究助成の公募開始のご案内

 カーボンリサイクル技術は、CO2を活用していくための基礎的研究があまり進展していないのが現状であり、また技術的に確立したものについても製造コストが高いこと等によりほとんど商用化されていません。経済産業省は2019年2月にカーボンリサイクル室を設立、同6月にカーボンリサイクル技術ロードマップを発表してカーボンリサイクルを推進していますが、同7月に発表された総合資源エネルギー調査会資源・燃料分科会においては、イノベーション実現に向けて民間の自主的なカーボンリサイクルへの支援の重要性が指摘されています。

 この様な背景により、CRFでは、研究助成ファンドを創成し、カーボンリサイクルに係る研究へのグラントの交付を行うこととなりました。詳細については、以下をご確認ください。

Grant information of “2020 research grant program”

  There has been little advance in basic researches on CO2 utilization, on which carbon recycling technologies depend. Further, established carbon recycling technologies have rarely been commercialized due to such reasons as high production cost. In 2019, following the establishment of the Carbon Recycling Promotion Office in February, the Ministry of Economy, Trade and Industry announced the Roadmap for Carbon Recycling Technologies in June, to promote carbon recycling. In its report published in July 2019, the Natural Resources and Fuel Committee under the Advisory Committee for Natural Resources and Energy pointed out that the private sector’s voluntary support for carbon recycling would be important to achieve innovation.

  Under these circumstances, the Carbon Recycling Fund Institute establishes the research grant for researches on carbon recycling. Please check the following link for details.