<CRF>カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2021.10.22)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連すると思われる記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

また、以下の会員専用ページでもエクセルはダウンロード頂けます。

<会員専用サイト>

https://carbon-recycling-fund.jp/members-page/document/

ID: crf_members

パスワード: xAX2HHLGa8hW

 

<今週のトピックス>(重複記事や事務局で注目したニュースをピックアップ)

 

(1)ルイジアナ州知事とエアー・プロダクツは、東ルイジアナ州のUS$4.5億ブルー水素クリーンエネルギー複合体を発表します

ブルー水素製造の大規模プロジェクト

https://www.greencarcongress.com/2021/10/20211015-blueh2.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+greencarcongress%2FTrBK+%28Green+Car+Congress%29

 

(2)スペイン企業、インドネシアで炭素捕獲・貯蔵プロジェクトを開発

ジャカルタでのCCSプロジェクト、2027年運転開始予定

https://vir.com.vn/spanish-firm-to-develop-carbon-capture-and-storage-project-in-indonesia-88510.html

 

(3)英国政府からの補助を受けるCCUSハブ2か所(ハイネット ノース ウェスト、 East Coast Cluster)

https://www.offshore-energy.biz/two-uk-carbon-capture-and-storage-projects-selected-for-state-funding/

 

(4)ソルバングエチレンキャリアはCCSシステムを改造する:エチレン運搬船にCCSシステムを搭載

https://www.marinelink.com/news/solvang-ethylene-carrier-retrofitted-ccs-491461

 

(5)ホルシムとクールプラネットテクノロジーズがドイツで炭素捕獲システムを開発

クールプラネットテクノロジーズリミテッド(CPT)とそのパートナーであるヘルムホルツ・センター・ヒアオンはCO2の膜分離技術の開発、セメント工場で検証に向けて動く

https://www.worldcement.com/europe-cis/20102021/holcim-and-cool-planet-technologies-develop-carbon-capture-system-in-germany/

 

(6)川崎汽船、船上CO2回収装置の実証実験で排ガスからのCO2分離・回収に成功

川崎汽船、三菱造船 船上のCCSに成功

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP619937_Q1A021C2000000/?au=0

 

(7)エクソンモービルはワイオミング州の炭素捕獲を後押しするために4億ドルを約束

米国ワイオミングへのエクソンモービル4億ドルの投資

https://www.hartenergy.com/exclusives/exxon-mobil-pledges-400-million-boost-wyoming-carbon-capture-196920

 

No.358気候変動:主要な炭素捕獲投資なしにネットゼロへの道は厳しい、ウォッチドッグは警告する
No.359新興市場におけるESGの機会に対するターゲットエクスポージャーを提供するETF
No.360シェル-テクニップエネルギー 最新のカンソルブCO2吸収技術の試験
シェル・テクニップ・エナジーは、最新のカンソルブCO2捕獲技術をテストします
No.361ナビゲーター、炭素捕獲パイプラインの開発を進める
No.362AXAは森林生態系を保護するために€1.5億を割り当てる
No.363セメント会社は炭素削減を誓う
No.364B.C州政府はメリットの炭素捕獲燃料プラントに200万ドルを投入
No.365サービスとしての炭素隔離は完全に加算されない
No.366モントリオール経済研究所 – GHG排出量:炭素を捕獲し、目標を達成するために使用
No.367ルイジアナ州南東部で4.5億ドルのクリーンエネルギー複合施設を計画
No.368私たちはいつ緑に行くという名の下に愚かなことをやめるつもりですか?
No.369ルイジアナ州知事とエアー・プロダクツは、東ルイジアナ州のUS$4.5億ブルー水素クリーンエネルギー複合体を発表します
No.370WGC2020+1 – 地熱ユーティリティレイキャビクエナジーに会う
No.371BHPビリトンは、鉄鋼業界の排出量を削減するためにPOSCOと覚書を締結
No.372アジアはオーストラリアのガスの機会を提供し続ける:アッペア
No.373ナビゲーター、中西部の産業CO2排出量を回収するハートランドシステムを承認
No.374ホーブン:CCUSは、エネルギー安全保障ノースダコタAgコネクションを確保する上で重要な役割を果たす
No.375NMSUは、炭素捕獲技術を開発するために3州プロジェクトに参加します
No.376提案されたパイプラインは、ウェブスター郡の土地所有者に説明しました
No.377米国エネルギー長官の訪問の翌日、EERCは500万ドルの研究助成金を受け取る
No.378炭素捕獲命令は近視眼的であり、Wyo料金支払者を傷つける
No.379地域の炭素捕獲研究プロジェクトはDOEから$20Mを得る
No.380スペイン企業、インドネシアで炭素捕獲・貯蔵プロジェクトを開発
No.381米国エネルギー省 – DOEは、州が炭素捕獲と貯蔵地域イニシアチブを展開するのを支援するために2,000万ドルを授与しています。
No.382ESG目標を達成するために廃止されたGoMプラットフォームを利用する
No.383ルイジアナ州、$4.5億クリーンエネルギー複合施設発表
No.384英国の正味ゼロの探求:炭素捕獲はついに約束を果たすことができるか?
No.385ネットゼロで保険会社の役割を紹介します
No.386ヨーロッパの青水素の一例
No.387ルイジアナ州は炭素捕獲ハブになる準備ができているが、一部の気候指導者はリスクを心配している
No.388DOEは、州がCCSを展開するのを助けるために2000万ドルを授与します
No.389州の資金調達に選択された2つの英国の炭素捕獲および貯蔵プロジェクト
No.390三菱重工業エンジニアリング、CO2捕獲用の新しい「KS-21」溶剤の試験完了に成功
No.391カーボンキャプチャ社、プライムムーバーズラボ、リオティント、アイデアラボスタジオ、タイムベンチャーズから3,500万ドルのシリーズAファンを閉鎖
No.392タロスエネルギーとTechnipFMCは、炭素捕獲と貯蔵を提供するための戦略的提携に参入します
No.393炭素の捕獲は短所だ、とターンブルは言う
No.394Drax BECCSプロジェクトによってアンカーされた英国のCCSクラスターが前進
No.395石油・ガス会社は本当にカーボンニュートラルになることは決してない
No.396ハルドールトプソー、ルイジアナ州のエアプロダクツ$4.5億ブルー水素エネルギー複合体にブルーアンモニア技術を提供
No.397潜在的なエネルギー税制優遇措置は、エネルギー転換の加速を目指す
No.398潜在的なエネルギー税制優遇措置は、エネルギー転換の加速を目指す
No.399ハルドールトプソー、ルイジアナ州のエアプロダクツ$4.5億ブルー水素エネルギー複合体にブルーアンモニア技術を提供
No.400日本触媒、CO2の取り込み・転換技術を確立
No.401新しいウェビナーシリーズの中心にあるコーヒー、カーボン、気候変動‎
No.402英国の正味ゼロの探求:炭素捕獲はついに約束を果たすことができるか?
No.403英国初の2つの炭素捕獲・貯蔵プロジェクトの1つに選定された東海岸クラスター
No.404湾岸沿いの炭素捕獲と貯蔵を提供する新しいパートナーシップ
No.405さらに廃止の試みに失敗した後、裁判所に向かう「違法な」ARENA規制
No.406英国政府、ネットゼロ戦略を発表
No.407米国初のゼロカーボングリーン水素貯蔵ハブを開発するハイ・ストール・エナジー
No.408気候変動:主要な炭素捕獲投資なしにネットゼロへの道は厳しい、ウォッチドッグは警告する
No.409炭素の捕獲は短所だ、とターンブルは言う
No.410英国政府は、州の資金調達のためにCCUSクラスターを選択します
No.411ガス需要は2050年までに35%減少
No.412外国人投資家は、英国のグリーンインフラに£10bnをポンプ
No.413シアーウォーターは、新しい地震源技術を導入します
No.414人類は空気から炭素を吸い取ることによって自分自身を救おうとしています。今、それはちょうど動作する必要があります。
No.415調査:ハード・トゥ・アバテ部門で働くエグゼクティブの65%が、CCUSを使用して正味ゼロ目標を達成する計画
No.416ハンソン、英国のCCSに一歩近づく
No.417ノースダコタ州の指導者は「画期的な」ステップで最初の炭素貯蔵プロジェクトを承認
No.418英国初の2つの炭素捕獲・貯蔵プロジェクトの1つに選定された東海岸クラスター
No.419ヴェルチラ、エチレンキャリアの第1次主要CO2捕獲改修に着手
No.420ソルバングエチレンキャリアはCCSシステムを改造する
No.421タロス・エナジー、新たなパートナーシップでカーボン・キャプチャー・ドライブを推進
No.422Exmarは、新しいタイプのCO2キャリアの開発に動きます
No.423ホルシムとクールプラネットテクノロジーズがドイツで炭素捕獲システムを開発
No.424NDICは、レッドトレイルエナジーのCCSプロジェクトのためにクラスVIを十分に承認します
No.425‎ルイジアナ州の大規模な45億ドルの炭素捕獲プロジェクト:私たちが知っていることはここにあります‎
No.426英国は、国家純ゼロ二酸化炭素排出量ステータスを達成するための戦略を発表します
No.427カーボンキャプチャは$35Mを拾う
No.428ホルシム・ドイッチュラント、ヘーバーセメント工場にパイロットCO2捕獲ユニットを建設
No.429英国は、国家純ゼロ二酸化炭素排出量ステータスを達成するための戦略を発表します
No.430英国の純ゼロへの道は、画期的な戦略
に着手し、ネットゼロ戦略は、英国が2050年までに正味ゼロエミッションに達するというコミットメントをどのように実現するかを定めている
No.431川崎汽船、船上CO2回収装置の実証実験で排ガスからのCO2分離・回収に成功
No.432文書のリークは、気候変動報告書を変更するためにロビー活動を行う国々を明らかにします
No.433関電、舞鶴からCO2出荷/発電所に基地整備
No.434数十億ポンドの炭素捕獲計画に選ばれたイングランド北部の2つのサイト|炭素捕獲および貯蔵(CCS)|ガーディアン
No.435英国政府は、2つのCCUSクラスターをサポートしません。スコットランドのクラスターは「リザーブ」として残されました
No.436英国初のCCUSプロジェクトの一つに選ばれた東海岸クラスター
No.437ターンブル元オーストラリア首相は「きれいな石炭」は詐欺だと言う
No.438大気から二酸化炭素を吸い込む施設開発
No.439英国は2035年までに100%クリーンパワーを目指す
No.440カナダの純ゼロ法案はC$2兆に達する可能性がある:レポート
No.441英国:30,000人の新しい雇用を創出する新たな外国投資
No.442ワルチラ、エチレンキャリアにCCSを設置
No.443アメリカ、成長しよう!
No.444ホワイトキャップ・リソーシズ、サスカチュワン州のCO2排出量削減限定の連合協同組合と提携
No.445「K」ラインが船舶トライアルでCO2を回収
No.446削減が困難なセクターのCEOの65%がCCUSを使用する計画
No.447DOEは、地域のCCUSプロジェクトに$20MMの資金を提供します
No.448CCUSプロジェクトを支援するパナマCO2ガスキャリアの設計
No.449ハイデルベルクセメントは、英国のCCSに一歩近づいています
No.450オイルサンドパスウェイズアライアンスは、正味ゼロエミッションの目標を達成するための3段階計画を概説します
No.451ハイネットノースウエストコンソーシアムは、CCUSの資金調達スキームのために選択されました
No.452レッドトレイルエナジー第2米国エタノールプラントは、カーボン
No.453脱炭素化石油精製のための技術経路
No.454ハイネットノースウエストは、パデスウッド炭素捕獲システムのための英国政府の資金を確保します
No.455ルイジアナ州の大規模な45億ドルの炭素捕獲プロジェクト:私たちが知っていることはここにあります
No.456エクソンモービルはワイオミング州の炭素捕獲を後押しするために4億ドルを約束
No.457サンコー・エナジーがネットゼロの世界をどのようにナビゲートしているか
No.458リークされた文書は、気候危機の対応を骨抜きにするために国連にロビー活動を行っている国々を明らかにする
No.459ノースダコタ州、ファーストクラスVIカーボンキャプチャ、ストレージプロジェクトを承認
No.460キャンバーエナジーは、その運命を回すために何もありません
No.461カナダの連合協同組合は、5億1000万ドルの炭素捕獲施設を計画
No.462私たちの番:私たちの森を守る

 

<CRF>カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2021.10.15)

CRF会員窓口の皆様

(bccで配信しております)

 

いつもお世話になっております。

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

主要なニュースは今週のトピックスとして本メールに記載しております。

また、特にカーボンリサイクルに関連する記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>(重複記事や事務局で注目したニュースをピックアップ)

1)排出削減の取り組みを支援する低コスト、継続的な耐震監視システム:九州大学のCO2貯蔵地点の地震監視に関する研究

https://www.sciencedaily.com/releases/2021/10/211008105646.htm

 

2)大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設:CO2キャリア船舶建設発注

https://www.marinelink.com/news/dalian-shipbuilding-industry-co-build-two-491196

 

3)リサイクルされた排出量:錬金術師は技術を活用しています。:小型CCS、ビール等の炭酸に活用

https://www.burlingtonfreepress.com/story/news/2021/10/12/alchemist-brewery-first-vermont-recycle-carbon-dioxide-emissions/6101369001/

 

4)LEILAC-1の調査は、炭素捕獲に終わる-と値札を置く:セメント生産のコンソーシアムがCO2回収コスト試算を公表

https://www.globalcement.com/news/item/13130-leilac-1-study-concludes-and-puts-a-price-tag-on-carbon-capture

 

5)メリットに炭素捕獲バイオ燃料プラントを計画:

カーボンエンジニアリングのライセンスパートナーは、メリットでカーボンニュートラル燃料を生産するために、カナダ初の直接空気炭素捕獲とグリーン水素プラントを建設

https://biv.com/article/2021/10/carbon-capture-biofuel-plant-planned-merritt

 

6)炭素捕獲に革命をもたらす可能性のあるニュージーランド企業は$1mの資金を得る

:スタートアップ企業:アスピアリング・マテリアルズ(カンタベリー大学発)Mg鉱石を利用したCO2固定化

https://www.stuff.co.nz/environment/climate-news/126685010/new-zealand-company-that-could-revolutionise-carbon-capture-gets-1m-funding

 

No.278ホリソン・エネルギ、ブルー・アンモニアのヨーロッパ流通ハブとしてロッテルダム港を選ぶ
No.279排出削減の取り組みを支援する低コスト、継続的な耐震監視システム
No.280PKNオーレンはCO2を使用してポリマー生産を探求する
No.281カナダの石油会社は、炭素捕獲施設を建設するための政府の支援を求めています
No.282米国民主党のマンチン氏、炭素捕獲税額控除を支持
No.283石油・ガス分野における酸素燃料燃焼技術の推進に関するパートナーシップ
No.284水素ショットについて知らないかもしれない5つのこと
No.285F1の持続可能な燃料は、自動車産業に関連し続けることができる
No.286セントラルプレーンズセメントは、シュガークリークセメント工場で30t/日極低温炭素捕獲設備のための米国エネルギー省の資金を受け取ります
No.287ホリソン・エネルギ、ブルー・アンモニアのヨーロッパ流通ハブとしてロッテルダム港を選ぶ
No.288NMSUのエンジニアが共同研究に参加し、新しい二酸化炭素技術を開発
No.289スコットランド:エクソンモービル炭素捕獲貯蔵プロジェクト
No.290CO2回収・貯蓄計画が世界各地で進行、9カ月で処理能力50%拡大
No.291大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設
No.292ノルウェーのCCSプロジェクトのために中国で2つのLNG燃料CO2キャリアを発注
No.293ムーアランド修復工事の重要な利点が明らかに
No.294石油メジャーの共同気候ベンチャー、2つの特殊なCO2キャリアを発注
No.295シェルのJV、LNG燃料駆動、風力支援CO2キャリアを発注
No.296CO2資源管理–成功した貯蔵プロジェクトへの第一歩
No.297ダウ アルバータ州でネットゼロ・エタン・クラッカーを開発計画
No.298大連造船工業、ノルウェーのオーロラプロジェクトに2隻のCO2キャリアを建設
No.299NARUCは、州の公益事業規制当局を教育するために1,420万ドルを受け取ります
No.300ボゾ・ジョンソン政権は再び嘘をついて捕まらなかった。誰もが驚いていますか?
No.301研究者は、新しい炭素捕獲方法をテストしています
No.302レモラは、トラックのための炭素捕獲で転がる準備ができています
No.303DTU研究者は新しい炭素捕獲法をテストしている
No.304OGA、ハーバーエナジーに炭素貯蔵ライセンスを付与
No.305コンクリート業界は、炭素捕獲は排出目標を達成するための鍵をキャプチャすると言います
No.306コンクリート業界は、炭素捕獲は排出目標を達成するための鍵をキャプチャすると言います
No.307メディアリリース:国際レポートは、CCSが気候変動「ゲームチェンジャー」であることを発見
No.308世界の炭素捕獲プロジェクトは9ヶ月で50%急増 – 研究
No.309世界の炭素捕獲プロジェクトが9ヶ月で50%急増:研究
No.310COP26が近づくにつれて、世界の炭素捕獲計画が急増
No.311ノヴァ・エナジーズ、ザップシブネフテヒム工場の炭素捕獲ソリューションを開発
No.312オーストラリアのレポートは、CCSの成長が印象的な発見
No.31340のセメントおよびコンクリート企業がネットゼロへのグローバルセメント・コンクリート協会のロードマップにコミット
No.314リサイクルされた排出量:錬金術師は技術を活用しています。
No.315コンクリートセクターは炭素捕獲にコミット
No.316エネルギー長官とオッソフ上院議員がランザテックフリーダムパインズバイオリファイナリーを訪問
No.317ノーザンライツJV、LNG燃料CO2担体を受注
No.318OGAアワード カーボンストレージライセンス
No.319LEILAC-1の調査は、炭素捕獲に終わる-と値札を置く
No.320レポート:BECCSへの主要なアプローチは気候変動を悪化させる
No.321レポート:BECCSへの主要なアプローチは気候変動を悪化させる
No.322ドラックスの「カーボンネガティブ」バイオエネルギークレームは「乱暴に誇張された」と研究は主張する
No.323森林生物はカーボンニュートラルから遠く離れている
No.324調整エネルギー移行株式会社(「RETI」)とシェルカナダ製品(「シェル」)は、ポラリスカーボンを共同開発するためにMOUを実行します。
No.325世界の炭素捕獲プロジェクトは50ヶ月で9%急増
No.326ノルウェーのCCSプロジェクト、中国のDSICに造船契約を授与
No.327ガイアナの排出量削減に向けた2倍のアプローチ:エクソンの炭素捕獲戦略と政府の炭素税の可能性
No.328マースク掘削シールリグは、デンマークのオフショア炭素貯蔵プロジェクトのための取引を封印
No.329再び顕微鏡下での森林再生
No.330フォレストは連合の恐怖モンガーリング、「チキンリトル」と化石燃料を攻撃します
No.3312035年までに正味ゼロ電力網が「英国のエネルギー安全保障を強化する」と発表
No.332北海移行協定|オグク
No.333土壌炭素クレジットの市場は農業を変える可能性がある
No.334グランホルム、オッソフがランザテックイノベーションハブ、工場跡地を訪問
No.335クリティカルデローネクストテクノロジーは、ゼロエミッション目標を達成するために少なくとも「10倍」の投資を必要とします
No.336州公益事業規制当局の教育と訓練を支援するために新しい連邦補助金で1,420万ドルを受け取ります
No.337米国エネルギー長官は、ノースダコタ州の炭素貯蔵能力は「地球への贈り物」であると述べている
No.338ルイジアナ州初の炭素捕獲プロジェクトに昇天教区の45億ドルの施設
No.339世界最大の「直接エアキャプチャー」施設の建設と炭素捕獲の急成長産業に関するオクシデンタルとウォーリーのCEO
No.340マースク掘削は、グリーンズと炭素貯蔵プロジェクトのすべての掘削作業に対する権利を確保します
No.341エアプロダクツ、アセンション教区に45億ドルのクリーンエネルギー施設を建設
No.342スコーミッシュ社、メリットに炭素捕獲プラントを建設
No.34306:00 ETGHG排出量:炭素を捕獲し、目標を達成するために使用モントリオール、2021年10月14日/CNW Telbec/ – GHG排出削減。
No.344メリットに炭素捕獲バイオ燃料プラントを計画
No.345B.C政府はメリットの炭素捕獲燃料プラントに200万ドルを投入
No.346炭素捕獲に革命をもたらす可能性のあるニュージーランド企業は$1mの資金を得る
No.347ルイジアナ州、世界最大の炭素捕獲エネルギープロジェクトを開催
No.348B.C政府はメリットの炭素捕獲燃料プラントに200万ドルを投入
No.349TechnipFMC、複合パイプメーカーマグマグローバルの残りの株式を取得
No.350Air Products アセンション教区に45億ドルのクリーンエネルギー施設を建設
No.351オリカ、2050年までに正味ゼロエミッションの野望を発表
No.352ケンパー石炭ガス化・貯蔵プラントが崩壊(オバマの気候「目玉」がほこりを噛む)
No.353B.C政府、空気中の二酸化炭素を除去するメリットの新工場を発表
No.354クニップ・エナジーズ、NTPCがインド最大のPEMベース水素プロジェクトを受賞
No.355タイタンセメント、1.5°Cの誓約に向けてビジネスの野望に署名
No.356Enfuce パートナーとの補償を使用して、消費者が CO2 排出量を削減し、補償するのを支援します。
No.357エディンバラ、「ミリオンツリーシティ」プログラムを開始

 

 

<CRF>カーボンリサイクル/CCUS関連ニュース配信(2021.10.08)

今週のカーボンリサイクルにかかるニュース配信を送付しますので、動向把握にご活用頂ければ幸いです。

主要なニュースは今週のトピックスに記載しております。

また、事務局が気になった記事は、エクセルに黄色のセルで色分けして、一言コメントを入れています。

 

<今週のトピックス>

1)DOEは、炭素捕獲と貯蔵を使用して天然ガス発電と産業部門を脱炭素化するために4,500万ドルを投資

https://www.energy.gov/articles/doe-invests-45-million-decarbonize-natural-gas-power-and-industrial-sectors-using-carbon

 

2)オーストラリアは炭素捕獲、貯蔵を支持:オーストラリア/CO2地下貯留に対してカーボンクレジットを付与

https://www.mudgeeguardian.com.au/story/7452390/australia-backs-carbon-capture-storage/?cs=9676

 

3)捕獲された二酸化炭素からのメタンの創出と炭素捕獲の未来:太平洋北西部国立研究所(PNNL)のCO2からの直接メタン合成技術

https://hackaday.com/2021/10/07/creating-methane-from-captured-carbon-dioxide-and-the-future-of-carbon-capture/

 

4)RepAirカーボン、シード資金調達で$1.5Mを調達:イスラエルのスタートアップの紹介、電気化学的な手法を用いたDACを開発

https://www.finsmes.com/2021/10/repair-carbon-raises-1-5m-in-seed-funding.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+finsmes%2FcNHu+%28FinSMEs%29

 

No.186シェフィールド、持続可能な航空燃料イノベーションセンターを開催
No.187カリフォルニシエーション – 低炭素燃料規格による再生可能ディーゼルの組み込み
No.188 ETEPRI分析:EV利用の増加、クリーンな発電はカナダにとって大幅な排出削減をもたらす可能性がある。
No.189ウィンターシャル・デアは、CO2輸送のための南北海ガスパイプラインを転用する
No.190CSIRO とパートナースコープ NT CCUS ハブ
No.191シェルと BASF が CCS 技術で協力
No.192フラッキングはグレタ・トゥンバーグよりも環境のために多くのことを行ってきました
No.193炭素回収投資を活用するための資金
No.194英国のエネルギー問題は「消えない」
No.195ロスネフチ、エクノイア、エクソンモービルとカーボンマネジメントに協力
No.196カーボンキャプチャの他の汚い秘密:どこにも置く場所(パート1/2)
No.197カーボンキャプチャの他の汚い秘密:どこにも置く場所(パート2/2)
No.198オーストラリアは炭素捕獲、貯蔵を支持
No.199オーストラリアは炭素捕獲、貯蔵を支持
No.200マイクロソフトの気候責任者は、植林木は空気からCO2を取り除くのに十分ではないと言います
No.201オーストラリアは炭素捕獲、貯蔵を支持
No.202メディアリリース:バッキングガスは、すべての政府の議題に高くする必要があります
No.203マンタシェは、特使が会うように石炭炭素捕獲を引き合いに出す
No.204サンゴを保存する細菌と炭素捕獲技術:2021年9月の最高のグリーンイノベーション
No.205マースク、中国分類協会とカーボンニュートラル技術と規格に関する提携
No.206リベラル派が管理する監視委員会は、テイラーのARENAの変更はキャンセルされるべきだと言う
No.207テイラーとピットは、2031年まで完了しない可能性のあるCCSプロジェクトにさらに$250mを注ぎます
No.208ウィンターシャル・デア、北海パイプラインをCO2に転換することを検討
No.209排出削減クレジットの対象となる炭素捕獲および貯蔵
No.210SSCは未来を見据え、合成されたメタノールで走ることができるトゥアタラハイパーカーは言う
No.211排他的なホワイトハウス、民主党のトップは、炭素捕獲信用に関する予算法案の合意に達する
No.212オーストラリア、炭素捕獲プロジェクトに1億8千万ドルをコミット
No.213ジョー・マンチンの失言は照らされている:カーボンキャプチャは機能しない
No.214気候変動対策技術のバーを掲げるGLDD
No.215マースクはCCSと提携し、脱炭素化の取り組みをさらに進める
No.216より多くの土壌炭素がより良い農場の収量に等しい理由土壌中の炭素の実存的な役割であり、どのように農場を大幅に増加させることができるか.
No.217植樹は排出量の排出を抑制するのに十分ではない
No.218新しいグリーン出荷ETF内
No.219南カリフォルニアガス株式会社 – 世界のインフラや家電製品の水素ブレンドをテストする全国初のSoCalGas.
No.220ネットゼロ温室効果ガス排出量を持つプラスチックを生産する新しい方法を提供します
No.221DOEは、米国のEVとエネルギーインフラのための資金調達を提供しています
No.222メディアリリース:排出削減基金のCCS法は排出量削減に役立ちます
No.223オーストラリアは炭素捕獲、貯蔵を支持
No.224マンタシェは鉱業サミットで「クリーン」石炭をパントし、内閣の同僚は豊かな国々にグリーンエネルギー金融を投げる
No.225排他的なホワイトハウス、民主党のトップは、炭素捕獲信用に関する予算法案の合意に達する
No.226化石燃料はアメリカのエネルギー未来の目玉であり続けると予測
No.227三井物産と経産省、「地中に貯留」で減らすCO2削減量の取引ルール策定へ
No.228ウェスファーマーズと三井物産は、10億ドルプラスWA低炭素アンモニア輸出を見て
No.229サントスは、地下に排出量を埋める計画のためのカーボンクレジットを求めています
No.230アグロフォレストリーは提供することができますが、支援が必要です
No.231インテリジェントトレーサーは、持続可能なエネルギーシステムの構築を支援することができます
No.232日本でのクリーンアンモニアバンカリングと流通に関するJERAと出光と協力
No.233栽培された沿岸土壌における植物性硫黄及び微量栄養素の空間拡散の評価
No.234英国の電力は「2035年までにクリーンエネルギーで稼働する」
No.235世界はゼロエミッションを目標としなければならない:フォレスト
No.236世界はゼロエミッションを目標としなければならない:フォレスト
No.237パワーゲーム
No.238マーキスは大豆破砕施設、CCS、バイオベースの化学物質を計画
No.239三井が見つめる西オーストラリア州のCCSプロジェクト
No.240スピルリナワールドフード – この微細藻類は、ロバート・ヘンリクソンによって、あなたの健康と私たちの惑星を変換する方法
No.241JVはバンダバーグにグリーン水素とアンモニア生産をもたらします
No.242州ガス、ロックミンソリューションズインク取引
No.243ノルウェーは、それが広大なCCSの可能性を保持していると言います
No.244ロバート・アラン株式会社、メタノール燃料CTVデザインを発表
No.245エネルギーセクターモデルのための新しいツールは、炭素捕獲インセンティブ
No.246ロバート・アラン株式会社、メタノール燃料CTVデザインを発表
No.247MMEXリソース社、クリーン燃料プロジェクトのファイナンシャルアドバイザーとしてチャッツワース証券を発表
No.248アンガス・テイラーのアリーナ規制は違法である可能性が高い、シルクは警告する
No.249シェブロン、オースのCCS研究に資金を提供
No.250炭素捕獲および貯蔵(CCS)は地球を救わない
No.251DOEは、炭素捕獲と貯蔵を使用して天然ガス発電と産業部門を脱炭素化するために4,500万ドルを投資
No.252エクソンモービル、スコットランドの炭素捕獲・貯蔵プロジェクトへの参加を増やす
No.253バルベルデパワーソリューションは、クリーンエネルギーシステムを使用したカーボンキャプチャリーダーになる革新的な技術
No.254強力なツールモデル米国電力部門における炭素隔離税制優遇措置
No.255ボラル、ベリマセメント工場で炭素捕獲と貯蔵を試験的に行う
No.256炭素隔離のためのクラスVI注入許可プロセスのナビゲート
No.257エクソンモービル、スコットランドの炭素捕獲・貯蔵プロジェクトへの参加を増やす
No.258アイオワ州で提案された炭素捕獲パイプラインに関する会議が進行中
No.259脱炭素化のコスト削減
No.260明かりが消えたら財務省を責める
No.261エクソン、スコットランドの炭素捕獲プロジェクト案にエチレンプラントを追加
No.262ダウはアルバータ州の純ゼロエチレン工場の計画を発表
No.263海藻は常に緑です:海の下に有害な二酸化炭素を埋める
No.264捕獲された二酸化炭素からのメタンの創出と炭素捕獲の未来
No.265エクソンモービル、スコットランドのカーボン・キャプチャー・アンド・ストレージ・プロジェクトへの参加を増やす
No.266炭素フリー化石燃料の神話に立ち向かう:なぜ炭素捕獲は気候ソリューションではないのか
No.267カーボンキャプチャと貯蔵(CCS)が偽物であるトップ5の理由
No.268LEILACカーボンキャプチャー調査で、キャプチャコストを公表
No.269エアプロダクツの新しい世界規模の液体水素プラントは、テキサス州ラポルトの施設でオンストリームされています
No.270RepAirカーボン、シード資金調達で$1.5Mを調達
No.271オクシデンタルは炭素捕獲で利益を見て、石油生産の成長を軽視する
No.272シアマン&スターリング、エネルギーイノベーションハブを立ち上げ
No.273排他的な米国民主党は、2部構成の気候計画でマンチンを裁判所 – ソース
No.274気候変動と闘うためのモデルソリューションを海藻
No.275誰がそれらの木をすべて植えるつもりですか?Thuneの法案は、複数年の植林バックログに対処します
No.276炭素捕獲に対する具体的なソリューション
No.277産業で増加する水素燃料の使用は、十分に速くない、とIEAレポートは述べています