カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.02.22)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

Seatrium Limitedは、ノルウェーのSolvang ASAにフルスケールのターンキー炭素回収・貯留(CCS)改修を提供する契約を締結しました。

https://www.rigzone.com/news/wire/seatrium_bags_contract_for_solvangs_ccs_retrofit-16-feb-2024-175761-article/

 

シンガポールとインドネシアは、国境を越えた炭素回収・貯留(CCS)で協力するための基本合意書(LOI)に署名したと、両国は2月15日に発表した。

https://www.argusmedia.com/en//news/2538833-singapore-indonesia-to-collaborate-on-ccs?backToResults=true

 

日本のちとせグループが主導するサラワク州初の産業用微細藻類生産プロジェクトは、大規模な拡張が予定されています。

https://www.thestar.com.my/business/business-news/2024/02/19/c4-sarawak-poised-for-major-expansion

 

ペトロブラスは、テクニップ・エナジーズの完全子会社であるカンファ社を雇い、オフショア資産の炭素回収・貯留(CCS)調査を実施しました。

この研究により、ペトロブラスは、この技術を完全に理解し、洋上発電からCO2を回収することが技術的および経済的に実現可能であることを確認し、将来的にこれを洋上資産に展開することを最終目標としています。

https://www.oedigital.com/news/511625-petrobras-hires-technip-energies-company-for-offshore-ccs-study

 

中国電力は2月19日、三井物産と中国電力の石炭火力発電所から二酸化炭素(CO2)を回収し、液化したCO2をマレーシア沖の貯留地に輸送するCCSバリューチェーンの構築を共同で検討する契約を締結しました。

https://www.argusmedia.com/pages/NewsBody.aspx?id=2539403&menu=yes

 

欧州議会とEU加盟国の交渉担当者は、EUの炭素除去認証の枠組みを確立する規則に暫定的に合意しました。議会は、新しい規則により、農家が炭素除去に対する支払いを受け取ることを可能にし、炭素農業活動の最低持続可能性要件を設定すると述べました。

https://www.argusmedia.com/pages/NewsBody.aspx?id=2539792&menu=yes

 

EquinorのH2H Saltendは、炭素回収を備えた600メガワットの低炭素水素製造プラントであり、計画許可を得ています。

英国で初めて計画許可が下りたこのプラントは、炭素排出量を大幅に削減しながら、ハンバーを低炭素水素の国際ハブとして確立するのに役立つとエクイノールは述べています。

https://www.hazardexonthenet.net/article/203970/600MW-hydrogen-plant-with-carbon-capture-granted-planning-permission-in-UK.aspx

 

No.2787労働党はスコットランドを「英国のクリーンエネルギーの首都」にする
No.2788オレゴン州立大学の研究者が元素ベースの炭素回収法を模索
No.2789セラニーズ、米国エネルギー省の炭素回収・利用技術を承認
No.2790Seatrium BagsがSolvangのCCSレトロフィットを契約
No.2791テクニップ・エナジーズ:ハイデルベルグ・マテリアルズ・ノースアメリカのエドモントンセメント工場で炭素回収設備のフロントエンドエンジニアリングと設計を実施
No.2792炭素貯留データは、雇用とネットゼロのための新しい扉を開く可能性があります
No.2793Varcoe:「地面にシャベルを置け」:連邦資源大臣は、オイルサンド生産者に炭素回収プロジェクトを開始するよう呼びかけています
No.2794CCS Redux:世界で「最高の」炭素回収施設は、製品の使用から25倍のCO2を生成します
No.2795シンガポール、インドネシアがCCSで協業
No.2796OCIとLindeが提携し、米国メキシコ湾岸のブルーアンモニアプロジェクトにクリーンな水素を供給
No.2797ハイデルベルグ・マテリアルズ・ノース・アメリカがエドモントンCCUSプロジェクトの最新ステップを発表
No.2798海中の炭素回収を「ダイヤルアップ」するのに役立つウイルスの調査
No.2799炭素回収・貯留は農村経済を堅調に維持できる
No.2800C4サラワク州は大規模な拡張に向けて準備を整えています
No.2801ペトロブラス、オフショアCCS調査のためにテクニップ・エナジーズの会社を雇う
No.2802中国電力がマレーシアのCCSで三井物産と提携
No.2803新しい Microsoft Carbon Credit の購入により、コンクリートベースの炭素貯蔵がサポートされる
No.2804地熱を利用した炭素回収法を開発
No.2805オンボード炭素回収システムのプロトタイプが85%の回収率を達成
No.280615億ポンドのTeesside炭素回収計画が承認されました
No.2807キウイのクリーンテックベンチャーがシリコンバレーの投資家を惹きつける
No.2808EU、炭素除去の枠組みに合意
No.2809英国で炭素回収機能付き600MW水素プラントの計画許可を取得
No.2810ワイオミング州の石炭炭素回収義務化により、立法が前進
No.2811CGGが東南アジアのCCSに関する新たな調査を発表
No.2812KT(MAIRE)がEniから契約を締結
No.281315億ポンドのティーズサイドCCUS発電所にゴーサイン
No.2814EverLoNGがLNG船上で初の炭素回収デモを終了
No.2815ガス大手サントスが株主価値を侵食したと非難

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.02.16)

配信が遅れ、申し訳ありません。

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。
ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。
また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。
また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1) British Start-up Completes Sea Trial of Onboard Carbon Capture System

英国を拠点とする気候テックのスタートアップ企業Seaboundは最近、船上での二酸化炭素回収技術の試験結果を発表しました。この技術の海上試験は、船上での排出量を削減する費用対効果の高い方法を商業化するための重要なステップとして、昨年9月に開始されました。

https://www.maritime-executive.com/article/british-start-up-completes-sea-trial-of-onboard-carbon-capture-system

 

(2) Decarbonization containers turn 78% of marine emissions into limestone

240m(787フィート)のコンテナ船に設置された注目すべきパイロットプロジェクトは、貨物船の煙突からの排出量の少なくとも78%を回収し、CO2を石灰岩に変換して荷降ろしして販売できることを証明しました。

https://newatlas.com/marine/seabound-marine-carbon-capture/

 

(3) Oregon State University research makes key advance for capturing carbon from the air

2021年、オレゴン州立大学の理学部のテレンス・ブラッドショー化学教授であるメイ・ナイマン氏は、エネルギー省が資金提供する9つの直接空気回収プロジェクトのうちの1つのリーダーに選ばれました。
彼女のチームは、いくつかの遷移金属錯体が空気と反応して二酸化炭素を除去し、多くの天然鉱物に見られるものと同様に、それを金属炭酸塩に変換する方法を研究しています。

https://www.eurekalert.org/news-releases/1034105

 

(4) UP plans to increase its green hydrogen production capacity

ウッタル・プラデーシュ州政府は、グリーンエネルギーイニシアチブにおいて、年間100万トンのグリーン水素製造能力を構築する計画を発表しました。

https://www.dailypioneer.com/2024/state-editions/up-plans-to-increase-its-green–hydrogen-production-capacity.html

 

(5) MOL, JX to Study CCS Value Chain Between Japan, Australia

商船三井株式会社とJX石油開発株式会社は、二酸化炭素の海上輸送を含む日豪間の二酸化炭素回収・貯留(CCS)バリューチェーンの構築に関する覚書を締結しました。

https://www.rigzone.com/news/wire/mol_jx_to_study_ccs_value_chain_between_japan_australia-12-feb-2024-175704-article/

 

(6) CO2貯留の新法、国会提出 試掘・貯留の許可制度創設

政府は13日、二酸化炭素(CO2)を回収して地下に埋めて貯留する「CCS」の事業環境を整備するための新法案「CCS事業法」を閣議決定し、国会に提出した。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/309051?rct=economics

 

(7) Oulu Energy to build hydrogen plant in Finland

オウルエナジーは、フィンランド北部のオウルに100MWの水素製造プラントを建設する計画です。
完成後、このプラントは、2030年までにカーボンニュートラルを達成するというOulu Energyの目標の自然な一部となります。

https://reglobal.org/oulu-energy-to-build-a-100-mw-hydrogen-plant-in-finland/

 

No.2747炭素回収の義務化により、資源を他の場所でより有効に活用できる
No.2748英国のスタートアップ企業が船上炭素回収システムの海上試験を完了
No.2749NetZero Metalsがニッケルおよびステンレス鋼の加工施設を開発する意向を発表
No.2750カーボンクリーンが2024年Tech Tour Growth50 Sustainability Awardを受賞
No.2751インドは産業を脱炭素化する方法を検討すべき:世界銀行のビジネス
No.2752脱炭素コンテナが海洋排出物の78%を石灰石に変える
No.27532040年までに90%の正味排出量削減というEUの目標は「有能」に過ぎない
No.2754CRCがAeraと合併し、炭素回収事業を強化
No.2755タイタン、気候変動対策リーダーシップでCDPの最高スコア「A」を獲得
No.2756ハイデルベルグマテリアルズがCDPトップスコア「A」を受賞
No.2757Safran、CO2回収のイノベーションの最前線に立つAvnosに投資
No.2758生化学的メタン市場が今後素晴らしい成長を遂げる理由を知る
No.2759オレゴン州立大学の研究は、空気中の炭素を回収するための重要な進歩を遂げています
No.2760UPはグリーン水素の生産能力を増強する計画
No.2761欧州のクリーンテック投資計画の時が来た
No.2762二酸化炭素利用 2024-2044年:技術、市場予測、有力企業
No.2763商船三井とJX、日本とオーストラリアのCCSバリューチェーンを検討
No.2764CO2貯留の新法、国会提出 試掘・貯留の許可制度創設
No.2765BASF、気候変動移行計画をアップグレード
No.2766Aker Carbon Captureがスウェーデンで生物起源CO2を回収した研究を受賞
No.2767コンクリートAIを活用したプロセス制御の開発を行っています
No.2768米国エネルギー省は、大気中のCO2を除去するプロジェクトに対して最大1億ドルを授与します
No.2769脱炭素化プロジェクトの推進に貢献する木材
No.2770ADNOCがシェイク・ハムダン・ビン・ザーイド環境賞を受賞
No.2771EUは、排出目標を達成し、化学原料を供給するために、炭素回収に大きな役割を果たすと考えています
No.2772炭素回収技術におけるMOFの可能性を探る
No.2773Cementos Argosは、炭素回収に微細藻類を使用します
No.2774カナダのエネルギーで注目すべきこと
No.2775Aker SolutionsがMogstadの低炭素産業クラスターへの転換を支援
No.2776オウルエナジー、フィンランドに水素プラントを建設
No.2777英国炭素回収貯留協会がタイムリーな政府資金提供を呼びかける
No.2778Deep Sky, カナダのCarbyon パイロットカーボン除去システム
No.2779ハイデルベルグ・マテリアルズ・ノースアメリカがエドモントンCCUSプロジェクトの最新ステップを発表
No.2780インターナショナル・ペーパー社のビックスバーグ段ボール原紙工場が炭素回収パイロットプログラムに選定
No.2781Solvangが画期的なCCSレトロフィットを推進
No.2782インドネシア、シンガポールが炭素貯留に関する誓約書に署名
No.2783ABSは液化二酸化炭素(LCO2)キャリアの業界をリードする要件を公表
No.2784マイクロソフト、27,600 トンの CO2 を回収し、廃コンクリートに貯留する契約を締結
No.2785Omnia Midstreamがデラウェア盆地で炭素貯留実現可能性調査を実施
No.2786レイクチャールズメタノールは、ルイジアナ州南西部の新しい3.2十億ドルの製造工場の計画を発表。

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.02.09)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1) Sempra Infrastructure and Japan Bank for International Cooperation to Develop Strategic Collaboration in Support of the Energy Transition

センプラの子会社であるセンプラ・インフラストラクチャーは本日、国際協力銀行(JBIC)とエネルギー転換を進めるための協力に関する覚書(MOU)を締結したと発表しました。本覚書を通じて、センプラ・インフラストラクチャーとJBICは、日米両国において、液化天然ガス(LNG)や水素等の脱炭素化に向けた取り組みを通じたグローバルなエネルギーサプライチェーンの改善に向けたプロジェクト構築を一層推進していきます。

https://www.tmcnet.com/usubmit/2024/02/02/9956466.htm

 

(2) 商船三井とJX石油開発、CCSバリューチェーン構築に向けた海上輸送等の調査・検討に関する覚書を締結

株式会社商船三井(社長:橋本 剛、本社:東京都港区、以下「商船三井」)とJX石油開発株式会社(社長:中原俊也、本社:東京都千代田区、以下「JX石油開発」)は、日豪間のCarbon dioxide Capture and Storage(以下「CCS」)バリューチェーン構築に向けた海上輸送等の調査・検討に関する覚書(以下「当覚書」)を締結しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP668023_V00C24A2000000/?au=0

 

(3) Global Thermostat Commissions First Containerized Direct Air Capture System

気候技術製品の製造会社であるグローバルサーモスタットは、二酸化炭素を直接空気で回収するための最初のコンテナ型Tシリーズシステムを稼働させました。

https://www.environmentenergyleader.com/2024/02/global-thermostat-commissions-first-containerized-direct-air-capture-system/

 

(4) EU unveils controversial climate target: what scientists think

欧州委員会は、2040年までの野心的な気候目標を発表し、温室効果ガスの正味排出量を1990年比で90%削減することを目指しました。研究者らは、この目標は称賛に値するものの、化石燃料の削減を優先するのではなく、炭素除去などの技術(ほとんど証明されていない)に頼りすぎるリスクがあると述べています。https://www.nature.com/articles/d41586-024-00361-9

 

(5) DOE Eyes Delek Carbon Capture Pilot in Texas for Funding

Delek US Holdings, Inc.は、米国エネルギー省(DOE)のクリーンエネルギー実証局から、テキサス州にある同社のビッグスプリング製油所での炭素回収パイロットプロジェクトを支援する費用分担契約の交渉に選ばれました。

https://www.rigzone.com/news/doe_eyes_delek_carbon_capture_pilot_in_texas_for_funding-06-feb-2024-175640-article/

 

(6) この英国のスタートアップは、船舶の二酸化炭素排出量の95%を回収することができます。

2年前、若き起業家は、海運業界の脱炭素化を使命とするロンドンを拠点とするスタートアップ企業、Seaboundを共同設立しました。

自動車やバスなどの他の輸送手段とは異なり、大手海運会社には排出量を削減するための技術がほとんどありません。このセクターは世界の二酸化炭素の3%を排出しており、これは飛行機での移動よりも多いため、早急な解決策が必要です。

Seaboundの答えは?貨物船が大気中に放出する前に、貨物船のCO2排出量の95%を除去できる炭素回収システム

https://thenextweb.com/news/uk-startup-seabound-carbon-capture-shipping

 

No.267545Vバイオメタン処理をめぐる深刻なリスク
No.2676CCS Redux:いいえ、Magnesiteは魔法のCO2隔離ソリューションではありません
No.2677中国、産業の脱炭素化を拡大するための世界的なセメントパートナー
No.2678米国エネルギー省がデレクの製油所をパイロット炭素回収プロジェクトに選定
No.2679Compact Membrane Systems社がデラウェア州ニューキャッスルの事業を拡大
No.2680PPL、DOEが二酸化炭素回収プロジェクトのために選択された子会社
No.2681発電所はクリーンな水素を燃やして電気を作るべきですか?
No.2682センプラ・インフラストラクチャーと国際協力銀行、エネルギー転換支援に向けた戦略的協力を推進
No.2683韓国とオーストラリア、国境を越えたCO2輸送の早急な準備に合意
No.2684海洋エネルギーは炭素除去の力になれるのか?
No.2685これ以上湿地を無秩序に失うわけにはいきません
No.2686アルバータ州の年金管理会社が10億カナダドルのエネルギー移行基金を設立
No.2687テクニップエナジーズは、英国のバイキングCCSのFEED契約を袋に入れます
No.2688BBAが脱炭素担当副社長を任命
No.2689OficemenとEnagásの新たなコラボレーションにより、炭素回収・貯留経済の開発が可能に
No.2690カーボンクリーンがカルガリーにカナダ本社を開設
No.2691テクニップエナジーズは、英国のバイキングCCSのFEED契約を袋に入れます
No.2692IEA、クリーン水素の再生可能エネルギー予測を引き下げる
No.2693水素、炭素回収に関する会議
No.2694モーテンソン氏とクラブツリー氏は、土地所有者や炭素回収パイプラインなどの付加価値のある農業プロジェクトのために、「サウスダコタ州の道」を見出すことを望んでいる
No.2695商船三井とJX石油開発、CCSバリューチェーン構築に向けた海上輸送等の調査・検討に関する覚書を締結
No.2696H2 Wh Factor of Hazer Groupのクリーンな水素とグラファイト製造
No.2697商船三井とJX、日豪クロスボーダーCCSバリューチェーンを構築
No.2698TCCとティッセンクルップ・ポリシウスが炭素回収技術の開発で提携..
No.2699物議を醸すCCSプロジェクトに26億ドル:欧州企業が北海にCO2を貯留
No.2700グローバルサーモスタットが初のコンテナ型直接空気回収システムを導入
No.2701Air Productsの株価は、同社が2024年通期の利益予想を引き下げた後、大幅に下落しました
No.2702ハイデルベルグ・マテリアルズ、英国初のネットゼロ・セメント事業に一歩近づく
No.2703分析 鉄鋼セクター 脱炭素化 炭素回収・貯留 水素 鉄鋼の脱炭素化に直面して分岐する鉄鉱石の長期戦略
No.2704POETとSummit Carbon Solutionsが炭素回収パートナーシップを発表
No.2705Delek US HoldingsのBig Spring RefineryがDOEの炭素回収プロジェクトに選定
No.2706PTTEPがタイでCCSの取り組みを推進
No.2707Dotz Nanoが炭素回収技術のために1200万ドルを調達
No.2708リンデは、中国で320GWhの再生可能エネルギーの年間購入の期間契約を締結 – EQ
No.2709米国は、炭素回収のためのパイプラインをさらに建設することを望んでいます。地主は欲しくない
No.2710労働党のグリーン過激主義は英国を暗闇に陥れるだろう
No.2711研究によると、土壌シールド微生物の残骸に含まれるミネラルが炭素貯蔵を助けることが明らかになっています
No.2712Snamが水素とCO2の輸送と貯留に対する市場の関心を測る
No.2713炭素回収技術に関するEUの産業炭素管理戦略は「かつてないほど曖昧」
No.2714概要:「低ROI」は依然として農家が炭素プロジェクトに従事しない最大の理由であると、Purdueの調査は述べています
No.2715SLUは、物議を醸す炭素回収プロジェクトを監視するためにモーレパス湖にブイを配備します
No.2716EPAがルイジアナ州クラスVIの優位性を付与
No.2717EUの気候提案では、「化石燃料に終止符を打つべき暗い穴」
No.2718EU、物議を醸す気候目標を発表:科学者の考え
No.2719EU、中国、米国に対抗するクリーンテクノロジーに関する協定を締結
No.2720水素、炭素回収 イノベーションがペンシルベニア州の未来を後押し
No.2721新しい直接空気炭素回収システムにより、水も回収されます
No.2722CO2輸送インフラ:2050年までに気候中立を達成するための鍵
No.2723EUは、2040年までに汚染を90%削減することを提案しています
No.2724EUの気候変動に関する提案に対するグリーンピースの反応
No.2725テクニップ・エナジーズ・ノルウェーのKANFAは、ノルウェーでカーボンセントリック初の炭素回収プロジェクトを受注
No.2726DOEは、資金調達のためのテキサス州でDelek炭素回収パイロットに目を向ける
No.2727地方、医療、住宅の雇用の増加が遅れている
No.2728ハイデルベルグマテリアルズは気候A-Listerに認定
No.2729最高経営責任者(CEO):リンデは、最新の米国のグリーン補助金パッケージの更新の影響を受けない
No.2730ワイオミング州統合テストセンターが新しい大規模炭素回収パイロットプロジェクトを開催
No.2731ネットゼロ産業法が2030年目標未達成の要因に
No.2732CCSAは、産業炭素管理戦略の公表を歓迎する
No.2733Dotz Nano、炭素回収技術に1,200万ドルを確保
No.2734EXXON書簡:クリーンエネルギーへの移行を支援
No.2735リライアンス・インダストリーズは回収した炭素を社内プロセスに再利用し、2035年までにネットゼロを目指す
No.2736Denmark Primed to Become European CO2 Hub
No.2737RFAが2023年のエタノールと蒸留穀物の輸出報告書を発表
No.2738Green Plainsが第4四半期の業績を報告し、戦略的レビュープロセスを開始
No.2739意見:モンテスマ湿地での炭素回収は危険な計画
No.2740インドは、脱炭素化戦略に目を向けるべき(世界銀行)
No.2741Low Carbonがトリナ・ストレージを英国の太陽光発電所にBESSを供給
No.2742この英国のスタートアップは、船舶の二酸化炭素排出量の95%を回収することができます
No.2743EUは、整備されていないグリーン移行をスムーズにするために炭素回収に賭ける
No.2744CRC Play To Buy Aeraは、遊休油井の詰まりを回避し、実績のない技術で枯渇した油田の寿命を延ばす方法であると、Consumer WatchdogとFrackTracker Allianceは述べています
No.2745気候システムと水循環における森林の複雑な役割に関する洞察を提供する研究
No.2746CEMEXがECの炭素管理戦略を支援

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.02.02)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Celanese Announces its New Carbon Capture and Utilization Operations Project

Celanese Co.は、三井物産とのフェアウェイメタノール合弁事業の一環として、テキサス州クリアレイクの自社サイトで二酸化炭素回収・利用(CCU)プロジェクトの運営を開始したと発表した。このプロジェクトでは18万トンの炭素回収が見込まれているCO 2産業排出量を削減し、年間 130,000 トンの低炭素メタノールを生産します。これは現在、世界で最大規模の現役の CCU 施設の 1 つですhttps://www.adhesivesmag.com/articles/100783-celanese-announces-its-new-carbon-capture-and-utilization-operations-project

 

(2)POET joins Summit in CO2 project

サウスダコタ州スーフォールズ (ケロ) — 世界最大のバイオ燃料生産会社である POET は、Summit の二酸化炭素回収・貯留プロジェクトにおいて Summit Carbon Solutions と提携したと本日 POET が発表しました。

この提携にはアイオワ州の12施設とサウスダコタ州の5施設が含まれる。この追加により、17 の POET バイオ処理プラントからの年間 470 万トンの二酸化炭素 (CO2) の回収、輸送、永久貯蔵が容易になります。POET はスー フォールズに拠点を置いています。

https://www.siouxlandproud.com/news/south-dakota-news/poet-joins-summit-in-co2-project/

 

(3)Howden unveils carbon capture and storage insurance facility led by SCOR’s Lloyd’s syndicate

世界的な保険ブローカーであるハウデンの炭素回収・貯留保険施設は、世界的なネットゼロへの移行をサポートするための重要な投資を引き出すことを目的としており、炭素市場の成長を支援するために設計された同社の 2 番目の革新的なソリューションです。

金融気候リスクこの種としては初めての保険制度は、商業規模の炭素回収・貯留 (CCS) 施設から大気、陸地、水中への二酸化炭素の突然または徐々に漏洩した場合に補償を提供します。

https://www.reinsurancene.ws/howden-unveils-carbon-capture-and-storage-insurance-facility-led-by-scors-lloyds-syndicate/

 

(4)千代田化工と日本郵船など、二酸化炭素の液化・一時貯蔵・輸送の定量的な比較検討を実施

千代田化工建設株式会社、日本郵船株式会社とその関連会社のKnutsen NYK Carbon Carriers ASは、液化CO2の回収・利用・貯留(CCUS)の技術として想定される常温昇圧・中温中圧・低温低圧の3方式について、回収したCO2の液化から一時貯蔵、海上輸送などCCUSバリューチェーンを通じた経済性、さらに陸上設備の環境負荷・工期・敷地面積などの定量評価や実現性検証に関する共同検討を実施しました。今後3社はエンジニアリング会社と海運会社の知見を融合して3方式の技術的・経済的検討をさらに推進し、CCUSの社会実装に貢献します。

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP667812_R30C24A1000000/?au=0

 

(5)Linde starts up supply of captured CO2 to Celanese for methanol production

リンデは、セラニーズのメタノール製造用にクリーンな水素と回収二酸化炭素の供給を開始したと発表した。

リンデは、テキサス州クリアレイクにある最先端の一酸化炭素と水素の製造施設から回収された二酸化炭素をセラニーズに供給しています。セラニーズは、回収した二酸化炭素とその結果得られるクリーンな水素を、他の二酸化炭素源とともに、三井物産との合弁会社フェアウェイ・メタノールLLCでより炭素強度の低いメタノールを生産するための原料として使用する予定である。

https://hydrocarbonprocessing.com/news/2024/01/linde-starts-up-supply-of-captured-co2-to-celanese-for-methanol-production/

 

(6)Technip Energies Scores FEED Contract for Viking CCS Project

Harbor Energy とそのプロジェクト パートナー BP は、Technip Energies とバイキング炭素回収・貯留 (CCS) プロジェクトのフロントエンド エンジニアリング デザイン (FEED) 契約を締結しました。

この契約には CO2 輸送システムの設計に対する責任が含まれており、最終投資決定 (FID) に向けて設計、コスト、スケジュールを進めるプロジェクトにとってもう 1 つの重要なマイルストーンとなります。

https://www.oedigital.com/news/511186-technip-energies-scores-feed-contract-for-viking-ccs-project

 

(7)Climeworks Taps Svante to Deliver Direct Air Capture Technology for New Hubs

Climeworks と炭素回収・除去ソリューションプロバイダーである Svante は、Climeworks が米国で計画しているメガトンの直接空気回収ハブに Svante のコンタクターブロックを導入する契約を締結しました。

この契約は、クライムワークスがルイジアナ州、カリフォルニア州、ノースダコタ州の 3 つの直接空気捕捉ハブを開発するためにエネルギー省に選ばれた後に行われました。同社はハブ開発のために米国政府から6億ドルの資金提供を受ける資格がある。

https://www.environmentenergyleader.com/2024/01/climeworks-taps-svante-to-deliver-direct-air-capture-technology-for-new-us-hubs/

 

(8)Toshiba Successfully Delivers Carbon Capture System to Tokyo Gas

東芝エネルギーシステムズ株式会社は、東京ガス株式会社へ二酸化炭素回収システムを納入・設置しました。東京都荒川区のガス千住テクノステーション。ガスコージェネレーションシステムから排出される濃度約5%のCO2を分離して回収するように設計された炭素回収システムは、2024年3月に稼働を開始する予定です。

https://www.przoom.com/news/181516/

 

(9)Posco, ADNOC to produce blue hydrogen in Gwangyang

ポスコ・グループとアラブ首長国連邦のアブダビ国営石油会社は、全羅南道光陽市のブルー水素生産施設で協力すると、ポスコ・インターナショナルが水曜日に発表した。

ポスコ・インターナショナル、ポスコホールディングス、ADNOCはアブダビのUAEエネルギーグループ本社で三者戦略的協力協定に署名した。

この合意に基づき、3社は光陽にあるポスコ・インターナショナルの液化天然ガスターミナルにブルー水素製造施設を建設する。

https://www.theinvestor.co.kr/view.php?ud=20240201000173

 

No.2621Verde が 2024 年のガイダンスを発表、その年の二酸化炭素回収の可能性を強調し、2023 年の結果に関する最新情報を提供
No.2622知事はアイオワ州のパイプライン規制の遡及的な変更ではなく、将来に対して前向きである
No.2623バイオ燃料および炭素パイプライン産業の主要な用語
No.2624アレックス・プルベ: 偉大な石油スピンドクター
No.2625カリフォルニア大学とカリフォルニア州立大学、ワイオミング総合テストセンターで藻類ベースの炭素技術をテスト
No.2626この取り組みは、固有の海草種を拡大することを目指しています
No.2627アイオワ州理事会による二酸化炭素回収の決定はまだ終わっていない
No.2628バブコックの LGE ビジネスがガス分析のパートナーとして Tunable を選択
No.2629初の持続可能な航空燃料プラントはチャンスをもたらす
No.2630Celanese、新たな二酸化炭素回収・利用事業プロジェクトを発表
No.2631ピエール総まとめ:中絶、育児、死刑、パイプラインに関する法案
No.2632原生林は依然として二酸化炭素回収の王である
No.2633POETがCO2プロジェクトのサミットに参加
No.2634保守党は炭素価格に関する上院修正案の拒否を求めているが、ブロックは同意していない
No.2635カンザス州は飛行機を製造しています。近いうちに大豆から彼らのための燃料も作れるようになるかもしれない
No.2636民主党のエネルギー許可改革法案には、環境活動家グループへの数十億ドルが含まれている
No.2637ハウデン、SCORのロイズ・シンジケート主導による二酸化炭素回収・貯留保険施設を発表
No.2638ワイヒ河口でブルーカーボン研究が進行中
No.2639Nebula Energy LLC、AG&P グループの子会社である AG&P LNG の過半数株式を購入、統合型 LNG 基地と下流ガス市場開発に注力
No.2640水素社会推進、CCS事業法案を来月中旬にも提出へ/与党内で審議開始
No.2641エネルギー転換の目標 – 「計画のない目標は単なる願望にすぎません。」アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ
No.2642バンクーバーの気候技術企業スバンテが大規模な生産契約を結ぶ
No.2643Aker と MAN ES が協力して CCUS を加速
No.2644BGS が国家 CO2 貯留データベースを更新
No.2645土地管理局が木材売却プロジェクトを撤回
No.2646千代田化工と日本郵船など、二酸化炭素の液化・一時貯蔵・輸送の定量的な比較検討を実施
No.2647コロラド州とワイオミング州は、収益性の高い気候変動ソリューションの「エンジン」を立ち上げるために1,500万ドルを獲得
No.2648斗山エネルギー、タイにカーボンフリー電力技術を導入するためにEGATと提携
No.2649EPA、肥料生産からの炭素を貯蔵するための地下注入井の建設を承認
No.2650リンデ、メタノール生産のために回収したCO2をセラニーズに供給開始
No.2651市場闘争が始まる中、CCSの成長はさらに加速する見通し
No.2652ケビン・バージル:アメリカを取り戻すために議会に立候補
No.2653EniのCEOは英国をガス、再生可能エネルギー、CCS追求の「主要な」投資の場として描写している
No.2654カンザス州は飛行機を製造しています。間もなく、大豆から彼らのための燃料も作れるかもしれない
No.2655保守党は炭素価格に関する上院修正案の拒否を求めているが、ブロックは同意していない
No.2656グリーンビュー市区が Interprovincial Fuel Solutions Ltd と覚書を締結
No.2657Technip Energies がバイキング CCS プロジェクトの FEED 契約を獲得
No.2658二酸化炭素回収は地元産業を加速させながら、私たちの組合にクリーンエネルギーの雇用機会を創出します
No.2659炭素回収は物理学のため高価である
No.2660Climeworks が Svante を利用して新しいハブにDAC技術を提供
No.2661スペインのセメント需要は2023年に3%減少
No.2662 東芝、東京ガスへの二酸化炭素回収システムの納入に成功
No.2663Nebula Energy LLC、AG&P グループの子会社である AG&P LNG の過半数株式を購入、統合型 LNG 基地と下流ガス市場開発に注力
No.2664国際協力銀行、グリーンイニシアチブへのADNOCとの融資契約を検討
No.2665リンデ、中国で再生可能エネルギーを購入する長期契約に署名
No.2666クリーンな水素サプライチェーンの透明な未来
No.2667ヘリテージCEO:「イノベーションによりトリニダード・トバゴは引き続きリードするだろう」
No.2668今日のテクノロジーを使用して全産業の 85% を脱炭素化する方法
No.2669ポスコとADNOC、光陽で青色水素を生産へ
No.2670火に油を注ぐな!
No.2671Nebula Energy LLC が AG&P LNG の過半数株式を購入
No.2672SaltX Technology カルシウムループソリューションに関する EU 特許
No.2673EcoSmart 牛肉がドバイのダイニングに革命を起こす
No.2674中国の深部砂岩帯水層、CO2貯留に適していることが試験で証明

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.01.26)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Northern Lights breaks new ground: First-of-their-kind LCO2 carriers fitted with cargo tanks

エネルギー大手のシェル、エクイノール、トタルエナジーズの合弁会社であるノーザンライツは、エンジニアリングの先駆的な偉業として、同社の液化CO2(LCO2)キャリアの建設における新たなマイルストーンを共有しました。

同社の最初の2隻には、特注の7,500立方メートルの貨物タンクが設置されています。船舶の加圧貨物タンクは液化CO2の輸送用に設計されており、従来の代替品と比較して炭素強度の低減に貢献します。

https://www.offshore-energy.biz/northern-lights-breaks-new-ground-first-of-their-kind-lco2-carriers-fitted-with-cargo-tanks/

 

(2)NREB Sarawak, EPD Sabah visits CHITOSE Carbon Capture Central, ZHA

サラワク州天然資源環境委員会(NREB)の30名からなる代表団は、サバ州環境保護局(EPD)とともに、最近、サラワク州CHITOSE Carbon Capture CentralとZHA Environmental Sdn Bhdを訪問しました。

https://www.theborneopost.com/2024/01/20/nreb-sarawak-epd-sabah-visits-chitose-carbon-capture-central-zha/

 

(3)Conoship and Bouman join forces on ship-based carbon capture joint venture

EverLoNGの船舶による炭素回収プロジェクトのパートナーであるBouman IndustriesとConoship Internationalは、船舶による炭素回収(SBCC)システムを構築する合弁会社を設立する契約を締結しました。

https://www.offshore-energy.biz/conoship-and-bouman-join-forces-in-ship-based-carbon-capture-joint-venture/

 

(4)Aker Carbon Capture and MAN Energy Solutions partner for North American CCUS deployment

Aker Carbon CaptureとMAN Energy Solutionsは、北米における二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)とCO2圧縮の機会を模索するための覚書(MoU)に署名しました。

この提携により、Aker Carbon Captureのアミン回収技術とMAN Energy Solutionsのコンプレッサ技術が組み合わされ、エネルギー消費と納期を最適化した標準化されたモジュール化されたソリューションが提供されます。

両社は現在、ノルウェーのHeidelberg Materials Northern Europe社と共同でBrevik回収・貯蔵プロジェクトに参加しています。

Rystad Energyは、2030年までに北米の産業全体で年間200トンの潜在的な回収能力を予測しています。

https://www.globalcement.com/news/item/16855-aker-carbon-capture-and-man-energy-solutions-partner-for-north-american-ccus-deployment

 

(5)Expro secures CCUS work on Japan’s first clean hydrogen production demo project

エネルギーサービスプロバイダーのエクスプロは、株式会社INPEXと、日本初のクリーン水素製造実証事業「柏崎クリーン水素・アンモニアプロジェクト」のCCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)に関する契約を締結しました。

日揮株式会社が地上設備の建設に関するEPCC(設計・調達・建設・試運転)契約を締結しました。

https://www.offshore-energy.biz/expro-secures-ccus-work-on-japans-first-clean-hydrogen-production-demo-project/

 

(6)LanzaJet opens world’s first ethanol-to-SAF production facility

本日、ランザジェットは世界初のエタノールから持続可能な航空燃料製造施設のグランドオープンを祝いました。

「これは、ランザジェット、米国、そして世界の持続可能な航空燃料(SAF)業界にとって初めての長い歴史における歴史的なマイルストーンです」と、ランザジェットのCEOであるジミー・サマルツィスは声明で述べています。

https://www.agriculture.com/lanzajet-opens-nation-s-first-ethanol-to-saf-production-facility-8548714

 

No.2597ノイスターク、今後のヨーロッパでの急速な拡大を発表
No.2598MCi Carbon、RHI Magnesita の Hochfilzen ドロマイト工場に炭素回収プラントを設置
No.2599Ofgem CEO: ティーサイドとハンバーの水素と CCS 産業が急成長し、数万の雇用を生み出す
No.2600三菱重工と関電、姫路第二発電所にCO2回収パイロットプラントを設置することで合意
No.2601二酸化炭素回収権のあるノーサンバーランド森林が市場に登場
No.2602マクダーモット、マレーシアのカサワリCCSプロジェクトの契約を締結
No.2603セメックスがCCS+イニシアチブに初めて参加
No.2604ノーザンライツが新境地を開拓:貨物タンクを装備した初めての LCO2 運搬船
No.2605DNV、SDTR Marine、カムサルマックスバルカーのCCS実現可能性調査を実施
No.2606NREBサラワク州、EPDサバ州がZHAのちとせカーボンキャプチャーセントラルを訪問
No.2607スタートアップ企業がコンクリートを炭素回収ソリューションに変える
No.2608英国企業、排出量と請求額を削減するために1億8,500万ポンドの補助金を受け取る
No.2609業界関係者は、炭素回収プロジェクトが雇用と収益をもたらすと述べています
No.2610ConoshipとBoumanが船舶ベースの二酸化炭素回収合弁事業で提携
No.2611Holcim USがGTIエナジーとオハイオ州立大学の炭素回収技術を試験的に実施
No.2612EPAのバックログを回避するためにCO2圧入井の優位性を求める州が増える
No.2613EPAは、クラスVI圧入井上のルイジアナ州の優位性を付与
No.2614Aker Carbon Capture と MAN Energy Solutions が北米の CCUS 導入で提携
No.2615エクスプロ、日本初のクリーン水素製造実証プロジェクトでCCUSの業務を確保
No.2616回収したCO2の利用量は2044年までに8億トンに達する
No.2617LanzaJet、世界初のエタノールからSAFへの生産施設を開設
No.2618世界のエネルギー展望2023:CCUSの見通し
No.2619オレンジベースの炭素回収スケールアップ Loam Bio が米国市場に参入
No.2620ペトロファック、アグリゲート・インダストリーズのコールドン・セメント工場で炭素回収の実現可能性調査を実施

 

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.01.12)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)PTTEP and Inpex to Study CCS Potential in Gulf of Thailand

タイの石油・ガス大手PTT探鉱生産(PTTEP)と日本の国際石油開発帝石(INPEX)は、タイ湾北部における二酸化炭素回収・貯留(CCS)の可能性に関する調査を共同で実施しました。

https://www.oedigital.com/news/510580-pttep-and-inpex-to-study-ccs-potential-in-gulf-of-thailand

 

(2)Coal power station Drax to win approval for net zero carbon capture plan

かつて英国で最も汚れた石炭火力発電所だったドラックスは、閣僚が 「カーボンネガティブ」になると主張する数十億ポンドのCO2回収計画を承認する準備をしているため、新たな論争を巻き起こすでしょう。

https://wattsupwiththat.com/2024/01/07/coal-power-station-drax-to-win-approval-for-net-zero-carbon-capture-plan/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=coal-power-station-drax-to-win-approval-for-net-zero-carbon-capture-plan

 

(3)ADNOC makes strategic investment in Storegga

ADNOCはStoreggaの株式10.1%を取得し、世界的な炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトの開発に注力する英国を拠点とする同社のリードインベスターとなった。

この戦略的取引は、ADNOCにとって炭素管理への初の国際株式投資であり、脱炭素化を加速できる世界的な炭素回収・貯留プロジェクトを推進するために、炭素管理パートナーシップと技術を活用するというADNOCの戦略を支援するものです。この投資は、ADNOCが低炭素ソリューションと脱炭素化技術に150億米ドルを最初に割り当てたことで可能になりました。

https://www.hydrocarbonengineering.com/the-environment/09012024/adnoc-makes-strategic-investment-in-storegga/

 

(4)Celanese begins carbon capture and utilization operations at Clear Lake, Texas (U.S.) facility

スペシャリティ素材・化学品の世界的企業であるセラニーズ・コーポレーションは、三井物産との合弁会社「フェアウェイ・メタノール」の一環として、米国テキサス州クリアレイクの拠点で炭素回収・利用プロジェクトを開始したと発表しました。このプロジェクトは、年間180,000トンのCO2産業排出物を回収し、130,000トンの低炭素メタノールを生産することが期待されています。

https://hydrocarbonprocessing.com/news/2024/01/celanese-begins-carbon-capture-and-utilization-operations-at-clear-lake-texas-us-facility/

 

(5)企業のGHG排出量の算定にも影響、「CO2回収価値」をSHK制度で反映可能に

企業が温室効果ガスの排出量の算定や報告のルールとなっている「SHK制度」。環境省では今後のカーボンニュートラル施策の一つとして重要視されているCCS・CCU(CO2の回収・利用・貯留)や森林吸収等について、SHK制度における取り扱いの方法を議論している。本稿では現状の検討内容の概要や、今後の見通しについて紹介する。

https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2401/11/news064.html

 

(6)SLB, Northern Lights and Microsoft to Digitalize CCS Value Chain

SLB と Northern Lights Joint Venture (NL) は、国境を越えた二酸化炭素回収・貯留 (CCS) のための最初の CO2 輸送および貯留プロバイダーの 1 つである Northern Lights の運用のための統合クラウドベースのワークフローを最適化するために、Microsoft と覚書 (MoU) を締結しました。この協業は、新興のCCS業界向けのスケーラブルでコスト効率の高いデジタルソリューションの開発に貢献します。

https://energyindustryreview.com/environment/slb-northern-lights-and-microsoft-to-digitalize-ccs-value-chain/

 

 

No.2495二酸化炭素を森林や森林の下に貯留する
No.2496TechnipFMCがペトロブラスから10億ドルの炭素回収ビルドジョブを獲得
No.2497企業メディアが化石燃料産業の炭素回収グリーンウォッシングのロンダリングを支援
No.2498CBOのレポートは、米国におけるCCSの可能性を調査しています
No.2499PTTEPと国際石油開発帝石(INPEX)、タイ湾におけるCCSの可能性を調査
No.2500米国における炭素回収・貯留:報告書
No.2501湾岸の水素
No.2502サーニア産業の炭素回収「鍵」、経済パートナーシップが語る
No.2503炭素回収への投資がテキサス州のエネルギーに関する会話の一部に
No.2504新年は化石燃料の削減
No.2505風力発電所と炭素回収がルイジアナ州の海岸をめぐって競合
No.2506ルイジアナ州が地下炭素貯留プロジェクトのEPA承認を受ける
No.2507ゲストカラム/炭素回収は排出に対する誤った解決策です
No.2508ADNOCが英国を拠点とするCCS事業体に出資
No.2509CO2排出量 |出荷
No.2510除去への道:大気中から数十億トンのCO2を排出するための青写真
No.2511石油・ガス業界はルイジアナ州の新しい炭素回収計画を気に入っています
No.2512気候林業委員会が州の森林管理に関する勧告を含む報告書を発表
No.2513エネルギー企業がブラジルの海底油田でCO2回収を試験
No.2514ルイジアナ州の成長する化石燃料産業が気候と正義の約束をどのように脅かすかをご覧ください
No.2515財務省とIRSは、インフレ抑制法の水素製造税額控除(セクション45V)の待望の規制を提案しています
No.2516このスタートアップは空気中の炭素を除去しており、ジェットブルーがそれを後押しする理由はここにあります
No.2517石炭火力発電所Draxがネットゼロカーボン回収計画の承認を獲得
No.2518Carbon TerravaultのCCSは、ドラフト坑井許可証のリリースで進捗を計画しています
No.2519米国の水素はどこまでクリーンになるのか?財務省が提案する45V税額控除ガイダンスの紐解き
No.2520ネットゼロへの道のりにおけるマレーシアのグリーンビジネス構築の機会
No.2521インディアナ州の二酸化炭素貯留法の再考
No.2522FTSE250種株価指数:ドラックスが先手を打ったが、産油国はサウジの減産で下落
No.2523ADNOCがStoreggaに戦略的投資を行い、カーボンマネジメントのポートフォリオを拡大
No.2524米国のスポットライト:ボストン病院の洪水。送電する洋上風力発電サイト。テキサス州の省エネ
No.2525炭素回収のキャッチアップ
No.2526カーボンニュートラル実現に向けたCO2利用の役割
No.2527バレンツ海のCO2探査ライセンスのみが新しいオペレーターを取得
No.2528エクイノールのH2M Eemshavenプロジェクト、CCSで天然ガスを水素に変える
No.2529レポートは、4つの主要な米国の産業用炭素回収クラスターを特定します
No.2530現代自動車、CES 2024で水素エネルギーとモビリティを超えたソフトウェアソリューションのビジョンを発表
No.2531Essarは、Essar Oil UKの産業用炭素回収施設の最終技術パートナーを選定し、すべての主要技術プロバイダーをオンボーディングしました
No.2532ルイジアナ州が炭素貯留掘削のクラスVIの優位性を確保し、ワイオミング州が初のクラスVI許可証を発行
No.2533ADNOC、Storeggaに戦略的投資
No.2534CGGとC-QuestraがCCUS協定を締結
No.2535気候変動に関する神話と現実の分離
No.2536エドモントンのエッジ:CCUSパイロットがテストの準備を完了
No.2537Holcim DeutschlandがBeckumセメント工場をアップグレード
No.2538世界の次の大きな炭素回収の課題は?使い方の把握
No.2539グリーン・イノベーション:アービングに本拠を置くセラニーズがテキサス州でCO2廃棄物を有用な製品に変換する事業を開始
No.2540英国の大手ガラス容器メーカーが大規模な水素製造施設の承認された計画を歓迎
No.2541セラニーズ、米国テキサス州クリアレイクの施設で炭素回収・利用事業を開始
No.2542企業のGHG排出量の算定にも影響、「CO2回収価値」をSHK制度で反映可能に
No.2543セクション 45V クリーン水素 PTC 提案の規制の内訳
No.2544大使、ベトナム・スウェーデン関係強化の可能性を強調
No.2545SLB、Northern Lights、MicrosoftがCCSバリューチェーンをデジタル化
No.2546土壌炭素貯留を議論する環境グループ
No.2547ティッセンクルップ・ウーデ、マアデン社およびメッツォ社とリン石膏リサイクルおよびCO2回収プロジェクトに関する基本契約を締結
No.2548Petrofacは、BPのアラミスから数百万件の契約を締結
No.2549Talos が深海 GOM のベニスの石灰岩の液体が豊富な井戸を増産
No.2550水素を動力源とする未来のための3つの銘柄
No.2551CGGとC-QuestraがCCUS協力協定を締結
No.2552トランターが炭素回収用途に熱交換器を供給
No.25531PointFiveとBoston Consulting GroupがCO2除去契約を締結
No.2554捕捉した炭素から引き出されたナノファイバーとグリーン水素ボーナス
No.2555Visiongainが海洋地震機器および取得市場レポート2024-2034を発行

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2024.01.05)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

(1)US Unveils Tiered Hydrogen Tax Credit Favoring Cleaner Production

バイデン政権は、クリーンな水素製造を促進する税制上の優遇措置に関する規則案を発表し、化石燃料を使用して得られる水素は引き続き対象となるが、クレジットは低くなる。

https://www.rigzone.com/news/us_unveils_tiered_hydrogen_tax_credit_favoring_cleaner_production-28-dec-2023-175197-article/

 

(2)Biden Unveils Hydrogen Tax Credit to Jump Start Industry

バイデン政権は金曜日、化石燃料発電に代わるよりクリーンな代替手段となり得ると一部の人が期待している産業を構築するための大規模な取り組みとして、水素製造業者に数十億ドルの税額控除を行うという待望の提案を発表した。

https://tedmag.com/biden-unveils-hydrogen-tax-credit-to-jump-start-industry/

 

(3)Biden administration grants Louisiana power to approve carbon capture wells

ジョー・バイデン大統領の政権は、ルイジアナ州の有力なエネルギー部門が湾岸を急速に拡大する産業の中心地にしたいと考えている中、ルイジアナ州の規制当局に二酸化炭素回収プロジェクトの誘致と承認の新たな権限を与えている。ルイジアナ州は、炭素回収・除去技術の重要な要素である二酸化炭素を貯蔵する井戸の許可を発行できるようになる。他の2つの州を除くすべての州では、米国環境保護庁が許可の責任を負っています。この変更の支持者らは、この変更により、気候温暖化を引き起こす温室効果ガスの排出削減に重要な新規プロジェクトの承認が迅速化されるだろうと主張している。

https://www.theadvocate.com/baton_rouge/news/environment/feds-grant-louisiana-power-to-approve-carbon-capture-wells/article_a98dffb2-db1a-5a10-b5a7-cdcf9883cde1.html

 

(4)Santos Inks CCS Deal with Japanese Companies

オーストラリア議会で可決された二酸化炭素(CO2)の国境を越えた移動を促進する新しい法律により、サントス社は二酸化炭素回収・貯留(CCS)に関する日本企業との新たな契約を結ぶことが可能となった。

サントス、JX日鉱日石開発株式会社(JX)、ENEOS株式会社(ENEOS)の間で覚書(MOU)が締結され、捕獲、輸送、隔離の可能性を評価する共同実現可能性調査への道が開かれるサントス氏は、日本からの排出量はムンバCCSプロジェクトの拡大を支援していると述べた。

https://www.rigzone.com/news/wire/santos_inks_ccs_deal_with_japanese_companies-20-dec-2023-175112-article/

 

(5)Green light for Inpex to carry out site surveys and drilling activities for CCS project off Australia

Inpex Browse E&P は、ボナパルト炭素回収・貯留評価共同運営協定参加者として Woodside および TotalEnergies を代表して、オーストラリア北部沖のボナパルト盆地における GHG 評価許可 G-7-AP を取得しました。G -7-AP許可区域は、その全体がジョゼフ・ボナパルト湾の北、ダーウィン港の西約 100 km の英連邦水域内に位置しています。

https://www.offshore-energy.biz/green-light-for-inpex-to-carry-out-site-surveys-and-drilling-activities-for-ccs-project-off-australia/

 

(6)NextChem awarded contract by Engie for production of biomethane

NEXTCHEM は、子会社 NextChem Tech を通じて、ENGIE から、廃材のガス化とメタン化のための Pre-FEED と、フランスのノルマンディー地方のサラマンドルプロジェクトにおける二酸化炭素回収装置の導入を行う新規契約を獲得しました。

https://www.hydrocarbonengineering.com/gas-processing/04012024/nextchem-awarded-pre-feed-by-engie-for-production-of-biomethane/

 

 

No.2445マンチン氏とカピト氏:税額控除制限によりウェストバージニア州の水素プロジェクトが危機に
No.2446バイデン政権、二酸化炭素回収井を承認する権限をルイジアナ州に付与
No.2447米国、クリーナー生産に有利な段階的水素税額控除を発表
No.2448米国エネルギー省、水素製造への投資は市場の現実に合わせて拡大すべき
No.2449インドネシアにおける炭素回収、利用、貯留政策: IEA レポート
No.24502023 年のベスト版であなたの休日の読書がカバーされています
No.2451ベトナムはクリーンで再生可能エネルギーの開発に尽力し続ける
No.2452Imperialは、2024 年の設備投資額を 12 億 7000 万ドルと見積もっています
No.2453Cemex Ventures が水素スタートアップへの出資を拡大
No.2454EPA、二酸化炭素回収プロジェクトを監督するルイジアナ州の提案を承認
No.2455カナダ成長基金は単なる化石燃料裏金基金なのでしょうか?
No.2456LABI:EPAの二酸化炭素回収決定は州にとって「記念碑的」
No.2457バイデン氏、産業活性化のための水素税額控除を発表
No.2458IRS、セクション 45V 水素製造クレジットに関する規制案を発表
No.2459バイデン政権、二酸化炭素回収井を承認する権限をルイジアナ州に付与
No.2460ルイジアナ州は炭素貯留掘削でクラス VI の優位性を確保
No.2461NOVATEK、独自の低炭素アンモニアおよび水素プロセスを開発
No.2462API、ルイジアナ州の二酸化炭素回収の決定についてEPAを称賛:低炭素でよりエネルギー安全な未来への一歩
No.2463イリノイ州トウモロコシ生産者協会、2024 年の優先事項が明らかに
No.2464バイデン政権、計画中のアラスカ中南部石炭火力発電所の二酸化炭素回収研究に900万ドルの助成金を授与
No.2465サントス・インクのCCSが日本企業と提携
No.2466スタートアップが炭素をきれいなコンクリートに隔離する
No.2467ペトロブラス、プレソルト・サントス盆地のメロ・フィールド、リブラ鉱区のセペティバ・プラットフォーム船に関する最新情報を提供
No.2468水素クリーンテックは二酸化炭素排出量を 91% 削減します
No.2469企業はエチレングリコールプロセスの脱炭素化を目指す / サウジ政府が二酸化炭素回収・貯留シンクタンクに参加
No.2470合併と買収: 2023 年に大規模な石油・ガス市場統合の動き
No.2471西サウジ初のペトロ・ラービグ CO2 回収プラント
No.2472炭素回収により当社のセメントはすべて実質ゼロになるとハイデルベルクが主張
No.2473Inpex、オーストラリア沖のCCSプロジェクトの現場調査と掘削活動にゴーサイン
No.2474Talos Energy: Sunspear Discovery と CO2 貯蔵が価格を押し上げる可能性がある
No.2475Nexus Development が炭素回収に 500 万ドルを投資
No.2476ルイジアナ州にCO2貯蔵許可を与えるEPAに環境利益が反応
No.2477アーカーが穀物発電所の二酸化炭素回収設計プロジェクトを獲得
No.2478Essar が Topsoe テクノロジーを選択
No.2479CO2回収技術が新たなオフショアフロンティアに向けて準備完了
No.24802024 年のヨーロッパの気候技術エコシステムには何が待ち受けているのか
No.2481ダークマネー、CCS Bonanza、企業通信攻勢: 2024 年に注目すべきこと
No.2482エネルギー移転、ライバルの天然ガスパイプラインを妨害し、ヘインズビル開発を制限したとして告発
No.2483検査プロセスを強化する DIMATE の技術、水素産業に注目
No.2484DOE 文書: 炭素除去提案は希少原子炉に賭ける
No.2485C-Capture トライアル ヨーロッパのガラス製造工場における炭素回収技術
No.2486世界セメント協会はセメント業界に対し、接続性とコミュニケーションの強化を通じて低炭素開発を促進するよう呼びかけています
No.2487最初の北極CCSプロジェクトのオペレーターが選ばれる
No.2488アラスカの新しい石炭火力発電所は気候に優しいでしょうか? 1100万ドルをかけて行われた研究は、それを解明することを目的としている。
No.2489フィンランドのカーボンニュートラルへの道:持続可能な未来へのビジョン」
No.2490NextChem が Engie からバイオメタン生産の契約を獲得
No.24913つの質問がバイデンの水素計画を形作る
No.2492二酸化炭素回収技術には批判もありますが、この業界では排出量を根本的に削減できます
No.2493トライアングル・エナジーは、クリフ・ヘッドの売却が進む中、高価値のパース・ベイスン・ガスに焦点を当てる
No.2494より多くの責任を負うノルウェー石油総局が新しい名称を取得

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.12.28)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Treasury puts out controversial guidance for hydrogen tax credit

財務省は、燃焼しても二酸化炭素を排出しないエネルギー源である水素への投資を促進することを目的とした税額控除に関するガイダンス案を発表した。

しかし、大いに期待されていた規則は業界内の分裂を引き起こしており、多くの人が同省の厳格な要件が業界の発展を妨げると主張する一方、

「最もクリーンな」形式の水素生産を促進するものとして厳格な基準を称賛する人もいる。

https://gazette.com/news/wex/treasury-puts-out-controversial-guidance-for-hydrogen-tax-credit/article_9efb01c6-272a-5c5c-9b30-391c393c18b2.html

 

(2)North Dakota regulators hear arguments in CO2 pipeline local ordinances dispute

ノースダコタ州公共サービス委員会は木曜日、二酸化炭素輸送・貯蔵会社サミット・カーボン・ソリューションズが、

提案されている州内を通る333マイルのルート全体にわたって地元の郡の条例を順守することが法的に義務付けられているかどうかについての法的弁論を審理した。

この決定は、ノースダコタ州での大規模インフラプロジェクトが将来どのように立地されるかについての前例となる可能性がある。

https://www.inforum.com/news/north-dakota/north-dakota-regulators-hear-arguments-in-co2-pipeline-local-ordinances-dispute

 

(3)Topsoe selected by Essar to provide technology for Stanlow refinery carbon capture project

Essar Oil UK (「Essar」) は、Essar が計画している 3 億 6,000 万ポンドの Essar Energy Transition (「EET」) 産業用炭素回収 (「ICC」) 施設に、

同社の持続可能な排ガス処理技術 SNOX TMを提供するために、Topsoe を選択しました。

https://hydrocarbonprocessing.com/news/2023/12/topsoe-selected-by-essar-to-provide-technology-for-stanlow-refinery-carbon-capture-project/

 

(4)Esso Nederland to build pilot carbonate fuel cell plant with FuelCell Energy

オランダでは、エクソンモービルの関連会社エッソ・ネーダーランドBVが、主要産業からのCO2排出量を大幅に削減できる画期的な技術をテストするため、

ロッテルダム製造施設にパイロットプラントを建設する計画を立てている。

このパイロットプラントは、FuelCell Energy と共同開発した炭酸塩燃料電池 (CFC) 技術の性能と操作性に関するデータを取得することを目的としています。

https://www.biofuelsdigest.com/bdigest/2023/12/21/esso-nederland-to-build-pilot-carbonate-fuel-cell-plant-with-fuelcell-energy/

 

(5)Memorandum of Understanding (MOU) is Signed on Collaborative Study for Ocean-Going Liquified CO2 Carriers toward the Realization of Large-Scale International Transportation from 2028 onwards

国立研究開発法人エネルギー・金属技術振興機構(JOGMEC)は、2023年度の公募事業として、先進的CCS事業のフィージビリティスタディを開始しました。

今後、様々なCCSプロジェクトにおいて、日本から回収したCO2を貯留地に輸送するLCO2運搬船の需要が高まることが予想されます。

https://scoopasia.com/memorandum-of-understanding-mou-is-signed-on-collaborative-study-for-ocean-going-liquified-co2-carriers-toward-the-realization-of-large-scale-international-transportation-from-2028-onwa/

 

 

No.2407Canada Growth Fund (CGF)がエントロピーに2億ドルを投資し、炭素クレジットを購入
No.2408中国のエネルギー大手が二酸化炭素回収で大きな一歩を踏み出す
No.24092023 年: セメント業界にとって素晴らしい年。
No.2410米国におけるクリーン水素の将来は新たな税額控除に左右される可能性がある
No.2411財務省が水素税控除に関する物議を醸す指針を発表
No.2412米国がクリーン水素計画を発表、原子力の役割は不透明
No.2413バイデン政権、「クリーンな」水素に対する税制を発表
No.2414今日知っておくべき 5 つのこと: 休暇の状況、二酸化炭素回収、人口記録、牛の捕獲、労働法
No.2415ノースダコタ州の規制当局、CO2パイプラインの地方条例論争で議論を審理
No.2416エッサーは、エッサー・オイル英国の産業用炭素回収施設の技術パートナーを選択し、CO2排出量を100万トン削減する道を開く
No.2417ヴィヴェク・ラマスワミ氏は、アイオワ州はCO2パイプラインの構築に著名なドメインを使用することはできないと述べている。それはまだ分からない。
No.24182024 年の成長と予期せぬ事態に期待 エネルギー、持続可能性
No.2419スタンロー製油所の二酸化炭素回収プロジェクトに技術を提供するためにエッサー社にトップソーを選ばれた
No.2420Saipem と Valmet が CO2 ソリューションの統合で協力
No.2421英国、250億ドルの計画でCCUSのリーダーになることを目指す
No.2422Esso Nederland、FuelCell Energy と協力してパイロット炭酸塩燃料電池プラントを建設
No.2423OSG、タンパのカーボンハブ開発研究にDOEから40万ドルの支援を獲得
No.2424エクソンモービル、炭酸燃料電池技術を利用した燃料電池エネルギーによるCCSパイロットプラントを建設へ
No.2425ドバイ気候協定は歴史的なものです。バイデン大統領は、蔓延したまま死なせるわけにはいかない
No.2426CCUS の謎を解く
No.2427より強いエネルギーの未来のために
No.2428環境と経済には数兆ドル規模の炭素回収を行う余裕はない
No.2429気候変動を遅らせるためにCO2からリサイクル可能なプラスチックを作る方法
No.2430ワシントンの保守派が2024年の投票に向けて推進している6つの措置
No.2431エア・リキード、ロッテルダムに炭素回収装置を建設へ
No.2432ネクサス・デベロップメント・キャピタルがスタンダード・バイオカーボンに500万ドルを投資
No.2433Summit Carbon Solutionsがノースダコタ州の0way権の80%を取得
No.2434脱炭素化で重要な役割を果たすクリーンな石炭
No.2435Fufeng、パイプラインなど:2023年の大きな農業ストーリーのいくつかを見てください
No.2436ワシントンの保守派が2024年の投票で推進している6つの対策
No.2437インドネシア、長期にわたり延期されていたINPEXのアバディLNGプロジェクトに対する新計画を承認
No.2438ハーバーは$ 11.2BのWintershall上流資産を取得する
No.2439全国の森林地帯は今すぐ保護が必要です!
No.24402028年以降の大規模国際輸送の実現に向けた外航液化CO2運搬船の共同研究に関する覚書を締結
No.2441Manchin と Capito: 税額控除の制限により、W.Va 水素プロジェクトが危険にさらされている
No.2442ワシントンの保守派が2024年の投票で推進している6つの対策
No.2443世界セメント協会(WCA)は、接続性とコミュニケーションの強化を求めています
No.2444韓国が沖合でのCO2貯留の可能性を探るイニシアチブを開始

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.12.22)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Crowley to trial Carbon Ridge’s onboard carbon capture solution

フロリダ州を拠点とする海運およびエネルギーサプライチェーン企業であるCrowley社と、モジュール式の船上炭素回収・貯留ソリューションを開発する米国のCarbon Ridge Inc.は、

船上炭素回収パイロットプロジェクトを開始しました。

https://www.offshore-energy.biz/crowley-to-trial-carbon-ridges-onboard-carbon-capture-solution/

 

(2)Air Liquide to build a world-scale carbon capture unit

エア・リキードは、独自の Cryocap™ 技術を活用して、オランダのロッテルダムの工業盆地に世界規模の炭素回収装置を建設、所有、運営すると発表しました。

新しいユニットは、ロッテルダム港にあるグループの水素製造プラントに設置され、この大規模な産業盆地でのCO2排出量の大幅な削減を目的とした

ヨーロッパ最大の二酸化炭素回収・貯留(CCS)インフラの1つであるポルトスに接続されます。

https://www.hydrocarbonengineering.com/the-environment/19122023/air-liquide-to-build-a-world-scale-carbon-capture-unit/

 

(3)ExxonMobil Building Carbon Capture Plant with FuelCell Energy

エクソンモービルの関連会社であるEsso Nederland BVは、ロッテルダム製造施設に炭素回収・貯留パイロットプラントの建設を計画しています。

FuelCell Energy社と共同開発するこのプラントは、二酸化炭素排出量の削減だけでなく、炭酸塩燃料電池技術の性能や運用性に関するデータの取得も目指す。

https://www.environmentenergyleader.com/2023/12/exxonmobil-building-carbon-capture-plant-with-fuelcell-energy/

 

(4)Santos, Toho Gas to collaborate on producing carbon-neutral e-methane in the Cooper Basin

オーストラリアの石油・ガス探査・生産会社であるサントスは、日本のガス公益事業会社である東邦ガスと、

南オーストラリア州のクーパー盆地でカーボンニュートラルなe-メタンを生産する可能性を調査する契約を締結しました。

https://www.miningweekly.com/article/santos-toho-gas-to-collaborate-on-producing-carbon-neutral-e-methane-in-the-cooper-basin-2023-12-19

 

(5)New vision to create competitive carbon capture market follows unprecedented £20 billion investment

エネルギー長官が英国を炭素回収・利用・貯留の世界市場にするための計画を打ち出したことで、英国経済のグリーンブーストが実現しました。

CCUSビジョンと名付けられたこの計画は、英国が政府の支援を受けた初期のプロジェクトから、2035年までにこの分野で競争力のある市場になる方法を定めており、

英国企業は炭素回収施設を建設し、そのサービスを世界に販売するために競争することを意味します。

https://energycentral.com/c/og/new-vision-create-competitive-carbon-capture-market-follows-unprecedented-%C2%A320

 

(6)Petro Rabigh launches operations at new Saudi carbon capture plant

サウジアラビア最大の精製・石油化学統合施設の1つであるPetro Rabighは、同国の西部地域に新たな炭素回収・利用施設を開設するため、

同地域の産業、医療、特殊ガスの大手プロバイダーであるGulf Cryoと提携しました。

https://ognnews.com/ArticleTA/417068

 

(7)US Department of Energy invests US$46m in carbon capture projects

米国エネルギー省 (DOE) の化石エネルギー・炭素管理局 (FECM) は、CO2 回収技術を進歩させ、炭素輸送および貯蔵産業の成功のための基盤確立を支援する

9 つのプロジェクトに対して 4,560 万ドルの連邦資金提供を発表した。

https://www.cemnet.com/News/story/176130/us-department-of-energy-invests-us-46m-in-carbon-capture-projects.html

 

No.2358プロジェクト・ツンドラへの資金提供はノースダコタ州にとって壊滅的な決断である
No.2359セメント会社が炭素回収を模索
No.2360ハンコック委員会が炭素回収プロジェクトについて聞く
No.2361クロウリー、カーボンリッジの車載二酸化炭素回収ソリューションを試験導入
No.2362エドモントンでの持続可能な飛躍
No.2363持続可能性の最前線に立ち、気候変動対策を主導する上位5社と億万長者
No.2364税ベースの金融リース:英国のグリーンファイナンスの忘れられたツール?
No.2365ドローンが森林二酸化炭素回収の謎の解決に貢献
No.2366Microsoft、ノーザンライツのクラウドベースのワークフローを最適化
No.2367TITANグループ、IFESTOS炭素回収プロジェクトに対するEUイノベーション基金と助成契約を締結
No.2368二酸化炭素回収のために松や原生林を植林することだけが選択肢ではありません – ニュージーランドは両方の長所を活かすことができます
No.2369deepC Store と Azuli がオーストラリアで CCS プロジェクトを推進
No.2370二酸化炭素回収計画は自然保護主義者の懸念を引き起こす
No.2371イリノイ州の取引は CO2 貯蔵に打撃を与える。 二酸化炭素回収訴訟、ND最高裁判所へ
No.2372炭素除去はもはや奇妙ではありません。 それは科学者たちを心配させます。
No.2373COP28は石油・ガス業界がエネルギー転換において果たすべき役割があることを認識
No.2374米国の水素生産: テキサス州とルイジアナ州が最も低コストの供給国であるべき
No.2375米国は炭素を貯蔵するために古い木を残しておくべきでしょうか、それとも伐採すべきでしょうか? 白熱した議論です
No.2376洗練された投資家グループが350万ドルの投資でPilot Energyを2度目支援
No.2377Global Chemical 、三菱重工業と協業へ
No.2378エア・リキード、世界規模の炭素回収装置を構築へ
No.2379エクソンモービル、FuelCell エネルギーを備えた二酸化炭素回収プラントを建設
No.2380メッツァグループ、炭素回収施設の建設を検討
No.2381クイーンズランド州の新しい気候目標を達成するためにCCSが不可欠であるとGlencore氏は述べています
No.2382サントスと東邦ガス、クーパー盆地におけるカーボンニュートラルなe-メタン生産で協業
No.2383TITAN、EUイノベーション基金とのIFESTOS助成契約を発表
No.2384鉱物製品協会、英国のセメント炭素国境調整メカニズム計画を歓迎
No.2385カーン、カリフォルニア州初の二酸化炭素回収・隔離プロジェクトのレビューを発表
No.2386連邦政府、これまでに例のない協定で炭素価格を後押し
No.2387世界的な移行が加速する中、アルバータ州は伝統的エネルギーと再生可能エネルギーにおける大きなチャンスを追求している
No.2388水素製造・提供ロードマップ
No.2389前例のない200億ポンドの投資を受けて、競争力のある炭素回収市場を創出するという新たなビジョンが実現
No.2390CNXがアパラチア水素プロジェクトから撤退
No.2391レイサム&ワトキンス、バイユーベンド炭素回収プロジェクトの拡大についてシェブロンに助言
No.2392サントス・インクのCCSが日本企業と提携
No.2393HiiROC の低コスト、ゼロエミッション水素製造はリピート投資を引き付ける
No.2394米国エネルギー見通し 2024: 実証済みの技術が再び表舞台に、水素投資ブーム
No.2395Cemex Ventures が HiiROC の株式を増資
No.2396海外造船会社グループがタンパ湾港の回収炭素ターミナル開発に連邦補助金を獲得
No.2397Eniは、新しい政府の計画の後、英国でのCCSオペレーターの役割を強化します
No.2398ペトロ・ラービグ、サウジの新しい炭素回収プラントで操業を開始
No.2399「炭素をその場所に置く」ことで気候変動を元に戻すという使命を担うスタートアップ
No.2400DOE、炭素回収デモプロジェクトに8億9,000万ドルを充てる
No.2401エクソンモービルとフューエルセル・エナジーが炭素回収技術をロッテルダムで試験導入
No.2402アルセロールミタルベルギー、スティーラノール工場の廃棄物バイオマス処理を委託
No.2403米国エネルギー省、二酸化炭素回収プロジェクトに4,600万米ドルを投資
No.2404英国政府が「CCUSビジョン」を発表
No.2405Argos USA と Holcim US が炭素回収のためエネルギー省の資金を確保
No.2406Nexus Development Capital、メイン州のスタンダード・バイオカーボンに500万ドル投資し、成長するポートフォリオに炭素除去を追加

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.12.15)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

(1)Indonesia’s Pertamina starts carbon injection tests in Sukowati oil and gas field

インドネシアの国営エネルギー企業プルタミナは、同社が二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)の試験を行っている2番目の場所であるスコワティ油田で地下炭素圧入試験を開始した。

プルタミナは、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)および石油資源開発株式会社(JAPEX)と共同で、スコワティ油田におけるCCUS試験を実施しました。

https://hydrocarbonprocessing.com/news/2023/12/indonesias-pertamina-starts-carbon-injection-tests-in-sukowati-oil-and-gas-field/

 

(2)Lummus and Toshiba announce partnership for carbon capture solutions

Lummus Technologyと東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、東芝)は、二酸化炭素回収プロジェクトを共同で推進するための基本協力契約を締結したことを発表しました。

Lummusは燃焼後の炭素回収技術を提供し、東芝は燃焼後の炭素回収に特化した高度なアミン系溶剤と、東芝の溶剤に最適化されたシステム設計ガイドラインを提供します。

https://www.hydrocarbonengineering.com/the-environment/08122023/lummus-and-toshiba-announce-partnership-for-carbon-capture-solutions/

 

(3)C.P. Group and Toyota/Commercial Japan Partnership Technologies achieved new milestones toward decarbonization with multi-faceted solutions across energy, data and mobility

Charoen Pokphand Group(C.P. Group)、トヨタ自動車株式会社(TMC)、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)の共同パートナーシップにより、タイにおけるバイオガス由来水素製造のパイロットプロジェクトが成功したことを発表しました。

C.P.グループは、このバイオガス由来の水素を、サプライチェーンの長距離物流用トラックフリートに活用し、タイの脱炭素化プロセスをさらに加速させる計画です

https://asiafoodjournal.com/c-p-group-and-toyota-commercial-japan-partnership-technologies-achieved-new-milestones-toward-decarbonization/

 

(4)環境省がCCS報告書案、許可期間の長期化検討

環境省は12日、国内外で今後、導入拡大が予測されるCCS(二酸化炭素回収・貯留)事業の許可やモニタリング、海外で実施する貯留の考え方をまとめた報告書案を示した

https://www.denkishimbun.com/archives/335887

 

(5)Nuada signs carbon capture partnerships with Cementos Argos, Cementos Molins, Holcim and Siam Cement Group

炭素回収技術の開発企業であるNuadaは、世界のセメント市場リーダー4社とパートナーシップを締結しました。

Cementos Argos、Cementos Molins、Holcim、Siam Cement Group(SCG)は、Nuadaと協力して、セメント工場で使用する最新の炭素回収システムを評価します。

両社は、世界セメント・コンクリート協会(GCCA)のInnovandi Open Challengeを通じて、同協会の支援を受けて契約を締結しました。

https://www.globalcement.com/news/item/16702-nuada-signs-carbon-capture-partnerships-with-cementos-argos-cementos-molins-holcim-and-siam-cement-group

 

(6)Crowley to Pilot Carbon Ridge’s Onboard Carbon Capture Technology

Crowleyは、米国海事局(MARAD)の海洋環境技術支援(META)プログラムの下で、コンテナ船の1隻で炭素回収技術を試験的に導入すると発表しました。

https://www.marinelink.com/news/crowley-pilot-carbon-ridges-onboard-510154

 

 

No.2277ハイデルベルグ・マテリアルズ・ノースアメリカがオンデマンドのサステナブル・コンクリート・コースを導入
No.2278Indonesia’s Pertamina starts carbon injection tests in Sukowati oil and gas field
No.2279ノーザンライツCCSプロジェクトがEU資金の一部を獲得
No.2280「COP28の正念場」:最新草案には依然として抜け穴があり、化石燃料の段階的廃止「だけ」が省略されている
No.2281470人以上の二酸化炭素回収ロビイストの「軍隊」がCOP28に出席
No.2282Lummus と東芝が二酸化炭素回収ソリューションに関する提携を発表
No.2283化石燃料企業の幹部らが国連気候変動サミットに出席する中、「COPは何についてのものなのか?」と尋ねる人もいる。
No.2284カナダと米国はCCSへの最大の公的資金提供国であり、各国はさらに2億ドルを注入する準備ができている
No.2285「私たちの話を広める必要がある」:ドバイでアルバータ州首相ダニエル・スミス
No.2286自然キャンペーン団体がコーリーの二酸化炭素回収計画に反対
No.2287英国のエネルギー供給エコシステムが2050年までにネットゼロに達するには9,000億ポンド以上の投資が必要 – NatWestとBCGレポート
No.2288Holcim Hrvatska、コロマチノ セメント工場の炭素回収プロジェクトに EU 資金で 1 億 1,700 万ユーロを確保
No.2289TNO 報告書が 2050 年の EU セメント部門のエネルギー要件を評価
No.2290二酸化炭素回収技術の先頭に立つ 3 社
No.2291インソン・プロダクション、スクラバー企業イオナダの二酸化炭素回収技術に投資
No.2292一部の国はマイナス排出レベルを目指しています
No.2293「削減」の危険性: 二酸化炭素回収に関する汚い真実
No.2294ケザドのADポートとマスダール・アイの水素ハブ
No.2295アルバータ州炭素回収奨励プログラムと連邦 CCUS 投資税額控除 – アルバータ州における炭素回収のための 2 つの青信号
No.2296マイクロソフトがノーザンライツCCSプロジェクトを支援
No.2297一部の国は、自分たちが生み出すよりも多くの汚染を除去したいと考えています。そのためには、自然を後押しする必要があります
No.2298ネットゼロ鉄鋼技術の認知が欧州のグリーン市場を促進する可能性がある
No.2299CP グループとトヨタ、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズは、エネルギー、データ、モビリティにわたる多面的なソリューションにより、脱炭素化に向けた新たなマイルストーンを達成しました
No.2300Enfinium、フェリーブリッジサイトで「8億ポンド」の二酸化炭素回収プロジェクトを発表
No.2301英国初の炭素回収プラントが CO2 をジェット燃料に変える
No.2302ノルウェーは二酸化炭素回収・貯留(CCS)補助金で世界第2位
No.2303新しい方法でコンクリート中の炭素捕捉を確認
No.2304北海規制当局、炭素貯蔵資金に関する見解を求める
No.2305アドノックと三菱、水素・アンモニアプロジェクトで提携へ
No.2306Cory Inks CO2 輸送、保管、Viking CCS との取引
No.2307ホルシムは世界的な二酸化炭素回収のリーダーとして認められる
No.2308Kontrol Technologies が炭素隔離モニタリングの顧客を追加
No.2309石油業界はCOP28で炭素を回収することを約束して「段階的廃止」協定を推し進める戦いを繰り広げる
No.2310環境省がCCS報告書案、許可期間の長期化検討
No.2311炭素回収とは何か、なぜCOP28で取り上げられ続けたのか?
No.2312SLB と Northern Lights JV が Microsoft と提携し、デジタル化された炭素回収を実現
No.2313SFUの教授は、ローワーメインランドの炭素回収の可能性を研究するために$ 900Kを取得します
No.2314MASがシンガポール・アジアタクソノミーを発表
No.2315BC州の研究者は、メトロバンクーバーの下に炭素汚染を埋めるために見える
No.2316Dalmia Cement (Bharat) と SaltX Technology が電気セメント生産のパイロットを開始
No.2317AOGエナジー:エネルギーの未来に力を与える
No.2318BC州のスタートアップが鉱山尾鉱の脱炭素化に資金を提供
No.2319ウェストポートは、スウェーデンでICE水素輸送を実証するために、輸送およびエネルギーパートナーと協力しています
No.2320ビクトリーヒルのフレイザースミスとグリーンドリーム:投資家は十分な質問をしない
No.2321英国:英国初の炭素回収プラントがCO2をジェット燃料に変える
No.2322PTTEPがUAEのCOP28で気候変動対策の取り組みに参加
No.2323観る |「削減」の危険性:炭素回収に関する汚い真実
No.2324EU、8つの国境を越えたエネルギープロジェクトに6億3890万ドルを計上
No.2325バッテリーメーカーのHithiumが28GWhのインテリジェント生産工場を新設
No.2326COP28:「気候変動は今や化石の未来と非化石の未来の戦い」
No.2327Masdar-AD Portsのコラボレーションにより、KEZADでグリーン水素ハブの開発を目指す
No.2328バレンツ海CO2探査ライセンスのオペレーターになるのに近づくポーランド企業
No.2329COP28が閉幕、23時間の延長戦:歴史的だが失望も、専門家は言う
No.2330英国のenfiniumが炭素回収プロジェクトの8億ポンドの計画を発表
No.2331炭素回収とは何か、COP28後の解決策はどの程度なのか?
No.2332ティーズサイド大学が廃棄物発電の画期的な研究のための資金を確保
No.23332024年は、二酸化炭素の回収・利用・除去部門にとって大きな年になる
No.2334二酸化炭素はメトロバンクーバーの下に貯蔵できますか?SFUの研究者が探究
No.2335NGIFが新しい炭素回収技術に資金を提供する
No.2336BC州の研究者は、メトロバンクーバーの下に炭素汚染を埋めるために見える
No.2337スコット・ブラザーズ、カーボンニュートラルな未来の実現に尽力
No.2338オランダの大規模CO2貯留プロジェクトが次のフェーズに移行
No.2339米国における炭素回収・貯留
No.2340新しいDACシステムは、年間100万トン以上の炭素回収を達成できる可能性があります
No.2341チェコの環境大臣、COP28の合意を称賛
No.2342フロンティア気候、LITHOS CARBONが$ 57.1Mの強化された耐候性購入契約を締結
No.2343HolcimがCOP28でレーガードルフの炭素回収プロジェクトで2つの賞を受賞
No.2344NuadaがCementos Argos、Cementos Molins、Holcim、Siam Cement Groupと炭素回収パートナーシップを締結
No.2345ジョン・シュロック:フージャー州での炭素回収との戦い
No.2346ノースダコタ州の土地の下に炭素を貯留する計画であるプロジェクト・ツンドラは、連邦政府の助成金から最大3億5,000万ドルを得ています
No.2347COP28気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)の抜け穴とは?
No.2348Fluxys Belgium : National Gasが大規模な脱炭素化で協力し、新たな国境を越えたつながりを模索
No.2349COP28:これは化石燃料時代の終わりの始まりですか?
No.2350CrowleyがCarbon Ridgeのオンボード炭素回収技術を試験的に導入
No.2351埋設炭素排出量を監視するためのEPAの要件は弱すぎます:新しいレポート
No.2352COP28:WWFは、各国が化石燃料からの移行に合意したため、「地球はダウンしているが、アウトではない」と述べています
No.2353シンガポールが世界初のマルチセクター移行タクソノミーを開始
No.2354ペンシルベニア州は規制改革が必要
No.2355ベルンハルト・シュルテ社、Northern Lightsの長期傭船を裏付けとするLNGデュアルフューエルCO2船を発注
No.2356HolcimのCCUSプロジェクトがCOP28の賞を獲得
No.2357炭素回収インセンティブの見直しを求める呼びかけ

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.12.08)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)GC Collaborates with MHI to explore the utilization of hydrogen, ammonia and CCS technology to develop a large-scale petrochemical plant to achieve Net Zero

PTT Global Chemical Public Company Limited(GC)は、Mitsubishi Heavy Industries Asia Pacific Pte.Ltd.(以下、三菱重工-AP)は、2050年タイのカーボンニュートラル実現に向けた大規模石油化学コンビナートの開発に必要な技術を共同で検討します。GCと三菱重工APの協業では、水素やアンモニアなどの低炭素燃料や炭素回収・貯留技術を活用したソリューションの検討を進めていきます。

https://scoopasia.com/gc-collaborates-with-mhi-to-explore-the-utilization-of-hydrogen-ammonia-and-ccs-technology-to-develop-a-large-scale-petrochemical-plant-to-achieve-net-zero/

 

(2) New CO2 Energy Storage System Could Blow Past Li-Ion

二酸化炭素は圧縮されると液体状態に達し、放出されると破裂音とともに膨張するため、イタリアのスタートアップ企業であるEnergy Domeは、従来のリチウムイオン電池アレイよりもはるかに少ないコストではるかに多くの貯蔵を提供できる新しいエネルギー貯蔵システムの開発に取り組んでいます。Energy Domeの最初のプロジェクトはイタリアで進行中で、来年末までに完了する予定です。米国ウィスコンシン州でも、すでに2つ目のプロジェクトが進行中です。

https://cleantechnica.com/2023/12/02/carbon-dioxide-co2-long-duration-energy-storage-wisconsin-italy/

 

(3) Carbon capture makes all our cement net zero, claims Heidelberg

ノルウェーのブレビックにあるハイデルベルグ・マテリアルズの工場では、炭素回収・貯留システムを設置し、そこで生産されるセメントにネットゼロカーボンのラベルを付けることができます。

https://www.theconstructionindex.co.uk/news/view/carbon-capture-makes-all-our-cement-net-zero-claims-heidelberg

 

(4) Cop: Indonesia’s Pertamina aims to progress CCS plans

インドネシアの国営石油会社プルタミナは本日、石油・ガスの増産を目指しており、事業の脱炭素化を支援するため、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の取り組みを進めることを目指していると発表しました。

https://www.argusmedia.com/en//news/2515389-cop-indonesias-pertamina-aims-to-progress-ccs-plans?backToResults=true

 

(5) MOL forms carbon capture and storage partnership in Bahrain

日本の船主である三井OSKは、バーレーンのBapco Energiesと提携し、国境を越えた二酸化炭素回収・貯留(CSS)プロジェクトを開発しました。

両社は、覚書に基づき、商船三井が液化CO2の輸送を担当し、Bapcoが貯留サイトを提供するCCSバリューの確立に向けて取り組んでいきます。

https://splash247.com/mol-forms-carbon-capture-and-storage-partnership-in-bahrain/

 

(6) ExxonMobil CEO Rebuffs IEA Criticism of Carbon Capture Strategy

エクソンモービルのダレン・ウッズ最高経営責任者(CEO)は土曜日、気候変動と戦うために大規模な炭素回収を利用することは信じがたい「幻想」であるという国際エネルギー機関(IEA)の最近の主張を否定し、電気自動車や太陽エネルギーについても同じことが言えると述べた。

https://www.oedigital.com/news/509861-exxonmobil-ceo-rebuffs-iea-criticism-of-carbon-capture-strategy

 

(7) CCS事業法案、通常国会で提出へ/経産省が制度を提示

経済産業省は5日、CCSに関する制度的措置について、中間取りまとめを提示した。CCS事業を進めるための保安上のルールなどを整備。海外の先行事例を参考に税制やクレジットなどを組み合わせた支援制度を検討する。パブリックコメントを募集し、早ければ来年1月からの通常国会でCCS事業法として法案提出を目指す。

https://www.denkishimbun.com/archives/333949

 

(8) New Dow Chemical Company Ethane Cracker Plant Set for Alberta, Canada

ダウ・ケミカルはカナダのアルバータ州にある初のスコープ1および2排出量ネットゼロ統合型エチレンクラッカーおよび誘導体施設の新設します。

https://www.frackcheckwv.net/2023/12/06/new-dow-chemical-company-ethane-cracker-plant-set-for-alberta-canada/

 

(9) At COP28, Countries Launch Declaration of Intent on Clean Hydrogen

COP28にて30カ国以上が「再生可能・低炭素水素および水素誘導体の認証制度の相互承認に関するCOP28基本方針宣言」を発表。

https://www.energy.gov/articles/cop28-countries-launch-declaration-intent-clean-hydrogen

 

No.2202ダウの取締役会がカナダのPath2Zeroプロジェクトを承認
No.2203地球を救うためのCOP28の交渉は、産油国と一部の富裕国が化石燃料の「段階的削減」のみを求めているため、最初のフェンスで失敗する可能性があります
No.22042024年選挙:ヴィヴェク・ラマスワミが炭素回収パイプライン案に反対
No.2205GC、三菱重工と協業し、水素・アンモニア・CCS技術の活用を模索し、ネットゼロ実現に向けた大型石油化学プラントを開発
No.2206ロンドン中心部の炭素回収プラントは、より環境に優しい産業の未来の基礎を教えるのに役立ちます
No.2207ヴィヴェク・ラマスワミは、著名なドメイン、炭素回収パイプラインを非難
No.2208エアバス社の炭素除去イニシアチブがエア・カナダから登録される
No.2209英国はCCS目標を上回る可能性があるにもかかわらず、目標を下回るリスクがありますか?
No.2210COP28:テクノロジーは地球規模の気候危機を解決できるか?
No.2211環境保護主義者、NDPは炭素回収を倍増させるためのリップフィード
No.2212巨大石油会社がもたらす気候変動に対する2つの誤った解決策に注意せよ
No.2213ロッテルダムの二酸化炭素回収・二酸化炭素処理施設(オランダ)
No.2214今日知っておくべき5つのこと:ムーアヘッドドラッグ、炭素回収、ラストコール、ルーニーデザイン、郵便の遅延
No.2215金曜日の手紙:炭素回収か企業福祉か?
No.2216企業が推進する二酸化炭素回収・貯留は科学と矛盾する、と研究で判明
No.2217クック州政府が炭素回収・貯留法案を導入
No.2218アーリーステージのインドネシアの気候スタートアップが投資家を惹きつける
No.2219炭素回収のベネフィット計画が進行中
No.2220SK E&S、COP28で「低炭素水素パートナーシップ」を強化…世界的なカーボンニュートラルの加速
No.2221COP28:エクソンモービルのCEO、炭素回収戦略に対するIEAの批判を退ける
No.2222二酸化炭素除去市場:2031年までの予測を含む最新レポート
No.2223新しいCO2エネルギー貯蔵システムは、過去のリチウムイオンを吹き飛ばす可能性があります
No.2224カーボンオフセットと炭素回収 – 違いは何ですか?
No.2225炭素回収により、すべてのセメントのネットゼロが実現するとハイデルベルクは主張
No.2226NRELは、将来の炭素管理労働力のトレーニングを支援
No.2227ビューローベリタスとAVANCE LABSは、水素認証に関する覚書(MOU)に署名し、協力関係を構築することに合意しました
No.2228大気中のCO2を除去することは、大規模で費用のかかる作業です
No.2229EcoBalance、KazBeef、rTekがCOP28でクライメート・スマート・ビーフ・パイロット・プログラムを開始
No.2230アル・ジュベイル:サウジアラビアは気候変動に立ち向かうためにこれまでに1880億ドルを割り当てている
No.2231気候サミットのリーダーは、化石燃料を段階的に廃止する必要性の背後には「科学がない」と述べ、科学者に警鐘を鳴らしました
No.2232テクノロジーは地球規模の気候危機を解決できるのか?
No.2233COP:インドネシアのプルタミナはCCS計画の進展を目指す
No.2234アイルランドは炭素回収を開発するが、化石燃料の「カバーとしてそれを使用することはできない」-気候大臣
No.22352030年までに英国の洋上風力発電部門で16,000人の追加労働者が必要
No.2236北米初:エア・カナダ、エアバス・オフセットにサインオン
No.2237西オーストラリア州政府が炭素回収・貯留法案を導入
No.2238企業による炭素回収・貯留目標が未達
No.2239MOLがバーレーンで炭素回収・貯留に関するパートナーシップを締結
No.2240スタニスラフ・コンドラショフTelf AG:世界の冶金複合体における炭素排出との闘い
No.2243オーステッド、炭素回収プロジェクトに着工
No.2244騙されてはいけない:CCSは石油・ガス排出の解決策ではない
No.2245Metacon、子会社Helbioの社名変更を発表
No.2246AIIB:自然を気候レジリエンスのためのインフラと定義
No.2247マウレパス湖に影響を与える炭素回収プロジェクトをめぐる反対の声が高まる
No.2248COP28でセメントの脱炭素化と気候変動対策を強調
No.2249Yinson Productionがノルウェーの炭素回収プロジェクトに投資
No.2250掘削総括:新規契約と新規炭素貯留活動
No.2251DNV、2つの液化CO2コンセプトでDSICにAiPを授与
No.2252ケーススタディ — (E)ミッションの失敗
No.2253CCS事業法案、通常国会で提出へ/経産省が制度を提示
No.2254Lummusと東芝、先進的な炭素回収ソリューションで提携
No.2255COP28のストックテイク草案は、「排出削減対策が講じられていない」化石燃料をめぐる重要な戦いを明らかにします
No.2256カーボンニュートラルな化学物質の炭素回収のパイオニア
No.2257炭素回収により、すべてのセメントのネットゼロが実現するとハイデルベルクは主張
No.2258炭素回収は気候を救うのか、それとも燃料を燃やし続けるだけなのか?
No.2259エネルギー大臣-アゼルバイジャンは、国際的なエネルギー会社と約19GWの電力を創出する計画です
No.2260GCと三菱重工、タイにカーボンニュートラルな石油化学コンビナートを建設
No.2261デンマークのオールボーに炭素回収のための新しいパイロットプラントが開設されました
No.2262オランダ企業が大規模CCSプロジェクトのプラットフォーム改修工事を受注
No.2263COP28:化石燃料の段階的廃止を求めるグローバルストックテイク
No.2264頻発する山火事は、大気から二酸化炭素を除去する生態系の能力を低下させます
No.2265Bapco Energies社と商船三井、CO2バリューチェーン構築で協業
No.2266ダウ・ケミカル・カンパニーのエタンクラッカー工場がカナダのアルバータ州に新設
No.2267ACWA Power、インドネシアで太陽光、風力とともにグリーン水素プラントを開発
No.226820以上の業界団体が英国の農家の二酸化炭素回収率向上を支援
No.2269COP28で各国がクリーン水素宣言を発表
No.2270炭素回収にコストがかかりすぎる
No.2271Carbon capture and storage unlikely to cut emissions from ‘abated’ oil and gas
No.2272ヘラクレスグループのオリンパスCO2プロジェクトがEUの資金提供を受ける
No.2273気候サミットで露呈した炭素回収の溝
No.2274エクソンモービル、生産、利益、低炭素投資の拡大に野心的な目標を設定
No.2275農業が世界最大の炭素吸収源の1つである土壌を最大限に活用する方法
No.2276アジア・ガス・グループ、国境を越えた炭素輸送の枠組みを呼びかける

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.12.01)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Electrofuel developed from green hydrogen and carbon dioxide tested in practice for first time in Finland

VTTとパートナーのE-fuelプロジェクトは、さまざまな方法を組み合わせて、グリーン水素と二酸化炭素から電気燃料を製造するコンセプトを開発しました。

11月21日、このパラフィン系E-fuelは、ノキアにあるAGCO PowerのLinnavuori工場で、フィンランドのディーゼル駆動トラクターで初めてテストされました。

https://techxplore.com/news/2023-11-electrofuel-green-hydrogen-carbon-dioxide.html

 

(2) INDONESIA LAUNCHES FIRST CARBON STORAGE PROJECT IN WEST PAPUA

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は24日、同国初の炭素貯留プロジェクトであるBP Plcが運営する西パプア州で炭素回収・利用・貯留(CCUS)プロジェクトの建設を開始した。

CCUSプロジェクトは、最大1.8ギガトンの二酸化炭素を貯留する可能性があると、エネルギー大臣のアリフィン・タスリフは金曜日の声明で述べた。

https://www.naturalgasworld.com/indonesia-commences-first-carbon-storage-project-in-west-papua-108461

 

(3) Nordic Countries Agree on Joint CCUS Initiatives

デンマーク、フランス、ドイツ、スウェーデン、オランダは、CO2回収・利用・貯留(CCUS)に関する欧州の共同協力を目的としたオールボー宣言に署名しました。

CO2の回収、利用、貯留は、国内および欧州レベルの両方で拡大されなければならないと、今週デンマークのオールボーで開催されたEUのCCUSフォーラムで行われた署名で各国が合意しました。

https://www.oedigital.com/news/509735-nordic-countries-agree-on-joint-ccus-initiatives

 

(4) New method verifies carbon capture in concrete

二酸化炭素回収は、人間の二酸化炭素排出が気候に与える影響を減らすために不可欠です。

東京大学と名古屋大学の研究者らは、コンクリート中の炭素が原料に由来するのか、それともコンクリートと反応して閉じ込められた空気中の炭素に由来するのかを確認する方法を開発しました。

https://www.innovations-report.com/ecology-the-environment-and-conservation/new-method-verifies-carbon-capture-in-concrete/

 

(5) NGK Begins CO2 Capture Demonstration for CCUS ~ Capturing CO2 from Exhaust Gas of Ceramics Firing Kiln to be Utilized for Methanation

日本ガイシは、本社エリアの陶磁器製品工場隣にCO2回収システムを設置し、9月から焼成窯の排ガスの一部からCO2を回収する実証を開始した。 このシステムは三菱重工業株式会社製で、1日あたり約0.1トンのCO2を回収します。 日本ガイシは、回収したCO2と水素を反応させて都市ガスの主成分であるメタンを生成する「メタン化」を実現する(株)IHI製のシステムを2024年12月に導入し、都市ガスから排出されるCO2を回収して再利用するCO2リサイクルの実証を行う予定です。

https://www.ae-africa.com/news/santos-establishes-strategic-collaboration-on-ccs-with-adnoc/

 

(6) Japan Completes Construction of First Demonstration LCO2 Transport Vessel

日本の液体二酸化炭素輸送の研究開発プロジェクトは、炭素回収・貯留計画の一環として、輸送用に設計された最初の船舶の建造を完了しました。

このプロジェクトでは、船と格納容器の設計における主要な課題に取り組み、大型LCO2輸送船を使用するための基礎を築くために、輸送と安全な運用を模索する計画です。

https://www.maritime-executive.com/article/japan-completes-construction-of-first-demonstration-lco2-transport-vessel

 

(7) Heidelberg Materials launch evoZero cement in Europe

ハイデルベルグ・マテリアルズは、新しいevoZeroブランドの下で、世界初の炭素回収ネットゼロセメントをヨーロッパの顧客に紹介しています。

evoZeroは、ノルウェーの工場で、同社のバリューチェーン外で発生したクレジットからの補償なしに、二酸化炭素回収・貯留技術を適用することで、ネットゼロフットプリントを達成しています。

https://www.agg-net.com/news/heidelberg-materials-launch-evozero-cement-in-europe

 

(8) Carbyon Finds Missing Piece of the Puzzle: Ultra-Fast Carbon Capture Process Proven with an Energy Demand Below 2,500 kWh/ton

オランダのDirect Air Capture(DAC)企業であるCarbyonは、独自の高速スイングプロセスでCO2を捕捉できることを実証することに成功しました。2,500kWh/トン未満を使用します。Carbyonは、高速スイングプロセスを使用してDAC機器のCAPEXコストを大幅に削減した世界初の企業です。

同社は現在、エネルギー消費を十分に削減するために欠けている部分を発見し、このブレークスルーは、100ドル/トン未満の費用対効果の高いDAC技術に向けた大きな飛躍となっています。

https://www.azocleantech.com/news.aspx?newsID=34329

 

 

No.21292050年のCCUS需要を満たすためには100カ所の北海貯蔵所が必要だとXodusは言う
No.2130フリーランド大臣、大手石油会社の二酸化炭素回収ファンタジーに100億ドルを浪費
No.2131スミス氏、ギルボーの準備ができているかどうかに関係なく、COP28までに二酸化炭素回収計画を誓約
No.2132石油・ガス井掘削業者は業界の脱炭素化を支援するための連邦資金を望んでいる
No.2133グリーン水素と二酸化炭素から開発されたe-fuelがフィンランドで初めて実用化テストされる
No.2134カナダ西部のプロジェクトが水素への期待を高める
No.2135オールボー・ポートランドのCCUS工場が王室の落成式を迎える
No.2136Aker Carbon Capture は、ノルウェーのクレメツルートにある廃棄物発電プラントにおける Hafslund Oslo Celsio の CCS プロジェクトに対して FEED を受賞しました
No.2137炭素吸収源としての鉱山。 オーストラリアの二酸化炭素回収の利点
No.2138IEAの報告書が石油・ガス会社に炭素回収への資金提供に警告
No.2139ベンチャーファンドは、電信の’コントロールを取る’ために化石燃料の投資をしている
No.2140サムスンエンジニアリングが世界のクリーン水素開発を主導
No.2141サントスとAPAがオーストラリア東部のCCSインフラストラクチャーで提携
No.2142インドネシア、西パプアで初の炭素貯蔵プロジェクトを開始
No.2143ペトロブラスの5カ年計画に1,020億ドルを投資:石油・ガスが大部分を占め、115億ドルが低炭素プロジェクトに充てられる
No.2144ICAO、2030年までにSAFによるCO2排出量5%削減を目標
No.2145ミッドオハイオバレー気候コーナー: 「ブルー」水素は答えではない
No.2146国際エネルギー機関、二酸化炭素回収の主張で石油・ガス業界を非難
No.2147貯水池の建設により、海洋堆積物中の炭素貯留が減少している可能性がある
No.2148北欧諸国、CCUS共同イニシアチブに合意
No.2149新しい方法でコンクリート中の炭素回収を検証
No.2150Pathways Alliance は 165 億ドルの二酸化炭素回収プロジェクトの推進にますます自信を深めています
No.2151ゼロエミッションを目指すPONANT社がSyroco EfficientShipデジタルツインプラットフォームを選択
No.2152日本ガイシ、CCUS向けCO2回収実証を開始 ~セラミック焼成窯の排ガスからCO2を回収し、メタン化に活用~
No.2153SAFの未来は不確実な基盤の上に構築される可能性がある
No.2154製紙業者が英国全土に自生の苗木を植える
No.2155アクアテラ・エナジー、デンマーク沖合の土地プラットフォーム再利用契約
No.2156イタリア、エネルギー安全保障と再生可能電力を強化する措置を承認
No.2157科学者がほぼカーボンニュートラルなレンガを作成
No.2158DORIS、Axens、AWT International、SeaQuester、Surbana Jurong は、削減が難しい CO2 排出者向けの CCS Hub Alliance 脱炭素ソリューションを発表
No.2159CO2NTESSA のネットゼロビジョン
No.2160アルバータ州が新しい炭素回収プログラムを発表し、新規プロジェクトに最大12%の補助金を提供
No.2161UAEは、炭素回収の議論が激化する中、CO2を岩石に汲み上げる
No.2162サラワク州政府、ペトロス炭素貯留用に131万8000ヘクタールを承認
No.2163ラマスワミは、アイオワ州知事、共和党のライバルに炭素パイプラインの立場を取るよう呼びかける
No.2164日本、初の実証用LCO2輸送船1号機の建造を完了
No.2165Arcaが大気から岩石への炭素鉱化プロジェクトへの資金支援を発表
No.2166ダウの取締役会がPath2Zeroプロジェクトの最終投資決定を承認
No.2167MSCがメガマックスの炭素回収処理を準備
No.2168炭素回収・貯留 – 湾岸協力会議における課題と可能性
No.2169セラテックは未来のための「グリーン」レンガを創造します
No.2170西オーストラリア州が温室効果ガスの回収・貯留法を導入
No.2171Eni:ラヴェンナCCSプロジェクトが共通の関心のあるプロジェクトの欧州リストに参加
No.2172CCS Hub Allianceパートナーシップを締結
No.2173英国の洋上風力発電とCCSコロケーションプロジェクトが進行中
No.2174Varcoe:中東に旅行する設定、スミスは炭素回収プロジェクトで最大$ 35Bを誘致する計画を解き放つ
No.2175投資、コラボレーション、堅牢なR&D翻訳エコシステムは、2070年までのインドのネットゼロ目標に向けて、CCUSの国家レベルでインパクトを生み出すことができます:専門家
No.2176エネルギー転換目標の達成をCCUSだけに頼るのではなく:IEA
No.2177ハイデルベルグマテリアルズが欧州でevoZeroセメントを発売
No.2178新しい法律により、ミシガン州は再生可能なクリーンエネルギーへの近道を歩むことができます
No.2179Commonwealth LNG、OnStream CO2と炭素回収・貯留に関する覚書を締結
No.2180CCS、水素、電力の国境を越えたエネルギープロジェクトは、将来を見据えたEUへの「ミッシングリンク」として歓迎されました
No.2181アルバータ州のオイルサンドの炭素回収プロジェクトが大きく進展、Pathways AllianceのCEOが語る
No.2182Varcoe:中東を訪問する予定のスミス氏は、炭素回収プロジェクトで最大350億ドルを誘致する計画を発表する
No.2183COP28で世界は化石燃料の将来を考える
No.2184グレンコアの炭素回収プロジェクトに反対の声をあげる農業団体が増える
No.2185Awg Tengah: 州はサラワク州ガスロードマップに基づいて 4 つのハブを開発中
No.2186アルバータ州はCCUSインセンティブプログラムに目を向け、メタン目標を早期に達成
No.2187COP28サミット:化石燃料の未来が気候変動会議で中心に
No.2188インドネシアと韓国が炭素回収開発に関するパートナーシップを模索
No.2189Carbyon、パズルの欠けているピースを発見:2,500kWh/トン未満のエネルギー需要で実証された超高速炭素回収プロセス
No.2190ウィンターシャル、YPF、ダウはアルゼンチンのCCSのためにチームを組む
No.2191炭素回収技術:業界の議論と私たちの見解
No.2192二酸化炭素の貯留、利用プロジェクトは産業委員会の資金援助を受ける
No.2193連邦、LNG施設のCCSにオンストリームCO2を活用
No.2194アルバータ州が新しい炭素回収プログラムを発表し、新規プロジェクトに最大12%の補助金を提供
No.2195CCS、CDR、DAC — これらの炭素管理スキームの背後には危険なものがある
No.2196国連損失損害基金設立に対するOil Change Internationalの反応
No.2197COP28では石油の大きな抜け穴の言葉で気候変動対策への道が舗装される
No.2198新しいデータにより、カナダはこれまでで2番目に大きなCCSへの公的資金提供者であることが判明 – 気候変動対策ではなく、化石燃料のライフラインである
No.2199エア・カナダがエアバス社と提携し、大気中の炭素を除去
No.2200Eni、スイスのガス供給保証契約を締結
No.2201低コストの脱炭素化を掘り下げる

 

 

 

(担当)松尾

————————————————

(一社)カーボンリサイクルファンド

Tel: 03-6432-0011

Email: info@carbon-recycling-fund.jp

Web: https://carbon-recycling-fund.jp

————————————————

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.11.24)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Sumitomo’s Subsidiary to Take Stake in UK North Sea Carbon Storage License

カーボン・カタリスト・リミテッド(CCL)は金曜日、住友商事の子会社であるサミット・エナジー・エボリューション・リミテッド(SEEL)と、英国大陸棚の北海南部に位置するオリオン炭素貯蔵ライセンスの10%の権益を取得することで合意に達したと発表した。

https://www.oedigital.com/news/509526-sumitomo-s-subsidiary-to-take-stake-in-uk-north-sea-carbon-storage-license

 

(2) YARA TO STORE CO2 FROM DUTCH PLANT UNDER NORWAY SEABED

肥料メーカーのヤラは20日、オランダのアンモニア工場から排出されるCO2を回収し、ノルウェーの北海に輸送して海底深くに貯蔵する拘束力のある契約に署名したと発表した

https://www.naturalgasworld.com/yara-to-store-co2-from-netherland-plant-under-norway-seabed-108385

 

(3) Carbon capture and storage project off Malaysia to kick off by 2028

日本企業3社は、2028年末の商業化を目指し、マレーシア沖合における二酸化炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトの成熟・開発について、ペトロナス社と基本原則協定(KPA)を締結しました。

https://www.offshore-energy.biz/carbon-capture-and-storage-project-off-malaysia-to-kick-off-by-2028/

 

(4) On launches collection of CO2-based garments

スイスのスポーツブランドOnは、シカゴを拠点とする炭素回収企業LanzaTechと提携し、産業CO2排出量から作られたポリエステルを特徴とする新しいアパレルコレクションを発売します。

https://www.ecotextile.com/2023112031413/fashion-retail-news/on-launches-collection-of-co2-based-garments.html

 

(5) Santos Establishes Strategic Collaboration on CCS with ADNOC

サントスは、アブダビに本拠を置く先進的なエネルギー会社であるADNOCと戦略的提携契約を締結することにより、地域の二酸化炭素回収・貯留(CCS)リーダーとしての地位を強化しました。

https://www.ae-africa.com/news/santos-establishes-strategic-collaboration-on-ccs-with-adnoc/

 

(6) Canada Announces Tax Credit for Carbon Capture Technology

カナダ連邦政府は、クリーンテクノロジー分野で世界的に競争し、温室効果ガス排出量を削減することを目指し、炭素回収・利用・貯留(CCUS)とクリーンテクノロジー製造に対する投資税額控除を導入する。

https://www.baystreet.ca/articles/commodities.aspx?articleid=92636

 

(7) IEA report warns oil and gas companies against banking on carbon capture

二酸化炭素の回収と貯留は、カナダの石油・ガス部門の脱炭素化目標の重要な柱となっているが、国際エネルギー機関の新たな報告書は、地球温暖化が続く中、この技術に頼ることに対して警告している。

パリに本拠を置くIEAは木曜日に発表した報告書の中で、石油・ガス会社は「信じられないほど大量の」二酸化炭素回収が世界的な気候危機の解決策であるという「幻想を手放し」始める必要があると述べた。

https://www.mountainviewtoday.ca/alberta-news/iea-report-warns-oil-and-gas-companies-against-banking-on-carbon-capture-7873851

 

No.2068炭素回収・貯留とは?CCSを簡単に説明
No.2069住友商事の子会社が英国北海炭素貯留ライセンスに出資
No.2070エア・リキードとENEOSが日本における低炭素水素開発とエネルギー転換の加速に向けて提携
No.2071日本と韓国の共同水素・アンモニアイニシアチブに専門家が反応
No.2072エクソンモービルは、150億ドルの予算でインドネシアにグリーンペットケム製油所を建設する
No.2073UWがワイオミング州中南部で4番目のCarbonSAFEプロジェクトのリーダーに選ばれました
No.2074炭素回収技術がギガトン規模で機能できるという信念が巨大な賭けである理由
No.2075州がイノベーションを支援する中、BPのWA水素ハブに7000万ドルが流れます
No.2076エクソンモービルのCEO、反化石燃料ではなく建設的な気候変動政策を要請
No.2077世界がグリーン水素に本気、計画は2年で100倍超の規模に
No.2078西オーストラリア州のエネルギーの未来には、二酸化炭素の回収と貯留が含まれます – Bowen
No.2079オランダの工場から排出されるCO2をノルウェーの海底に貯留するヤラ
No.2080編集部より:CCUSのセンターステージ[GAS IN TRANSITION]
No.2081マレーシア沖での炭素回収・貯留プロジェクトが2028年までに開始
No.2082On、CO2ベースの衣料品の回収を開始
No.2083米国は、国の森林の下に二酸化炭素を貯留する計画を物議を醸しています
No.2084研究者は、菌根種が森林の植物と土壌の炭素をどのように調節するかを明らかにします
No.2085森林モデリングにより、どの収穫ローテーションが炭素隔離の最大化につながるかを示します
No.2086住友商事、英国のオリオン・カーボン・ストレージ・プロジェクトの権益を取得
No.2087これらの木製ブロックがどのようにして気候変動を阻止できるのか
No.2088アルバータ州大臣、連邦経済声明を受けて炭素回収税額控除の「遅れ」を宣言
No.2089Wolf Carbon Solutions はプロジェクトに「引き続きコミット」し、申請を再申請する予定
No.2090サントス、ADNOCとCCSに関する戦略的提携を確立
No.2091インタビュー: ほぼすべての外航船が CO2 運搬船になる可能性があります
No.2092サントスとAPAがMoombaで提携
No.2093二酸化炭素回収会社がベイエリア近くに施設を開設
No.2094オタワのトップダウン電力規制に対する理性的な反乱が生まれる
No.2095英国、クリーンエネルギー製造支援に9億6,000万ポンドを割り当てる
No.2096日揮HD、川崎汽船ら4社、マレーシアにおけるCCS事業化実現に向けて検討へ 基本契約を締結
No.2097ヤラ、国境を越えたCO2輸送・貯蔵協定に署名
No.2098BKV、Enlink がテキサス州の CCS 施設を立ち上げる
No.2099ダイアナ・シッピングがエコクロールとシノテックと協力してケープサイズばら積み貨物船の二酸化炭素回収システムを試験的に導入
No.2100なぜ中国は二酸化炭素排出公約の達成に自信を持っているのでしょうか?
No.2101COP28で注目すべき5つの重要な物語
No.2102サントス、低炭素燃料オプションの開発に着手
No.2103リベラル派、米国との競争を目的としたグリーン税額控除の詳細を約束
No.2104炭素価格契約保証のためにカナダ成長基金から 70 億ドルを留保
No.2105OSU の科学者による森林モデリングは、どの収穫輪作が炭素隔離に最も効果があるかを示しています
No.2106元テスラのエンジニアが気候変動テクノロジーのスタートアップ Sirona Technologies を立ち上げ、100 万ユーロ近くを調達
No.2107欧州議会はネットゼロ産業法に焦点を当て続けることができていない
No.2108カナダ、炭素回収技術に対する税額控除を発表
No.2109カタルーニャのグリーン水素施設がスペイン政府から1,400万ユーロの融資を受ける
No.21102025年に初のCO2国境越え輸送が期待
No.2111ティーサイドクラスターにおける大気炭素の直接回収を促進するための共同プロジェクト
No.2112サントスがAPAと提携
No.2113西オーストラリア州、CCUSハブの開発に280万ドルを投資
No.2114RINA AiP が CCS 向け Cosco Shipping Heavy Industry テクノロジーに
No.21152040年のネットゼロ排出目標
No.2116IEAの報告書が石油・ガス会社に炭素回収のバンキングに警告
No.2117新しい報告書では、2050年のCCUS需要を満たすには100の北海貯蔵施設が必要であることが判明
No.2118石油・ガス業界は気候変動の解決策として二酸化炭素回収を手放す必要があるとIEAが発表
No.2119スウェーデンの電解槽メーカーが中国市場に参入
No.2120資金提供により、地域社会が気候変動に対する回復力を高めることができる
No.2121二酸化炭素の回収と貯蔵の希望は、今のところ夢物語にすぎない
No.2122食卓を囲んでお金と価値観を結びつける
No.2123ビル・ゲイツは、遺伝子組み換え作物や家畜を使って気候変動と戦うことができると信じています。うまくいきますか?
No.2124ラフィジ氏はマレーシアがアセアンにおける二酸化炭素回収、利用、貯留活動のリーダーになることを望んでいる
No.2125カナダセメント協会が秋の連邦経済声明を受けて公式声明を発表
No.2126CCUSを大規模に展開するには「大変な努力」が必要だが、北海の石油・ガスインフラの再利用は欧州に恩恵をもたらす
No.2127中国の研究者が世界の黒土地域の有機炭素マップを発行
No.2128スイス、海底のCO2貯留を支持

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.11.17)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)The first commercial carbon-sucking facility in the US opens in Bay Area

このプラントは年間 1,000 トンの CO2 を除去することができます。 これは、大気中から二酸化炭素を回収し、正味ゼロを達成するという目標における、小さいながらも注目に値するマイルストーンです。

https://www.mercurynews.com/2023/11/10/the-first-commercial-carbon-sucking-facility-in-the-us-opens-in-california/

 

(2) KBR Secures FEED Contract for Liquid CO2 Terminal in Danish Port

KBRは、デンマークのオールボー港にある液体二酸化炭素(LCO2)受入ターミナルであるプロジェクトFyrkatのフロントエンドエンジニアリングデザイン(FFED)契約をFidelis New Energyから受注しました。

https://www.marinelink.com/news/kbr-secures-feed-contract-liquid-co-509380

 

(3) Air Products to build Europe’s largest blue hydrogen plant

Air Products は、オランダのロッテルダムにある既存の水素製造プラントに、最先端の炭素回収および二酸化炭素 (CO2) 処理施設を建設、所有、運営すると発表しました。この施設は2026年に稼働する予定で、その結果生まれた「ブルー」水素製品は、エアプロダクツの水素パイプラインネットワークシステムを介して、エクソンモービルのロッテルダム製油所と追加の顧客に供給されます。稼働すれば、欧州最大のブルー水素プラントとなります。

https://www.hazardexonthenet.net/article/202382/Air-Products-to-build-Europe-s-largest-blue-hydrogen-plant.aspx

 

(4) Biden-Harris Administration Invests $444 Million to Strengthen America’s Infrastructure for Permanent Safe Storage of Carbon Dioxide Pollution

バイデン大統領の対アメリカ投資計画の一環として 、米国エネルギー省 (DOE) は本日、国内の炭素管理産業を強化することで気候変動と戦う、12 州にわたる 16 の選ばれたプロジェクトを支援するために 4 億 4,400 万ドルを超える拠出を発表しました。

https://www.energy.gov/articles/biden-harris-administration-invests-444-million-strengthen-americas-infrastructure

 

(5) Indonesia Moves Ahead with CCS Talks with US Oil Majors, Eyes Petrochemical Project

インドネシアの国営エネルギー会社プルタミナと米国の石油大手エクソン・モービルとシェブロンは二酸化炭素回収施設への投資協議を進めており、エクソンは同国の石油化学プロジェクトに注目している。プルタミナとエクソンは、ジャワ海の2つの地下盆地を利用した二酸化炭素 回収 ・貯留(CCS)施設への20億ドルの投資について、さらなる評価を実施することで合意した、とプルタミナは火曜日の声明で述べた。

https://www.oedigital.com/news/509432-indonesia-moves-ahead-with-ccs-talks-with-us-oil-majors-eyes-petrochemical-project

 

(6) Japanese partners to work on LCO2 carrier design for CCS value chain

日本の商船三井(MOL)と関西電力(KEPCO)は、国内外の 造船所で液化CO 2運搬船の設計に関する実現可能性調査を実施するサービス契約を締結した。本サービス契約に基づき、両社は、液化CO2の海上輸送の実現に向けて、韓国電力が構築するCCSバリューチェーンに最適な船型の検討を実施します。

https://www.offshore-energy.biz/japanese-partners-to-work-on-lco2-carrier-design-for-ccs-value-chain/

 

(7) Australian oil & gas giant and Korean player join forces to decarbonize Asia with carbon capture and storage

オーストラリアのエネルギー大手サントスと韓国のエネルギー会社SK E&Sは、国境を越えた二酸化炭素回収・貯留(CCS)ソリューションにリソースをプールし、アジアの二酸化炭素排出量削減支援に取り組む国のリストのトップにオーストラリアを位置づけることを目指す。この目的を達成するため、覚書(MoU)が正式に締結され、G-11-APオフのCO2貯蔵許可が付与された後、ノーザンテリトリーのダーウィンでの低炭素ハブの開発を目指して両社が協力できるようになった。

https://www.offshore-energy.biz/australian-oil-gas-giant-and-korean-player-join-forces-to-decarbonize-asia-with-carbon-capture-and-storage/

 

(8) Air Liquide and ENEOS partner

エア・リキードと日本の大手エネルギー会社であるENEOS株式会社は、日本における低炭素水素開発の加速で協力し、エネルギー転換に貢献する覚書(MoU)を締結した。このパートナーシップは、ENEOSの日本における強力なエネルギーインフラと市場での存在感、ならびに生産、液化、輸送、貯蔵、流通から利用までの水素バリューチェーン全体にわたるエア・リキードの60年以上の専門知識を活用することを目的としています。

https://www.hydrocarbonengineering.com/the-environment/15112023/air-liquide-and-eneos-partner/

 

(9) Indonesia says Exxon Mobil plans to invest up to $15bn

米国の石油大手エクソン・モービルは、インドネシアの石油化学プロジェクトと二酸化炭素回収・貯蔵(CCS)施設に最大150億ドルを投資する計画であると、ジョコ・ウィドド大統領は昨夜の大統領宮殿の声明で述べた。

https://www.stabroeknews.com/2023/11/16/news/guyana/indonesia-says-exxon-mobil-plans-to-invest-up-to-15bn/

 

 

No.1998イタリアの巨人、エニとスナムが CCS イノベーションをリード
No.1999EU、COP28主催国UAEに気候基金への寄付を求める:報告書
No.2000EUのネットゼロ産業法の変更案が懸念を引き起こす
No.2001米国初の商業用炭素吸収施設がベイエリアにオープン
No.2002サミット・カーボン・ソリューション・パイプラインに関するアイオワ州公益事業委員会の公聴会が終了
No.2003三菱重工とエベロ、英国バイオマス発電所からCO2を回収・貯留するプロジェクトで技術提携
No.2004パイロット、CCSとアンモニア輸出でサムスンと重要な提携を締結
No.2005Oxy、オマーンの CCUS、EOR プロジェクトで OQGN と提携
No.2006KBR、デンマーク港の液体CO2ターミナルのFEED契約を確保
No.2007LETA が PACER テクノロジーに 380 万米ドルの資金を提供
No.2008危機に瀕するCCUS: ネットゼロへの重要な道筋が増大する脅威に直面
No.2009ホース・トレーディング:上院はペニー・ウォンの海洋投棄法案よりも、マット・キャナバンの再生可能エネルギー調査について隠蔽している
No.2010退職者が近隣住民を結集して複数の州の炭素パイプラインを停止させた方法
No.2011Cal Gas の幹部は水素がカーンのエネルギーの将来において重要な役割を果たすと見ている
No.2012二酸化炭素の回収、利用、隔離について知っておくべき 7 つのこと
No.2013Air Products、ヨーロッパ最大のブルー水素プラントを建設へ
No.2014森林局がNFS土地での炭素隔離を許可する規制改正を提案
No.2015森林はもっと多くの炭素を吸収できるかもしれないが、それは問題なのだろうか?
No.2016ビル・ゲイツが支援する新興企業、植物由来のレンガで炭素を1,000年間地下に貯蔵できる
No.2017Adnoc は、CCS の規模拡大準備が整ったと述べています
No.2018二酸化炭素回収の最適化: 熱を加えてリスクを軽減
No.2019ABB、鉄鋼の主要な脱炭素経路を調査し、イノベーションにスポットライトを当てる新しいレポートを発表
No.2020二酸化炭素濃度の上昇下でのコケの成長に関する洞察は、気候変動モデルに利益をもたらす可能性がある
No.2021バイデン・ハリス政権、二酸化炭素汚染物質の永続的安全保管のためのアメリカのインフラ強化に4億4,400万ドルを投資
No.2022インドネシア、石油化学プロジェクトに注目、米国石油メジャーとCCS交渉を進める
No.2023ポートフォリオを強化する 3 つの水素株
No.2024Element Materials Technologyは水素機能に投資
No.2025炭素回収農業の大きな瞬間
No.2026炭素を蓄えるオーク、シラカバ、ブナ、シナノキの混合林の頂上
No.2027二酸化炭素回収の茶番劇に終止符を打つ時が来た
No.2028Fugro、2027 年の戦略を更新、CCUS への拡大を計画
No.2029Aemetis、バイオ燃料、バイオガスプロジェクトの進捗状況を報告
No.2030ブラックロックは世界最大の直接空気回収プラントに5億5,000万ドルを投資
No.2031RK・シン労働組合大臣がIITF 2023で政府の取り組みを紹介するパワー・パビリオンを開設
No.2032ドイツ企業が英国の海洋炭素貯蔵ライセンスを取得
No.2033インドネシア、米国石油メジャーとのCCS交渉を前進、石油化学プロジェクトに注目
No.2034ロイズ社のカバーホルダーであるキタ氏がジェームス・ブラウン技術引受顧問に任命
No.2035森林はさらに多くの炭素を吸収する可能性がありますが、それは問題でしょうか?
No.2036日本のパートナーがCCSバリューチェーン向けのLCO2輸送船の設計に取り組む
No.2037オーストラリアの石油・ガス大手と韓国企業が二酸化炭素回収と貯留でアジアの脱炭素化に向けて提携
No.2038ウィンターシャル Dea、英国で 2 番目の二酸化炭素回収・貯留プロジェクトに参入
No.2039バージニア・エナジーが二酸化炭素貯留研究で4億4,400万ドルのシェアを獲得
No.2040COP28アル・ジャベル議長率いる石油会社ADNOCは、2030年までに自社が生産する炭素を回収するには340年かかる見通し
No.2041エア・リキードとENEOSのパートナー
No.2042Aker Carbon Capture が MAN Energy Solutions による実現可能性調査を受賞
No.2043Oxy Oman と OQ Gas Networks が覚書に署名
No.2044世界初の(ほぼ)ゼロエミッションのガスプラント、2027年まで延期
No.2045水素発電はオイルシェールより安くなる可能性がある
No.2046コミュニティ助成金は環境保護に役立ちます
No.2047大手ブランドは、2023 年の「森林を存続させる」スコアカードでほとんど進歩の兆しを示さない
No.2048英国の二酸化炭素回収政策の選択が化石ガスへの依存を深めている、と新たな研究が指摘
No.2049環境保護団体、バイオマスと二酸化炭素回収の純マイナス主張で英国政府を提訴
No.2050Air Company: 排出から資源への移行を促進
No.2051BKV、Enlink がテキサス州の CCS 施設を立ち上げる
No.2052ウィンターシャルが英国のポセイドンCCSの株式を取得
No.2053イタリアのスタートアップCarpeCarbon、170万ユーロの資金調達ラウンドを経てDACプラントを設計
No.2054Deep Sky と Equatic がカナダに二酸化炭素除去デモンストレーションユニットを導入
No.2055CO2を燃料や化学物質にリサイクルする気候変動スタートアップOCOchemが500万ドルを獲得
No.2056ベクスリー氏、自然保護区での二酸化炭素回収プラント計画に「激怒」
No.2057森林は気候変動との闘いにおいて大きな役割を果たしています
No.2058炭素隔離: ネットゼロ戦略の正味コスト
No.2059Advanced Tech Crete、バインダー削減フォーミュラの特許を申請中
No.2060インドネシアはエクソンモービルが最大150億ドルの投資を計画していると発表
No.2061Deep Sky、シリーズA資金調達で7,500万カナダドルを調達
No.2062承認を合理化するSA水素法が可決
No.2063フージャーステート vs. ディープステート
No.2064CapturePoint、Southwestern Energy Company から CENLA ハブへの CO2 供給を確保
No.2065海洋炭素回収による「海洋虐待」の次なるフロンティア
No.2066サラワク州は低炭素経済の達成に向けて強い立場にある
No.2067スティーブ・キング下院議員: アイオワ州 CO2 パイプラインとの戦い

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.11.10)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Equinor, Captura Develop Ocean Carbon Removal Technology

EquinorとCapturaは、ノルウェーのパイロットプラントを皮切りに、産業規模の海洋からの炭素除去を開発するために提携しています。両社は、海水から炭素を除去し、恒久的に貯蔵または再利用するCapturaの直接海洋回収(DOC)技術を拡大することを計画しています。Capturaによると、再生可能エネルギーを動力源とするプロセスは添加剤を必要とせず、副産物も発生しないため、低コストで環境に配慮したオプションとして広く採用されています。

https://www.environmentenergyleader.com/2023/11/equinor-captura-develop-ocean-carbon-removal-technology/

 

(2) ENEOS and SK Innovation collaborate for energy decarbonisation

齋藤武志社長が率いるENEOS株式会社と、キム・ジュン副会長兼CEOが率いる韓国のSKイノベーションは、エネルギー供給の安定化と脱炭素化に向けた合弁事業の検討に関する覚書(MoU)を締結しました。調印式は韓国の済州島西帰浦で行われ、両社の長年にわたるビジネス関係における重要な一歩となりました。

https://www.fuelsandlubes.com/eneos-and-sk-innovation-collaborate-for-energy-decarbonisation/

 

(3) Japan’s green transition bonds find ‘more open-minded’ investors

トランジションボンドは、重工業のネットゼロへの移行を支援するためのニッチな資金調達ツールとなっています。この市場は、世界初のソブリン移行債の発行を準備している日本政府によって、まもなく大きな後押しを受けるでしょう。

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Market-Spotlight/Japan-s-green-transition-bonds-find-more-open-minded-investors

 

(4) Here’s What We Know About Seaweed’s Ability to Capture Carbon

カーボンオフセット取引の世界では、昆布は大きな流行語です。黄金色で輝く特定の海藻は、大量の炭素を捕捉し、長期的にそれを詰め込む傾向があるように見えるため、投資家の注目を集めています。企業はすでに消費者に気候変動に配慮した資金を急いでいるため、多くの科学者は、急成長する業界への熱意が、昆布が実際に提供できるものよりも先を行っていることを懸念しています。

https://www.motherjones.com/environment/2023/11/seaweed-carbon-capture-sequestration-explainer/

 

(5) UK, Germany Agree Clean Energy Partnership

英国のエネルギー安全保障・ネットゼロ省(DESN)は、金曜日にウェブサイトに掲載された声明の中で、英国とドイツ政府間の新たなパートナーシップが合意されたことを発表しました。

https://www.rigzone.com/news/uk_germany_agree_clean_energy_partnership-06-nov-2023-174599-article/

 

(6) Significant update on Pathways Alliance project coming soon: MEG Energy CEO

Pathways Allianceプロジェクトは、今後数カ月以内に165億ドルの二酸化炭素回収・貯留プロジェクトに関する重要な最新情報を提供する予定です。

https://globalnews.ca/news/10076205/pathways-alliance-oilsands-carbon-capture/

 

(7) 英エベロ社と三菱重工、英国北西部バイオマス発電所からのCO2回収プロジェクトで技術提携

英国のバイオマス発電事業会社・エベロ社と三菱重工業株式会社は、英国のバイオマス発電所からCO2を回収・貯留するInBECCSプロジェクトで技術提携します。

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP664298_Z01C23A1000000/?au=13

 

(8) MHI Completes Delivery of Compact CO2 Capture System CO2MPACT to NGK Insulators

三菱重工業(株)は、昨年日本ガイシ(以下、日本ガイシ)から受注した小型CO2回収システムCO2MPACT™を9月に納入しました。このシステムは、愛知県名古屋市の日本ガイシ工場のセラミック焼成に用いるトンネルキルンに隣接して設置され、このたび商業運転を開始しました。

https://scoopasia.com/mhi-completes-delivery-of-compact-co2-capture-system-co2mpact-to-ngk-insulators/

 

(9) The First Commercial Carbon-Sucking Facility in the US Opens in California

スタートアップ企業、Heirloom Carbon Technologiesが建設したこの工場は、いわゆる直接空気回収(DAC)ハブもいくつか稼働する予定で、カリフォルニア州を新興の炭素除去産業の最前線に立たせています。木曜日に発表されたHeirloomの施設は、毎年1,000トンもの二酸化炭素を除去・貯留することができる。

https://finance.yahoo.com/news/first-commercial-carbon-sucking-facility-185505993.html?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly9nbG9iYWwuZmFjdGl2YS5jb20v&guce_referrer_sig=AQAAAN29lTee_IiZVjSpBiGEOsTH35UdM3i3R8kgw3oUOpwOKKB1RXGU5kxBc24bhm5kPZkPfwwNKZ3bmN3fuHGtRLvIGfdl1XB_g_6VVhjYJr9anJR8Q4uxVVeNRftHUwuraeo7vNJ09PXWNv0Woagcwv9KMjP45S9yMalX2FwBm1PE

 

 

No.1922クリーンエネルギーへの移行におけるリンデの中心的な役割
No.1923さらなる炭素回収の疑念;EVはまだプラグを差し込んでいます。詳細 (エネルギー転換 |今週のレビュー)
No.1924サウスダコタ州は1億ドルのプロジェクトを失う可能性があるとGevoのCEOは述べています
No.1925ルイジアナ州議会は、炭素回収の議論を再検討するように設定
No.1926Loam Bioがグローバル展開においてOrangeを優先する理由
No.1927オフショア規制当局の承認が破られ、待ち時間が膨れ上がる
No.1928第3回炭素除去専門家会合の概要
No.1929パイプライン反対派がサミット・カーボンの水の許可を阻止するために提訴
No.1930英国企業:水素は競争力を持つために3〜5ドル/キロでなければなりません
No.1931エクソンモービルが4億ドルでデンベリーの買収を完了
No.1932健康な世界のための化石燃料の段階的廃止:46,28万人の医療従事者がCOP28議長国に書簡を提出
No.1933ノースダコタ州のエタノール工場で炭素回収・貯留事業を開始
No.1934Equinor社とCaptura社が海洋炭素除去技術を開発
No.1935シェブロンは、アンゴラの低炭素の機会を探る
No.1936ヴァーツラフ・スミル、シェル・カナダの社長に炭素回収は「最も愚かな解決策」だと語る
No.1937コールドレイク近くの炭素回収場所がCLFNチーフを悩ませる
No.1938首都圏における炭素隔離の現状
No.1939USDA森林局は、国有林地での炭素回収と隔離の許可を促進するための規則を提案しています
No.1940追加のCO2パイプラインネットワークにより、エクソンモービルの低炭素事業は「収益性の高い成長」を実現
No.1941DOE職員:炭素回収は米国のネットゼロ目標の重要な要素です
No.1942今日知っておくべき5つのこと:衝突事故調査、グローバルブリッジ、コンコルディア・プロミス、資金調達ギャップ、炭素回収
No.1943エクソンモービルがデンベリーの買収を完了、低炭素化の推進に目を向ける
No.1944ノースダコタ州のエタノール工場で炭素回収・貯留事業を開始
No.1945鉄鋼分野での応用が期待されるCO2をCOに変換する新技術を開発
No.1946ENEOSとSKイノベーション、エネルギーの脱炭素化に向けて協業
No.1947ウェールズの農民は、排出量を削減するためのさらなる行動を警告しました
No.1948気候変動技術投資の現状
No.1949米国は、連邦政府の土地での炭素貯留を許可しようとしています
No.1950カリフォルニア・リソーシズ・コーポレーション(CRC)3年第2023四半期決算説明会の議事録
No.1951Classifier Milling Systemsの社長兼最高経営責任者(CEO)であるTodd Vanderhartが、30年以上にわたる変革的なリーダーシップの後、引退を発表
No.1952「ツチコリン・アルカリ・ケミカルズ、環境に配慮したソーダ灰製造の新ユニットを設立」
No.1953大気中からCO2を「スポンジ」するカリフォルニアのスタートアップ
No.1954鉄鋼生産は、新しいCO2-CO技術で環境への配慮を高めます
No.1955TNBとペトロナス、CCS技術提携
No.1956日本のグリーントランジションボンドは「よりオープンマインドな」投資家を見つける
No.1957海藻の炭素捕捉能力についてわかっていることは次のとおりです
No.1958EVENSOLが2つのRNG施設を完成
No.1959炭素回収セクターのコミュニティ参加のレトリックは現実と一致していない
No.1960ハーベストン、CO2圧入を開始
No.1961経産省/CCS事業化見据え制度的措置で方向性/貯留権創設へ、保安規制導入も
No.1962エアプロダクツは、欧州で「ブルー水素」プラントを建設・運営する。エクソンモービルと長期契約を締結
No.1963連邦政府の支援が高まっているにもかかわらず、二酸化炭素回収・貯留事業者は、中西部で許可に関する課題と地元の強い反対に直面しています
No.1964ブルーフリントエタノールでCO2注入を開始
No.1965エリクサー・エナジー、Originのデータシェア契約で100万ドルを受領
No.1966アリゾナ州で20MWの太陽光発電+エネルギー貯蔵プロジェクトが完了
No.1967水素と炭素回収のエネルギー技術は、規模を拡大する準備ができていますか?
No.1968CarbonNetプロジェクトのパイプラインが承認されました
No.1969UOB銀行がトランジション・ファイナンスを通じた信用供与と運転資金でバンチャック・グループのエネルギー転換を支援
No.1970持続可能な建築のための炭素回収・利用・貯留のスケールアップ
No.1971英国とドイツがクリーンエネルギーパートナーシップに合意
No.1972Antalisがカーボンオフセットプログラムを強化
No.1973法的な言説– マレーシアにおけるNETRとエネルギーの未来
No.1974景気後退と戦争恐怖の狭間で窮地に立たされた原油価格:Energy Aspectsの共同創業者アムリタ・セン氏
No.1975小型CO2回収システム「CO2MPAC納入完了」
No.1976炭素回収:技術的課題とグリーンウォッシングの懸念のはず
No.1977米国の天然ガスを欧州に輸送することが、C02汚染の助長にどのように役立ったか
No.1978近隣住民は、モーレパス湖の炭素回収プロジェクトの精査を強めるよう求めています
No.1979Pathways Allianceプロジェクトに関する重要な最新情報が近日公開予定:MEG EnergyのCEO
No.1980エアプロダクツ、欧州最大のブルー水素プラントを建設
No.1981アムステルダムを拠点とする気候テックスタートアップのSkytreeがEICアクセラレーターから250万ユーロを確保
No.1982CO2の「海底下貯留」商業化に向けた課題とは? 環境省が関連制度を見直しへ
No.1983USDAは、国有林地での炭素回収、隔離許可を提案しています
No.1984ハイデルベルグマテリアルズのネットゼロへの道のり
No.1985NEW ERA CLEANTECHがインド初の民間石炭ガス化プロジェクトに着手:インタビュー
No.1986AvnosがSouthern California Gas Companyと提携し、炭素回収パイロットを開始
No.1987炭素の回収、貯蔵、リサイクル:アイスランドのCCUSイニシアチブ
No.1988英エベロ社と三菱重工、英国北西部バイオマス発電所からのCO2回収プロジェクトで技術提携
No.1989GetechがCozairoと提携し、炭素回収・貯留ソリューションを提供
No.1990小型CO2回収装置CO2MPACTを日本ガイシに納入
No.1991ヒュンダイE&Cが新しい水素プラントの設計を完了
No.1992海草の減少が炭素貯留事業に課題を提起
No.1993オクシデンタル、ブラックロックがテキサス州のDAC施設に合弁会社を設立
No.1994米国初の商業用炭素吸引施設がカリフォルニア州に開設
No.1995北方林における山火事の主な原因として特定された雷は、炭素貯留を脅かしています
No.1996H2B2が北米最大のグリーン水素製造プラントを公開
No.1997プラスチック産業がグリーンになる方法とコスト

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.11.02)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

なお、11/3は祝日のため、11/2配信分は11/1までのニュースとし、11/2のニュースは次週配信に含めます。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)コスモ石油と商船三井、CCSバリューチェーン構築に向けた海上輸送などの調査・検討へ

コスモ石油と商船三井は、CCSバリューチェーン構築に向けた海上輸送などの調査・検討に関する覚書を締結した。両社は、コスモ石油が運営する製油所(以下、排出源)から排出されるCO2を対象に「分離・回収、輸送、圧入・貯留からなるCCSバリューチェーン」の構築で協業。以下の調査・検討を実施するという。

https://bizzine.jp/article/detail/9854h

 

(2) コスモエネルギーHDと東芝エネルギーシステムズ、CO2電解技術を用いるCCUの実現に向けた共同検討を開始

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:山田 茂)と東芝エネルギーシステムズ株式会社(代表取締役社長:四柳 端、以下「東芝 ESS」)は、CO2電解技術を用いてCO2を有価物に変換するCarbon dioxide Capture and Utilization(以下「CCU」)の実現に向けた共同検討について、本日、基本合意書を締結しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP663811_Q3A031C2000000/?au=0h

 

(3) 1PointFive and TD Announce One of the Finance Industry’s Largest Purchases of Direct Air Capture Carbon Removal Credits

炭素回収・利用・貯留企業である1PointFiveとTD Bank Group(TD)は本日、テキサス州で現在建設中の1PointFive初の直接空気回収(DAC)プラントであるSTRATOSから二酸化炭素除去(CDR)クレジットを購入すると発表しました。
契約条件に基づき、STRATOSの運用開始を条件として、TDセキュリティーズは4年間で27,500トンのDAC CDRクレジットを購入することに合意しました。

https://www.webwire.com/ViewPressRel.asp?aId=313411

 

(4) H2B2 Electrolysis Technologies Unveils SoHyCal, the First Operational Green Hydrogen Plant in North America

水素バリューチェーン全体にわたるグリーン水素エネルギー ソリューションの世界的な垂直統合プロバイダーであるH2B2 Electrolysis Technologies, Inc. (H2B2) は本日、現時点で北米で完全に再生可能エネルギーのみで稼働している最大のグリーン水素製造プラントである SoHyCal を発表しました。

https://www.hydrogenfuelnews.com/h2b2-electrolysis-technologies/8561434/?expand_article=1h

 

No.1874マリアム・アルムヘイリ氏が北極圏総会で基調講演を行う
No.1875米国の地域水素ハブがブリティッシュコロンビア州にとって何を意味するか
No.1876政府資金によるハブによる水素の進歩
No.1877米国穀物評議会がAmerican Carbon Allianceに参加
No.1878待機時間が562日まで膨れ上がり、オフショア規制当局の承認が混乱
No.1879リンデとエア・リキードの受注残が数十億ドル規模に拡大
No.1880コスモ石油と商船三井、CCSバリューチェーン構築に向けた海上輸送などの調査・検討へ
No.1881アイスランド、火山と地震の中でCO2を埋める計画
No.1882PTTEP が 2023 年の 9 か月間の業績を報告
No.1883倫理的な投資家: ASX 上場の Dotz Nano が数十億ドル規模の炭素市場を獲得する技術を開発
No.1884エクソンモービルの石油と天然ガス、ペルミアンとガイアナの生産量が増加、スマックオーバー社のリチウム潜在可能性が潜む
No.1885化石燃料の段階的廃止が止まらないだけでは十分ではない
No.1886グローバル・クリーン・エナジー・ホールディングス、3,000万ドルをかけてUSDAの試験運用でカメリナの測定と検証を実施
No.1887Circa Group、CO2回収プロセス用の2つの新しい溶媒の特許を申請
No.1888WCA理事長は産業界に今すぐ脱炭素化を呼びかける
No.1889Flowserve: 最もよく知られている石油とガスの循環的なエクスポージャー以上のものを提供します
No.1890炭素を回収して灰色の H2 をきれいな水素にできるでしょうか?
No.1891CCSのコスト、当面は水素発電より安く 審議会・近藤委員
No.1892二酸化炭素回収が再び議題に
No.1893ABBとインペリアルは20年間にわたる二酸化炭素回収協力に合意
No.1894インペリアル、RD プロジェクトの進捗状況、コプロセシング試験を発表
No.1895Calix は炭素の直接回収への関与を深めます
No.1896クロップフリー酒:CO2を「空気から作った」アルコールに再利用するスタートアップ企業を紹介
No.1897米国の新興企業、大気中のCO2を「スポンジ」化
No.1898コフマンエンジニア、新規雇用と水素燃料への取り組みで範囲を拡大
No.1899植物の多様性と気候条件にわたる土壌炭素貯蔵量の複雑な関係
No.1900重工業はその行為を一掃するために二酸化炭素回収に目を向ける
No.1901米国の上流合併活動が第 3 四半期にクルーズに参加
No.1902より環境に優しい産業の未来の基礎を教える
No.1903コスモエネルギーHDと東芝エネルギーシステムズ、CO2電解技術を用いるCCUの実現に向けた共同検討を開始
No.1904DNV、SBMオフショアと三菱重工業のFPSO向け二酸化炭素回収ソリューションに承認スタンプを付与
No.1905サンタクロースが私たちのエネルギー供給を横取りする
No.1906歴史的な補助金の後、水素大手は規制によって業界が抑制される可能性があると脅している
No.19072023 年英国エネルギー法 — ランドマーク法について知っておくべきこと
No.1908内部告発者、電力会社は失敗したクリーンコールプラントに与えられた連邦援助金3億8,200万ドルを返済すべきだと発言
No.1909テクノロジーと玄武岩の助けを借りて、太平洋岸北西部がどのようにして炭素回収ハブになれるのか
No.1910ABB は、デジタル ツイン テクノロジーに地下モデリングを追加することで CCS の進歩を推進します
No.1911Aker Carbon Capture はドイツで年間 400,000 トンの CO2 を回収する TES の研究を受賞
No.1912米国の一部の「クリーン」水素ハブが化石燃料である天然ガスの使用を計画している理由
No.1913新しい地図ベースの炭素会計システムはニューヨークのネットゼロ排出達成に役立つ可能性がある
No.1914DOE、米国の海洋CO2除去プロジェクトに3,600万ドルの資金提供を計画
No.19151PointFive と TD が、金融業界最大規模の直接大気回収炭素除去クレジットの購入を発表
No.1916海藻で炭素を捕捉する: 私たちが知っていること、知らないこと、そしてまったく確信が持てないこと
No.1917石油大手が世界最大の二酸化炭素回収プラントを静かに廃止し、数十億ドルを投資して新しいプラントを建設
No.1918H2B2 電解テクノロジーズ、北米初の稼働中のグリーン水素プラントである SoHyCal を発表
No.1919DNVとALグループ、コンテナ船、ばら積み貨物船の新造船でCCSを検討
No.1920デジタル化は脱炭素化に向けた重要なステップとみなされる
No.1921Groundwork bioag が炭素隔離プログラムを開始

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.10.27)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

 

(1)Navigator CO2 Ventures cancels carbon-capture pipeline project in U.S. Midwest

中西部のエタノールプラントから年間1500万メートルトンの二酸化炭素を回収し、恒久的に地下に貯蔵することを目的としたハートランドグリーンウェイパイプラインプロジェクトをキャンセルしたと、同社は金曜日に「予測不可能な」州の規制プロセスを引用して述べた

http://hydrocarbonprocessing.com/news/2023/10/navigator-co2-ventures-cancels-carbon-capture-pipeline-project-in-us-midwest/

 

(2) Porthos Makes FID on Netherlands’ First CCS Project

ロッテルダム港のCO2輸送ハブおよびオフショア貯蔵は、オランダで最初の主要な二酸化炭素輸送および貯蔵システムを開発するための最終投資決定を下しました。

炭素回収貯留(CCS)プロジェクトの費用は13億7000万ドル(13億ユーロ)と推定されています。プロジェクトの建設はロッテルダムで2024年に開始され、ポルトスシステムは2026年までに稼働する予定である。

https://www.rigzone.com/news/wire/porthos_makes_fid_on_netherlands_first_ccs_project-20-oct-2023-174412-article/

 

(3) コスモと東洋エンジニアリング、CO2からのメタノール直接合成へ共同検討を開始

コスモエネルギーホールディングスと東洋エンジニアリングは10月23日、触媒を利用したCO2からのメタノール直接合成に向けた共同検討に関する基本合意書を締結したことを発表した。

https://news.mynavi.jp/techplus/article/20231023-2799820/

 

(4) From Buildings To Ocean Water, Startups Are Finding More Places To Stow Carbon

炭素除去の分野で資金提供を受けたスタートアップを見ると、彼らは、今年だけで投資家から数億ドルをまとめて引き出した炭素除去に関するいくつかのビジネスモデルを説明しています。

https://news.crunchbase.com/clean-tech-and-energy/carbon-removal-storage-startup-funding-2023/

 

(5)Proman, Mitsubishi propose world-scale clean ammonia plant in Lake Charles

スイスに本拠を置くプロマンは、レイクチャールズに世界規模の超低炭素アンモニア施設を建設することを検討する契約を三菱商事と締結したと報じています。

https://www.businessreport.com/business/proman-mitsubishi-propose-world-scale-clean-ammonia-plant-in-lake-charles

 

 

No.1840水素ハブの成功には透明性の段階的な向上が必要
No.1841土地利用:より多くの食料を生産し、より多くの炭素を貯蔵する
No.1842植物の生物多様性の喪失は、草原における土壌炭素隔離を減らすことができる、と世界的な研究が示唆している
No.1843ナビゲーターCO2ベンチャーズが米国中西部での炭素回収パイプラインプロジェクトをキャンセル
No.1844ポルトスがオランダ初のCCSプロジェクトでFIDを実施
No.1845ナビゲーターは炭素パイプライン計画をキャンセルします
No.1846炭素回収は正味ゼロ電力の鍵となるが、連邦政府のタイムラインは厳しすぎる:レポート
No.1847英国の成長と気候目標を達成するための鍵となるインフラの改善
No.18487つの水素ハブがランドマークネットワークを立ち上げるために米国の資金で70億ドルを選んだ
No.1849ロッテルダム港産業向けのCO2貯留がゴーサインを出す
No.1850炭素貯留補償に関するインプットを受けている州
No.1851コロラド州の単一の機関が化石燃料とクリーンエネルギー生産の両方を監督できますか?
No.1852グリーンテクノロジーへの固執は、気候危機に立ち向かう能力を損なう
No.1853コスモと東洋エンジニアリング、CO2からのメタノール直接合成へ共同検討を開始
No.1854東欧での本格的なCCUSに向けた大きな一歩:ハイデルベルクマテリアルズがブルガリアで炭素回収パイロットを開始
No.1855AllseasがポルトスCCSプロジェクトの主要海底パイプラインの建設契約を獲得
No.1856地球科学評議会とSasolが南アフリカでCCUS研究を推進するために協力
No.1857マッコーリー:ルイジアナ州の将来を見据えた発電
No.1858HESC水素プロジェクトの部分
No.1859カーボンネットパイプライン関係者とのコンサルテーション
No.1860BPがジョンソン・マッセイの技術をブルー水素プロジェクトに採用
No.1861建物から海水まで、スタートアップは炭素を収納する場所を増やしています
No.1862LETAは、オーストラリアが開発したクリンカー炭素回収技術への600万ドルの支援を発表しました
No.1863LNGプラントのオペレーターは、炭素回収の調子を変えます
No.1864BBとインペリアルカレッジが炭素回収協力を拡大し、将来の労働力とエネルギー転換をサポート
No.1865シェブロンとエクソンの最新の化石燃料取引とグリーン支出の比較
No.1866グリーンメタノール:大型車両や輸送用の代替燃料?
No.1867オランダ初のCO2貯留プロジェクトでパイプライン契約を締結
No.1868ビル・ゲイツから教皇まで、炭素回収とその有効性についての話は社会を分断しています
No.1869炭素回収を改善するためのハイテク材料
No.1870NTPCインクMoAとEILフォーグリーン燃料およびグリーン肥料– EQ
No.1871米国エネルギー省は、海洋炭素回収研究に3600万ドルを費やしています
No.1872プロマンと三菱、レイクチャールズに世界規模のクリーンアンモニアプラントを提案
No.1873住友商事はカルガリーカーボンハブへの投資に目を付ける

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.10.20)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本ページに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

(1)Biden to announce regional hydrogen hubs in hopes of sparking a clean-energy revolution

ジョー・バイデン大統領は金曜日に、石油、ガス、石炭などの化石燃料よりもクリーンな燃料であるが、再生可能エネルギー、原子力、または地球温暖化メタンガスから得られる水素を製造するための7つの地域ハブの場所を発表します。

https://nbc-2.com/news/2023/10/13/biden-to-announce-regional-hydrogen-hubs-in-hopes-of-sparking-a-clean-energy-revolution/

 

(2) Younger trees champion carbon capture

大気中の二酸化炭素を吸収して貯蔵する能力のおかげで、森林は気候変動との闘いにおける重要なツールとして長い間認識されてきましたが、すべての森林が同じというわけではありません。ESAのSMOS衛星ミッションのデータに基づく新しい研究では、驚くべきことに、若い木が炭素回収のチャンピオンであることがわかりました。

https://www.esa.int/Applications/Observing_the_Earth/FutureEO/SMOS/Younger_trees_champion_carbon_capture

 

(3) 関電とコスモエネHD、CCS設備を共同検討/大阪・堺泉北エリアで

関西電力とコスモエネルギーホールディングス(HD)は13日、大阪府の堺泉北エリアでCCS(二酸化炭素回収・貯留)バリューチェーン構築に向けた共同検討を開始したと発表した。両社でCCSに関する液化・貯蔵・出荷設備を共同検討し、より大規模で効率の良い設備の設計を目指す。

https://www.denkishimbun.com/archives/322622

 

(4) Assessing how marine organisms capture carbon

海洋生物が海洋に大量の二酸化炭素を貯蔵することにどのように貢献しているかを調査する3つの野心的なプロジェクトに新たな資金提供が与えられました。

https://thefishsite.com/articles/assessing-how-marine-organisms-capture-carbon

 

(5) One Step Ahead – Clean Ammonia Production Planned At Leading Deepwater Ammonia Terminal

輸出市場をターゲットにした大規模な低炭素アンモニア生産施設の建設を計画している場合は、湾岸の主要な深海アンモニアターミナルの横に設置してみませんか?これは、INPEX株式会社、LSBインダストリーズ、エア・リキード、ボパック・モーダ・ヒューストン(最近アンモニアターミナルを開発したロイヤルボパックとモーダ・ミッドストリームの最後の合弁会社)が、ヒューストン船舶海峡沿いに計画されている年間110万トン(1.1MMtpa)のクリーンアンモニア製造プラントの開発に協力している理由を説明するのに役立ちます。

https://rbnenergy.com/one-step-ahead-clean-ammonia-production-planned-at-leading-deepwater-ammonia-terminal

 

(6) BASF Produces Metal-Organic Frameworks For Commercial Scale Carbon Capture

BASFは、年間数百トンの生産規模で有機金属フレームワーク(MOF)を生産したと発表した。 MOF は、ナノメートルサイズの細孔と大きな表面積を備えた高度に結晶性の構造です。 この構造は、二酸化炭素 (CO2) の貯蔵、室内環境制御のための空気の除湿、および温室効果ガス メタンの吸着に高い能力を提供します。 BASF は、MOF のスケールアップと生産に関する専門知識を開発しており、顧客のニーズと仕様に合わせて MOF を調整でき、さまざまな用途や業界向けにカスタマイズされた MOF を生産する能力を備えています。

https://www.pcimag.com/articles/111843-basf-produces-metal-organic-frameworks-for-commercial-scale-carbon-capture

 

(7) コスモエネルギーHDと積水化学、ケミカルルーピング反応技術を用いたCCUに向けた共同検討を開始

コスモエネルギーホールディングス株式会社と積水化学工業株式会社は、積水化学が持つ二酸化炭素(CO2)を一酸化炭素(CO)へ高効率で変換する技術を用いたCO2有価物変換に向けた共同検討について基本合意書を10月18日に締結したことをお知らせいたします。

https://www.nikkei.com/article/DGXZRSP663386_Y3A011C2000000/?au=0

 

(8) Eni, UK Reach Agreement on Terms for CCS Project

イタリアのEniは火曜日、同国で開発中の二酸化炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトの1つにおいてサービスを提供するための重要な条件について英国政府と合意に達したと発表した。Eni は、英国HyNet North Westコンソーシアムの二酸化炭素 (CO2) 輸送および貯蔵事業者です。このコンソーシアムは、英国で最もエネルギー集約的な工業地区の 1 つを、CCS によって低炭素産業クラスターに変えることを目指しています。

https://www.oedigital.com/news/508816-uk-italy-s-eni-agree-carbon-capture-project-rules

 

(9) US announces regional hydrogen hubs to help kickstart $47 billion in national H2 investment

米国は地域の水素ハブを設立する計画を発表し、水素分野に 470 億ドルを投資するという約束において重要な一歩を踏み出しました。これらのハブは、水素技術の研究、開発、展開の中心として機能し、産官学間の連携を促進します。この取り組みは、水素経済の成長を加速し、米国が気候目標を達成し、持続可能なエネルギーの未来に向けて移行できるようにすることを目的としています。イノベーションとコラボレーションを促進することで、これらのハブは水素の製造、貯蔵、利用技術の進歩において重要な役割を果たし、最終的には温室効果ガスの排出を削減し、よりクリーンなエネルギー環境をサポートします。

https://www.eqmagpro.com/us-announces-regional-hydrogen-hubs-to-help-kickstart-47-billion-in-national-h2-investment-eq/

 

(10) Netherlands’ First Major CO2 Transport & Storage System Set for 2026 Launch

オランダの主要な炭素輸送・貯蔵プロジェクトであるポルトスへの最終投資決定が下されました。Porthos は、EBN、Gasunie、ロッテルダム港管理局のジョイント ベンチャーです。ポルトスはロッテルダム港でエア・リキード、エア・プロダクツ、エクソンモービル、シェルなど数社に輸送・保管サービスを提供する。これらの企業は、ポルトスに CO2 を供給するための独自の回収設備に投資する予定です。ポルトスは、ロッテルダム港を通って海岸から約20キロメートル離れた北海の枯渇したガス田までCO2を輸送し、海底下3〜4キロメートルの深さに永久貯蔵する予定だ。

https://www.oedigital.com/news/508837-netherlands-first-major-co2-transport-storage-system-set-for-2026-launch

 

(11) Heidelberg Materials start on carbon capture pilot in Bulgaria

デヴニャにあるハイデルベルクマテリアルズのセメント工場でのパイロット炭素回収設備の建設開始が、ブルガリアのイノベーション成長大臣であるミレーナストイチェヴァとハイデルベルクマテリアルズと地域社会の代表者の前で祝われました。ANRAV.betaユニットは、2023年初頭に発表されたブルガリアでの同社の大規模なANRAVプロジェクトの実施における重要な次のステップです。東ヨーロッパで最初のフルチェーンCCUSプロジェクトとして、ANRAVは最終的に炭素回収、輸送、地質貯留、および利用をカバーします。

https://www.agg-net.com/news/heidelberg-materials-start-on-carbon-capture-pilot-in-bulgaria

 

(12) Proman, Mitsubishi sign MoU to develop ultra low-carbon ammonia plant in USA

プロマンは、ルイジアナ州レイクチャールズに世界規模の超低炭素アンモニア施設の建設を検討するため、三菱商事と覚書を締結した。提案されているプラ​​ントは、炭素回収および隔離技術を組み込むことにより、約 120 万 ton/年 のクリーンなアンモニアを生産します。

https://www.worldfertilizer.com/project-news/19102023/proman-mitsubishi-sign-mou-to-develop-ultra-low-carbon-ammonia-plant-in-usa/

 

No.1776バイデン・ハリス政権がクリーン水素ハブに70億ドルを約束
No.1777バイデン氏、クリーンエネルギー革命のきっかけを期待して地域の水素ハブを発表へ
No.1778オイルサンドは電池メーカーが得ている資金の「一部」で脱炭素化できるとセノバス議長が語る
No.1779インドがグリーン水素生産のために石炭と褐炭鉱山をどのように活用できるか
No.1780水素ハブには厳格な基準、透明性、コミュニティからの意見が不可欠
No.1781二酸化炭素回収の強力な武装に対するソリューション
No.1782EU は LULUCF、BECCS、産業用 CCS、DACCS からどの程度の炭素回収を必要としていますか?
No.1783EUの炭素管理会計フレームワークの拡大
No.1784WoodMac: 二酸化炭素回収を加速させ、2050 年までに実質ゼロを達成するには迅速な行動が必要
No.1785若い木は二酸化炭素回収を勝ち取る
No.1786ウェストバージニア州が水素ハブの可能性を解き放つ中、マンチン氏はさらなる詳細はこれからだと言う
No.1787フージャーのリーダーらは水素ハブ賞を祝うが、他の者は慎重
No.1788パシフィック NW が「クリーン水素ハブ」のために連邦政府から 10 億ドルを獲得。さてどうなるでしょうか?
No.1789カナダが二酸化炭素回収を模索中、専門家が健康リスクを警告
No.1790関電とコスモエネHD、CCS設備を共同検討/大阪・堺泉北エリアで
No.1791海洋生物がどのように炭素を捕捉するかを評価する
No.1792インソン・プロダクションズ、アンゴラ向け FPSO 向けの CSS ソリューションを構築
No.1793三菱重工・三菱重工エンジン&ターボチャージャ・三菱重工冷熱、回収後CO2の液化共同実証試験を開始
No.1794炭素隔離 — さまざまなオプションの詳細
No.1795Lhyfe、ドイツ最大のグリーン水素プラントを立ち上げ
No.1796Eniと英国、世界初の資産ベースの規制CCSビジネスモデルに関する「条件の要点」に合意
No.1797連邦当局が最初の7つのクリーン水素ハブの選択肢を発表
No.1798代替微細藻類ベースのバイオ製品の高度な製造
No.1799米国が水素目標に向けて大きな一歩を踏み出す
No.1800Suncor CEO、脱炭素化に取り組む同社がグリーンウォッシングで告発されると発言
No.1801一歩前進 – 大手深水アンモニア基地でクリーンなアンモニア生産が計画
No.1802三菱重工グループ、CCUSの適用拡大に向けたCO2ハンドリングにおけるCO2液化の共同実証試験を開始
No.1803カリフォルニアが国家水素ハブに選ばれる
No.180480億ドルの水素ハブにより、トラック輸送における化石燃料の使用が一部削減される可能性がある
No.1805アジアの銀行はケミカルリサイクルに慎重
No.1806ハンファ/E&C、廃ガスからの水素製造でユーティリティ・グローバルと提携
No.1807BASF、商業規模の炭素回収のための有機金属フレームワークを製造
No.1808英国の沖合油井廃炉事業会社が新たな任命でCCUSと地熱プロジェクトに注目
No.1809市議会、スーシティの炭素パイプライン決議案の決定を延期
No.1810CCSのビジネスモデル
No.1811アーカーは CO2 回収研究に関して 2 件の契約を締結
No.1812コスモエネルギーHDと積水化学、ケミカルルーピング反応技術を用いたCCUに向けた共同検討を開始
No.1813英国とイタリアのEniが二酸化炭素回収プロジェクトのルールに合意
No.1814リンデ・リエンファ、台湾の水素課題を克服
No.1815スーザン・A・エラーブッシュ氏がCF Industries Holdings, Inc.の取締役に選出
No.1816この連邦機関は有害な CO2 パイプラインをどのように規制しているか
No.1817米国、470億ドルの国家水素投資の活性化を支援する地域水素ハブを発表
No.1818まだ死んではいない – Petra Nova 再起動は二酸化炭素回収技術の興味深いテストケースを提供する
No.1819フューリー首相、炭素回収、利用、貯蔵の新たなイノベーションチャレンジを開始
No.1820アマゾン、エクソンモービル、EQT が水素ハブの資金を獲得する企業に参入
No.1821HDヒュンダイ、韓国最大規模のCCSプロジェクト向けオフショアプラットフォームを構築へ
No.1822Svante と Storegga が協力して世界規模の商業規模の炭素回収、利用、貯留プロジェクトを実施
No.1823英国の廃止措置会社がCCUSプロジェクトに目を向ける
No.1824米国の70億ドルの投資から11 名が当選「クリーンな水素」
No.1825「衰えることなく」いかにして気候変動交渉に忍び込んだのか
No.1826オランダ初の大型CO2輸送・貯蔵システムが2026年に稼働予定
No.1827Aker BP、OMV、ノルウェー沖のCO2貯蔵ライセンスに関する3D地震調査を完了
No.1828ESAのバイオマス・アース・エクスプローラー衛星が見た、若い木が炭素回収に貢献
No.1829最初の研究者らは16億ドルの商業化推進のために明らかにした
No.1830インソン、FPSO Agogo の Azure Energy パイロット CCS プラント
No.1831ハイデルベルグ マテリアルズがブルガリアで二酸化炭素回収試験を開始
No.1832米国、大型トラックの燃料電池化を支援する水素ハブを決定
No.1833二酸化炭素を回収する?CCSやCCUSの仕組み
No.1834二酸化炭素回収は電力ネットゼロの鍵だが、連邦政府のスケジュールは厳しすぎる
No.1835タルテック教授、新しいオイルシェールプラントを遅滞なく建設することを推奨
No.1836グリーン水素: クリーン エネルギーの次のフロンティア
No.1837プロマンと三菱が米国で超低炭素アンモニアプラントを開発する覚書を締結
No.1838Aker Carbon Capture がフランスの大手廃棄物発電事業者による実現可能性調査を受注
No.1839欧州における CCS 導入の中心となる Just Transition

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.10.13)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本ページに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

(1)Essar Oil UK chooses Mitsubishi for carbon capture project

Essar Oil UK(EOUK)は、スタンローに間もなく設置されるEET産業用炭素回収施設の技術ライセンサーとして三菱重工業(MHI)を選択しました。

https://www.futurenetzero.com/2023/10/06/essar-oil-uk-chooses-mitsubishi-for-carbon-capture-project/

 

(2)PETRONAS teams up with JOGMEC and METI on CO2 transport and storage

マレーシアの国営エネルギー大手ペトロナスは、独立行政法人金属・エネルギー安全保障機構(JOGMEC)、経済産業省(METI)と国境を越えたCO2輸送・貯留に関する協力覚書(MOC)を締結しました。

https://www.offshore-energy.biz/petronas-teams-up-with-jogmec-and-meti-on-co2-transport-and-storage/

 

(3)Younger trees champion carbon capture

大気中の二酸化炭素を吸収して貯蔵する能力のおかげで、森林は気候変動との闘いにおける重要なツールとして長い間認識されてきましたが、すべての森林が同じというわけではありません。ESAのSMOS衛星ミッションのデータに基づく新しい研究では、驚くべきことに、若い木が炭素回収のチャンピオンであることがわかりました。

https://www.esa.int/Applications/Observing_the_Earth/FutureEO/SMOS/Younger_trees_champion_carbon_capture

 

(4)Aviva and WWF team up for saltmarsh research

アビバとWWF(世界自然保護基金)は、気候変動との戦いと大気からの炭素排出の除去において英国の塩湿地の生息地が果たす役割に関する研究プロジェクトを開始しました。塩湿地研究プラットフォームは、科学者が英国の塩湿地の炭素貯蔵と隔離の可能性を評価するのに役立ちます。

https://esgclarity.com/aviva-and-wwf-team-up-for-saltmarsh-research/

 

(5)JCOAL and Kawasaki Heavy Industries Collaborate With UW’s SER on Major Project

カーボンフロンティア機構(JCOAL)とパートナーである川崎重工業 (KHI)は、固体吸着剤の建設完了を記念して10月9日に式典を開催しました ワイオミング統合テストセンター(ITC)でテクノロジーをキャプチャします。

https://www.uwyo.edu/news/2023/10/jcoal-and-kawasaki-heavy-industries-collaborate-with-uws-ser-on-major-project.html

 

(6)BASF becomes First Company to Successfully Produce Metal-organic Frameworks on A Commercial Scale for Carbon Capture

•カナダのテクノロジープロバイダーであるSvante Technologies Inc.の生産スケールアップが成功裏に完了しました。
•MOFは、スバンテ独自の炭素回収技術に適用されます。
•BASFは、複数の拠点でカスタマイズされたMOFを生産する能力を有しています。

https://www.newswiretoday.com/news/180872/

 

(7)easyJet Partners with Airbus on Carbon-Removal Initiative

イージージェットは、エアバスの炭素回収オファーの一環として、エアバスの新しい炭素除去イニシアチブについてエアバスと契約を結んだ世界初の航空会社になりました。このイニシアチブは、ダイレクトエアカーボン回収貯留(DACCS)テクノロジーを活用し、世界の航空会社に脱炭素化の願望を促進するための炭素除去クレジットを提供します。

https://www.aviationtoday.com/2023/10/10/easyjet-partners-with-airbus-on-carbon-removal-initiative/

 

(8)MHI Invests in Syzygy Plasmonics to Advance Hydrogen Production and CO2 Utilization

東京, 11年2023月2日 – ( JCN Newswire ) – 三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)は本日、テキサス州ヒューストンに本社を置き、水素製造およびCO2利用ソリューション用の光触媒技術を開発するスタートアップ企業であるSyzygy Plasmonics, Inc.(Syzygy)に出資したと発表しました。この投資は、三菱重工業アメリカ社(MHIA)を通じて実行されました。

https://www.jcnnewswire.com/pressrelease/86971/3/

 

No.1717BPの「エンデュランス」CCSプロジェクトがリース契約で青信号を受け取る
No.1718サムスンは炭素回収契約でスバンテと提携
No.1719フルアー、シュルンベルジェ、ハネウェル、およびAkerソリューションズがMarketsandMarkets 360 quadrantによって2023年世界のCCUS企業トップ17のリーダーとして認められました
No.1720英国の石油・ガス規制当局が排出削減の懸念を指摘
No.1721Essar Oil UKは、スタンローのEET産業用炭素回収施設の技術ライセンサーとして三菱重工業を選択しました
No.1722£52mの資金調達は、イングランド北部のネットゼロを後押しします
No.1723ダコタスのエタノール生産者が炭素グループに参加
No.1724編集者への手紙:炭素回収は時間とエネルギーの無駄です
No.1725bpのArchaea Energyが大きなマイルストーンを達成し、この種の再生可能天然ガスプラントの最初のオンライン化
No.1726リンデ、2023年第3四半期の決算と電話会議のスケジュールを発表
No.17272023年9月の炭素回収アップデート:中東およびアフリカ向けの新しいCCUSプロジェクトが発表されました
No.1728ダラスのグレイロックがカーボンサイクルの炭素回収および隔離プラットフォームに最大100億ドルを投資
No.1729ADNOC、オクシデンタルがUAEでDACプロジェクトを推進
No.1730SKが韓国の炭素回収パイロットプラント建設で提携
No.1731ペトロファックバッグ ADNOC CCUS プロジェクトのための $615MM EPC 契約
No.1732需要の増加:炭素回収・利用・貯留(CCUS)の商業化
No.1733ペトロナス、JOGMECおよび経済産業省とCO2の輸送・貯留で提携
No.1734若い木は炭素回収のチャンピオンです
No.1735リードを固める:ネットゼロ移行におけるセメント業界
No.1736ノースダコタ州の規制当局は、プロジェクトツンドラのためにより多くのCO2貯蔵スペースを承認します
No.1737ガイアナと産業低炭素開発の機会
No.1738CCUSによる水素製造
No.1739バングラデシュのエネルギーマスタープランの多くの穴
No.1740デジタル専用:クローニング設計により、炭素回収のためのプラグアンドプレイアプローチを提供
No.1741オレゴン州でクリーンな水素製造探査を開始
No.1742水素の流れ:インドとサウジアラビアが水素協定に署名
No.1743より大きな地位を獲得するための新興の電力技術
No.1744炭素回収の未来を形作るオーストラリアのアグテックスタートアップ
No.1745植林地は私たちの炭素汚染を相殺しようとします。ここに問題があります。
No.1746アビバとWWF、塩湿地研究で協力
No.1747イージージェットがエアバスと提携して大気中のCO2を回収
No.1748二酸化炭素パイプラインの計画は、中西部の小さな町の対応者に安全上の懸念を引き起こします
No.1749アメリカのパイプラインは起こるのを待っている災害です
No.1750サウジアラビアの石油大手アラムコが大気中のCO2を吸い出すパイロットプロジェクトを発表、一部の科学者は懐疑的です
No.1751エイカー・カーボン・キャプチャーを最高財務責任者に任命
No.17522次元材料は将来の炭素回収技術の鍵を握る
No.1753EUネットゼロ産業法へのCCUとCCSの組み込みの推進が勢いを増す
No.1754ウッドマッケンジーがレンズカーボンを発売
No.1755ドイツのネットゼロの野望
No.1756JCOALと川崎重工業がUWのSERと大型プロジェクトで協業
No.1757レポート:造船所の能力不足は脱炭素化の改造に影響を与える可能性があります
No.1758OXY株:大きなアップサイドの可能性を秘めたバフェットピック
No.1759BASF、炭素回収のための商業規模での有機金属フレームワークの製造に成功した最初の企業に
No.1760Topsoeとアラムコ、新しい低炭素H2水素製造を実証
No.1761イージージェットがエアバスと炭素除去イニシアチブで提携
No.1762DACの次は何ですか?
No.1763ハンツマンがミラロンカーボンナノチューブ材料のパイロットプラントを発表
No.1764水素ハブを構築するために数十億ドルを競う州—彼らは本当にグリーンでしょうか?
No.1765ナビゲーターCO2は、イリノイ州で物議を醸している1,400マイルの炭素パイプラインの一部を建設するための申請を取り下げます
No.1766三菱重工、水素製造とCO2利用を推進するため、Syzygyプラズモニクスに投資
No.1767基調講演2023 National Carbon Capture Conference & ExpoへのBuis
No.1768POETバイオプロダクツセンターがサウスダコタ州にグランドオープン
No.1769スポンジのような「ナノ材料」は温室効果ガスを食い尽くすことができますか?カリフォルニア州立LAが調べます
No.1770国連の炭素市場はCCUSの「基準」を設定する可能性があります
No.1771ニッキー・ヘイリー&気候政策
No.1772マレーシアが日本とのCO2輸送パートナーシップに注目
No.1773エッサーオイルUKが三菱重工と炭素回収プロジェクトで提携
No.1774全米量子コンピューティング協会がバンクーバーのリーダーシップを期待

 

 

カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2023.10.06)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

ぜひ、社内に展開してご活用ください。

 

主要なニュースは今週のトピックスとして本ページに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連が深いと思われる記事やその他、事務局が注目した記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、ニュース配信に対するご意見などもお寄せ頂ければ幸いです。

 

<今週のトピック>(メディアで重複して配信されたニュースや事務局が注目したニュースを記載します)

(1)Bhilai Steel Plant and Ramcharan have joined forces to establish a joint venture focused on carbon capture initiatives – EQ

チェンナイに本社を置くラムチャラン・カンパニーは木曜日、温室効果ガス排出量を完全に管理するためにビライ製鉄所(BSP)と提携し、残留物を残さずにビライ製鉄所向けの付加価値製品と燃料に転換した。これにより、ラムチャラン社からの設備投資として 6,000 億ルピーが投資されることになります。

https://www.eqmagpro.com/bhilai-steel-plant-and-ramcharan-have-joined-forces-to-establish-a-joint-venture-focused-on-carbon-capture-initiatives-eq/

 

(2)DOE Announces $264 Million for Basic Research in Support of Energy Earthshots™

米国エネルギー省 (DOE) は本日、DOE の Energy Earthshots™ イニシアチブの根底にある科学的課題の解決策を開発するための 29 プロジェクトに 2 億 6,400 万ドルの資金提供を発表しました。

https://www.newswise.com/articles/doe-announces-264-million-for-basic-research-in-support-of-energy-earthshots

 

(3)Yamaha, Georgia Southern Launch Oyster Conservation, Carbon Sequestration Project

ヤマハ・ライトウォーターズとジョージア・サザン大学​​(GSU)は、カキ層の修復とジョージア州沖の炭素埋没の可能性を評価するための保全プロジェクトを開始した。ヤマハ・ライトウォーターズは、ヤマハ・マリンの保全と水質の取り組みのための国家持続可能性プログラムであり、GSUの生息地回復の取り組みと、ジョージア州のカキ礁の炭素隔離の可能性を判断するために使用されるデータ収集に資金を提供する。このプロジェクトでは、約6トンのカキ殻を2か所に設置し、新たな在来種の東部カキの成長を促進する予定だ。

https://www.environmentenergyleader.com/2023/10/yamaha-georgia-southern-launch-oyster-conservation-carbon-sequestration-project/

 

(4)DOE Announces $264 Million for Basic Research in Support of Energy Earthshots

11の新しい国立研究室主導エネルギーアースショット研究センターと18の大学プロジェクトが、2050年までのネットゼロカーボンの達成と気候危機の解決に向けた厳しい科学的課題に取り組む。米国エネルギー省(DOE)は本日(9月29日)、DOEのエネルギー・アースショット・イニシアチブの根底にある科学的課題の解決策を開発するための29のプロジェクトに2億6,400万ドルの資金提供を発表した 。

https://electricenergyonline.com/article/energy/category/climate-change/82/1042943/doe-announces-264-million-for-basic-research-in-support-of-energy-earthshots.html

 

(5)Energy and chemical leaders partner on low-carbon ammonia project

株式会社INPEX、エア・リキードグループ、LSBインダストリーズ株式会社、Vopak Moda Houston LLCは、ヒューストン港における大規模低炭素アンモニア生産・輸出プロジェクトの開発において、概念設計で協力することに合意しました。

https://www.hydrocarbonengineering.com/petrochemicals/03102023/energy-and-chemical-leaders-partner-on-low-carbon-ammonia-project/

 

(6)Pulling Carbon Dioxide Right Out of the Air

研究者は、湿度を動力源とする技術を使用して、低エネルギー炭素隔離を促進するいくつかの新しいイオンを発見しました。

https://www.enn.com/articles/73420-pulling-carbon-dioxide-right-out-of-the-air

 

(7)From Fuel Cells to Feedstocks: A Guide to Hydrogen Applications

エネルギーと産業の展望が変革的な変化を経験するにつれて、水素経済は持続可能な成長の入り口に立っています。

https://www.idtechex.com/en/research-article/from-fuel-cells-to-feedstocks-a-guide-to-hydrogen-applications/29933

 

(8)Capturing coal’s carbon can ease pain of India’s energy transition

再生可能エネルギーを追求する一方で、インドは移行のペースを緩和し、市民を保護するために、石炭火力発電所の炭素回収技術に投資するのは正しいことです。

https://www.climatechangenews.com/2023/10/05/carbon-capture-tech-can-ease-indias-energy-transition/

 

No.1649Navigator CO2 Ventures、アイオワ州での許可手続きの一時停止を求める
No.1650ハネウェルとSK E&S、炭素回収技術で提携
No.1651ミッドランド盆地のマイルストーン・カーボン・アイズ CO2 隔離ハブ
No.1652クリーンな電気の規制は調整可能だが、アルバータ州には特別な取り決めはない:ギルボー
No.16534社がノルウェー沖のCO2貯留場を申請
No.1654ビライ製鉄所とラムチャランは二酸化炭素回収イニシアチブに焦点を当てた合弁会社を設立するために提携 – EQ
No.1655ノッティンガムのエンジニアが画期的な二酸化炭素回収プロジェクトに参加
No.1656DOE、エネルギー Earthshots™ 支援の基礎研究に 2 億 6,400 万ドルを発表
No.1657LSUのエネルギー研究センター所長が下院小委員会で語った内容
No.1658FRBが低炭素税額控除を発表してから1年、投資家は依然として詳細を待っている
No.1659主要汚染者が党大会で二酸化炭素回収を「ばかげている」と主張
No.1660斬新なアプローチにより、大気から CO2 を経済的に分離する道が開かれる
No.1661米国の水素に対する巨額の補助金は、歪んだインセンティブを生み出し、排出量を増加させる可能性があるだろうか?
No.1662MNZクラスターがピーククラスターと覚書を締結
No.1663ADNOC が脱炭素化の進捗状況を語る
No.1664スコットランド企業がアブダビのADIPECで世界をリードするエネルギー転換イノベーションを披露予定
No.1665活動主義と科学のバランスを保ちながら、ウィッツ教授は気候危機の解決策としてカーボン・オフセットに反対の声をあげる
No.1666CalFireは、プラマス郡のプロジェクトを含む、森林の森林景観を永久に保護するために資金提供されたプロジェクトを発表
No.1667助成金郡はパイプラインのローカル管理に慎重
No.1668二酸化炭素回収: 次の大きなことは何ですか?
No.1669二酸化炭素回収ソリューションとして宣伝されたパイプラインが不確実性と反対を引き起こす
No.1670Navigator CO2 Ventures、アイオワ州に CCS パイプライン許可プロセスの一時停止を要請
No.1671CO2パイプライン第2ラウンドに向けて地主が結集
No.1672ジョージア州南部のヤマハが牡蠣保護、炭素隔離プロジェクトを開始
No.1673米国エネルギー省、クリーンエネルギー革新を加速する「エネルギーアースショット」に資金提供
No.1674RGU がエネルギー転換に焦点を当てたコースを開始
No.1675アドノック、二酸化炭素回収目標を2030年までに1,000万tpaに倍増
No.1676DOE、エネルギーアースショット支援の基礎研究に2億6,400万ドルを発表
No.1677二酸化炭素の回収と貯蔵はお粗末な政府政策
No.1678炭素を回収する植林地はほとんど利益を得ることなく熱帯の生物多様性を脅かしている、と生態学者は言う
No.1679炭素回収法により空気から直接 CO2 を回収します
No.1680イリノイ州やその他の州で提案されている炭素パイプラインを巡る争いのさなか、議員らは連邦政府に一時停止を要求
No.1681SLB が炭素貯蔵スクリーニングおよびランク付けソリューションを開始
No.1682議会民主党、バイデン氏に炭素パイプラインの許可の一時停止を要請
No.1683エネルギーと化学のリーダーが低炭素アンモニアプロジェクトで提携
No.1684CGG、メキシコ湾炭素貯留研究を発表
No.1685ValeとPetrobrasが提携して低炭素ソリューションを開発
No.1686英国の北海における非再生可能資源採掘:概要
No.1687スイスのスタートアップが廃コンクリート中にCO2を永久貯蔵するプラントを開設
No.1688NW Natural と Hycamite がオレゴン州で排出ガスフリーの水素製造技術の機会を模索
No.1689ガス分析装置により炭素回収パイロットが可能
No.1690CCUS テクノロジーは、2030 年までに英国経済に 40 億ポンドの投資の可能性を秘めています
No.1691ADIPECが世界のエネルギー転換企業を表彰
No.1692英国のペトロファック、ADNOC ガスから 6 億ドルを超える炭素回収契約を獲得
No.1693ADNOC、UAEプロジェクトにCarbon Cleanの二酸化炭素回収技術を選択
No.1694ルイジアナ州はエネルギー生産を強化するために二酸化炭素回収の制御が必要
No.1695「ブルー」水素に未来はあるのか? 注目すべき5つのこと。
No.1696二酸化炭素を空気中から直接取り出す
No.1697二酸化炭素回収はリスクだが必要だとシェブロン主催のイベントで保守党議員が発言
No.1698Norway Receives Two Applications for CO2 Storage in North Sea
No.1699Inadequate tree planting: Conservation of intact ecosystems is vital
No.1700気候変動の袋小路を歩くカナダ
No.1701燃料電池から原料まで: 水素応用ガイド
No.1702Grey Rock、カーボンリサイクル CCS プロジェクトに投資へ
No.1703石炭の炭素を回収すればインドのエネルギー転換の痛みを軽減できる
No.1704ナビゲーターはアイオワ州炭素パイプライン許可申請を保留
No.1705MHIはデジタルイノベーションブランドとして遠隔監視サービス「ΣSynX Supervision」を提供
No.1706脱炭素化の圧力が高まる中、石油会社はステップステップ
No.1707サムスンエンジニアリングとスバンテ、アジアと中東における二酸化炭素回収の推進に向けた覚書で提携
No.1708Oxy、ADNOC、米国外初のメガトンDAC施設を検討
No.1709吸着剤のイノベーションによりDACは実現可能か?
No.1710二次元化合物は空気中の炭素を捕捉できる
No.1711ガンバーとソルバングがJVを設立、5隻の炭素回収対応VLGCを注文
No.1712UAE、COP28の数週間前にメガガスプロジェクトを承認
No.1713中欧および東欧での CCS 導入の機運を高める
No.1714ADNOC、CO2排出量実質ゼロでの運営を目的とした巨大ガス開発を制裁
No.1715北海二酸化炭素回収・貯留プロジェクトのリース契約を締結
No.1716SKキャピタルがマイルストーン環境サービスを買収